FC2ブログ

かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【トリプル安ニダ!!】

【尋常で無い貿易戦争の暗雲
・・・.証券市場・ウォン・クレジット『トリプル安』】

2018.06.28 23:22 イーデイリー

米中貿易戦争長期化の兆し・・・市場『泣き顔』
ウォン8ヶ月で最低・・・14日で55ウォン下落
韓デフォルトリスク指標2ヶ月ぶりの最高に上昇
KOSPI、KOSDAQいずれも『不振』・・・外国人流出

 米中貿易戦争が尋常で無い雰囲気に流れ、国内の金融市場が泣きべそをかいている。韓国ウォンが8ヶ月ぶりの最低を記録し、国内証券市場、デフォルトリスク指標は全て悪化した。

 28日、マーケットポイントによると、同日ソウル外国為替市場のウォン・ドル相場は前日比6.6ウォン下落の1,124.2ウォンで取引きを終えた。昨年10月30日(1,124.6ウォン)以降8ヶ月ぶりの最低である。ウォン・ドル相場は最近の14日で55.2ウォン急落し、いつのまにか1,120ウォン台をふわりと越え、1,130ウォン台を眺めている。

 これは米中貿易戦争の影響である。当事国の中国の元の最近の急落に連動し、ウォンが動いているのだ。元・ドル相場は、2月~今月初めまで1ドル=6.3元台でボックス圏内に留まっていた。しかし、今月13日本格的に下落し始め、1ドル=6.6元台に下落している。

 その上今後の見通しも明るく無い。市場は、貿易戦争が短期的に終わる事は困難と見ている。ひとまず来月6日まで困難との味方がある。アメリカが中国産の輸入品に高率の関税を実際に賦課する日まで貿易戦争は続く可能性が高いと言う事である。

 KB証券のキム・ドゥオンエコノミストは、「G2の貿易戦争によりウォンは下落し続けている。当分このような流れが避けられないように見える」と話した。

 同日、有価証券市場にも外圧が強く吹き、KOSPI指数は1.19%、KOSDAQ指数は1.99%急落し、KOSPI指数はいつのまにか2,300台に下落している。外国人投資家は、KOSPI市場で2,589億ウォン売り越した。

 これも中国の影響である。中国の証券市場は最近、苦戦を免れなくなっている。同日、上海総合指数は0.93%下落し、最近の5ヶ月間、上海証券市場の時価総額は1兆6,000億ドル蒸発した。カナダの国内総生産(GDP)と同規模が煙のように消え、その雰囲気が国内の証券市場にも伸びているのである。

 韓国のデフォルトリスク指標も急騰している。27日(現地時間)、韓国の5年物の外平債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)プレミアムは、50.01bp(1bp= 0.01%)で、前日比3.07%急騰し、4月9日(50.55bp)以来、初めて50bpを超えた。

 CDSプレミアムは、債務不履行や倒産による損失を他の投資家が補償するクレジットデリバティブ手数料を言う。債券を発行した国や企業の倒産の可能性、或いは信用リスクが高くなるとCDSプレミアムも上がる。その為、デフォルトリスク指標とされる。
http://v.media.daum.net/v/20180628185125520

予想通りだから別にどうと言う事も・・・。

韓国メディア曰く、ドル売り・ウォン買い介入は問題にならないだろうとの事。
で、韓国政府は飽きもせずコソコソ介入を続けている。(笑)

実際、1ドル=1,100ウォン台の内は問題になる事は無いし、面白みも無い。
1ドル=1200ウォンを超えてからが面白い。

断られると思うけど、いざと言うとき、通貨スワップを使わせてくれるのか?中国に確認しておいた方がいいと思うわよ。(笑)

10.png
ドル・ウォン

11.png
KOSPI

12.png
KOSDAQ

13.png
サムスン電子
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック