FC2ブログ

かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【そんな事だろうと思った】

【難民ブローカー送検・・・偽難民1,000人以上受け入れ】
2018.07.05 03:06 朝鮮日報朝鮮語版

韓国の弁護士、カザフスタン人など1人=数百万ウォンで募集


 『偽難民』を作った容疑で弁護士とブローカーが捕まった。これらを通じ、難民申請した外国人は1,000人を越えると推定される。難民申請さえすれば、最長3~5年韓国に滞在し、仕事が出来る難民法の弱点を狙った。

 ソウル出入国・外国人庁移民特殊調査隊は、出入国管理法違反容疑でカン某(46)弁護士ら3人を検察に送検したと4日発表した。カン弁護士は2016年4月、ソウル市陽川(ヤンチョン)区のソウル出入国・外国人庁近くにオフィスをOPENし、難民ブローカーと接触した。ブローカーはFBに、「韓国で難民申請出来るよう支援する」などの広告を掲載し、外国人1人=200万~500万ウォン受取った。カン弁護士は、内50万~200万ウォンで申込書の作成を支援した容疑を持たれている。

 カン弁護士は事務所を訪れた中国人に、「法輪功(ファールンゴン)信者で、中国で迫害された」との趣旨で難民申請書を書かせたと言う。当局によると、「難民申請が受け入れられ、本国(中国)に帰れなくなったらどうする?」と言う中国人にカン弁護士は、「韓国は難民承認率が非常に低いから心配するな」と安心させた。

 移民特殊調査隊は、カン弁護士の事務書で中国人3人、タイ人2人、ロシア人1人、パキスタン人1人など、ブローカー7人の名前と、これらが募集した外国人名簿を発見した。カン弁護士を通じ、難民申請した人は約800人に達する。カン弁護士は調査で、「難民申請に困っている人を支援した」と容疑を否認したと伝えられた。

 一方、仁川(インチョン)出入国・外国人庁は3日、ロシア人・カザフスタン人の難民申請者の入国を斡旋し、出入国管理法違反容疑でカザフスタン人のK(38)氏を拘束し、考試院の運営者ユ某(31)氏を書類送検し、検察に送検したと発表した。

 K氏は2016年4月に入国し、難民申請したが棄却され、不法滞在しながら難民ブローカーになった。彼は、ロシア・キルギスタン出身のブローカーと共に、ロシア人・カザフスタン人の難民申請を支援しら。これらは、『個人的怨恨の為、本国に戻れば死ぬ』と言う内容の事前作成した申込書を1人=150万ウォンで売り分け合った。当局は、これらを通じ、難民申請した外国人が約300人になるとし、内95人は出入国庁に、仁川(インチョン)南(ナム)区朱安洞(チュアンドン)の考試院の契約書を提出した。当局が現場を訪れたが、該当考試院で生活する者はいなかった。考試院の運営者のユ氏は、「カザフスタン人のブローカーが訪れ、1枚=5万ウォンで契約書を作成した」と話した。消えた95人の内、所在が把握された外国人は16人だけである。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=023&aid=0003385200

難民ブローカーじゃなく、人身売買ブローカー。
イエメン難民が問題になっていると言う記事を見た時、韓国のブローカーが連れて来たに違いないと思ったけど案の定でした。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック