かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【エリオットISD提訴】

【エリオット『韓国政府に8,600億賠償要求』・・・投資家-国家間訴訟提起】
2018.07.13 16:42 朝鮮日報朝鮮語版

サムスン物産-第一毛織の合併時、韓政府の不当介入で被害』
4月仲裁意向書提出・・・90日後提訴


 アメリカ系ヘッジファンドのエリオット(Elliot)は、政府を相手取り8,000億ウォン台の投資家-国家間訴訟(ISD)を提起した。サムスン物産と第一毛織の合併過程で、政府の不当な介入による被害を賠償しろと言う事である。

 13日、法務部によると、エリオットはサムスン物産と第一毛織の合併過程で、最低7億7,000万ドル(約8,600億ウォン)の被害を被ったとし、昨日政府に仲裁申請書を提出した。仲裁申請書を受理すれば本格的な訴訟手続きに入る。

 エリオットは4月13日、同様の趣旨のISD仲裁意向書を政府に送っていた。ISDの仲裁意向書は、ISDの提起前、相手国の政府に紛争の有無を知らせ、最後の調整を試みる手続きである。エリオットは、90日の仲裁期間が終わると同時に訴訟を提起した。

 エリオットが仲裁申請書に記載した被害額は、仲裁意向書の金額(6億7,000万ドル)より1億ドル(約1,100億ウォン)多い。エリオットは、被害額算定の具体的根拠を明らかにしていない。訴訟過程で理由を公開すると思われる。

 エリオットは、政府が国民年金を通じ、合併に不当な影響力を行使し、自分達に被害を齎したと主張している。2015年7月の合併当時、外国人投資家は33.53%のサムスン物産株を保有し、内7.12%がエリオットの保有だった。

 サムスンの友好株と外国人投資家が鋭く対立する中、11.21%の株を保有する国民年金がキャスティングボートを握った。国民年金は、内部議論を通じ合併に賛成し、サムスン物産1株=第一毛織0.35株の割合で合併が行われた。エリオットは合併比率がサムスン物産の株主に不公正なものだったとしている。

 政府は、国務調整室を中心に、企画財政部・外交部・法務部・産業通商資源部・保健福祉部など、関連部署が合同対応システムを構築し、エリオットの訴訟に積極的に対応する方針である。
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2018/07/13/2018071302424.html

サムスン物産の株主エリオットはサムスンの子会社の合併(サムスン物産と第一毛織)に反対
 ↓
エリオットより持株が多い国民年金が合併に賛成(朴槿恵政権下)
  ↓
合併成立後、エリオットは開示義務違反を理由に報復制裁される
  ↓
『合併は積弊』だとし、ムン・ジェイン政権はサムスンの合併にパク・クネ政権が圧力介入し(崔順実ゲート)、国民年金が損害を出したと主張
  ↓
サムスン物産の株主だったエリオットは合併反対だったが、ババア-チェ・スンシルラインへの贈賄で合併が成立したと韓国の裁判所が判決
  ↓
国民年金と同じようにウチも損害が出たから提訴する ←今ココ(笑)

で、当初の韓国政府の予想では、国際投資紛争解決センター(ICSID)に提訴となるはずが、ついこの間イラン企業とのISDで敗訴した国際連合国際商取引法委員会(UNCITRAL)の仲裁規則に基づき、仲裁地にイギリスを指定だって。(笑)

更に、米国国籍の某氏が昨日、韓国政府にISD仲裁意向書を提出。
ソウル麻浦区に保有する住宅や土地を韓国政府が違法に収容し、被害を受けたと主張。
約300万ドル(33億7,000万ウォン)+遅延利息+訴訟費用の賠償を請求。(笑)

ローンスター46億7900万ドル(約5兆3403億ウォン)、エリオット6億7,000万ドル(約7,500億ウォン)、メイソン1億7,500万ドル(約1941億ウォン)、米国国籍の某氏約300万ドル(33億7,000万ウォン)+遅延利息+訴訟費用
1件敗訴、新たに1件加わり残り4件は変わらず。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック