FC2ブログ

かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【2連敗】

【力が抜けたワールドカップ?ユニフォームも販売減】
2018.06.23 09:36 ヘラルド経済

-第1戦敗北後、応援の雰囲気枯れ
-応援グッズの販売量前月比減少


 ワールドカップの応援の雰囲気が下火になっている。18日、2018 FIFAロシアワールドカップの第1戦大韓民国・スウェーデン戦の敗北後、雰囲気を変えるには力不足で、流通業界は『ワールドカップ特需』が消える事を懸念している。

 23日、業界によると、今回のワールドカップは歴代のワールドカップに比べ静かだった。特に、ワールドカップシーズンは騒然としていた企業のマーケティングが目に見えて少い上、第1戦の敗北で、僅かな盛り上がりが早めに冷める可能性が高まっている。4年に1度の特需を期待した業界は不安である。

 業界は、ワールドカップ熱気が例年に及ばないのは、米朝首脳会談、地方選挙など、大型の政治・外交的問題に国民的関心が集まり、ワールドカップの雰囲気が本格的に造成出来なかった為と分析している。合わせて、国家代表チームへの期待感の低下も原因としてあげられる。

 業界関係者は、「16強進出への国民の期待が以前に比べて低く、企業もマーケティングに消極的と思われる。特に、公式スポンサー以外の企業のマーケティングへの規制が強化され、目立つプロモーションを控える傾向にある」と話した。

 第1戦のスウェーデン戦の前は1勝への期待感が高まったが、物足りなさだけが残った。このような状況で、ワールドカップ特需を狙った流通業界も力が抜けた。Gマーケットによると、今月に入り20日まで、ユニフォームの販売量は前月同期間比15%減少した。同期間、赤い悪魔の応援Tシャツ販売量も前月比2%減少した。4年に1度の特需に期待した業界は、物足りなさに舌鼓を打つ事になった。

 残ち2試合は、24日の深夜12時、27日の午後11時に行われる。スウェーデン戦に比べ良い時間帯では無い上、現在の状況で勝利は期待出来ない。それでも、外食・コンビニ業界は、ロシア ワールドカップは、午前に行われたブラジルのワールドカップより売上が増加すると期待している。

 酒類業界もワールドカップに合わせた新パッケージ製品を発売し、夏シーズンまで販売を継続する構想である。

 OBビールはワールドカップの公式ビール『カス』を前面にマーケティングを展開している。『不可能と言う否定的な考え』を覆してみようと言う次元で、『カスフレッシュワールドカップパッケージ』を発売し、ロッテ酒類も、大韓サッカー協会公式スポンサーで、国家代表チームの勝利を祈り『ビッツスーパークリアスペシャルパッケージ』を限定発売した。

 しかし、一部では、韓国代表チームが低調な成績で16強進出に早目に失敗すれば、雰囲気は急速に冷え込む可能性が高いと懸念している。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=016&aid=0001408930


小さい文字

【試合結果】
メキシコが2連勝!エルナンデスが代表50ゴール 韓国2連敗/W杯
2018.6.24 01:53 サンスポ

 ロシアワールドカップ1次リーグF組(23日=日本時間24日、韓国1-2メキシコ、ロストフナドヌー)メキシコ(FIFAランキング15位)と韓国(同57位)が対戦。メキシコのエース、ハビエル・エルナンデス(30)=ウェストハム=のゴールなどで韓国を2-1で下した。メキシコは2連勝で1次リーグ突破へ向け大きな勝利となった。

 前半の入りはメキシコペース。ベラ、ロサーノらが敵陣内でチャンスを作る。韓国はなかなか相手陣内まで攻め上がれない。中盤までメキシコが圧倒的にボールを保持したが決定的なチャンスまでは作れない。韓国はカウンターでソン・フンミンが決定機まで持っていったが得点とはならなかった。

 メキシコは前半26分、グアルダドが右サイドからクロス。チャン・ヒョンスがペナルティーエリア内でスライディングでブロックしたがボールが手に当たり、主審はPKを宣告。PKキッカーのベラは、落ち着いてゴール左に蹴り込み先制した。その後はメキシコが優位に試合を運び1-0で前半を終えた。

 メキシコがボールを持ち優位に進めた後半21分にカウンターからロサーノがドリブルで中央突破し、左サイドを駆け上がったエルナンデスにパス。エルナンデスはペナルティーエリア内で切り返してDFを振り切ると右足でシュート。GKの脇の下を抜けるゴールとなった。エルナンデスの記念すべき代表50ゴール目はリードを広げる貴重なゴールとなった。

 韓国は後半ATにソン・フンミンが左足で豪快に決めて1点を返したが及ばず。メキシコが最後まで攻守で韓国を上回り2-0で勝利した。

 メキシコは、初戦のブラジル戦勝利に続き2連勝。2勝で勝ち点6に伸ばし、F組トップに立った。一方の韓国は、2連敗で勝ち点は0のまま。自力でのグループリーグ突破が消滅し、厳しくなった。
http://www.sanspo.com/soccer/news/20180623/wor18062323320049-n1.html

ファウル:韓国 24 メキシコ 7
イエローカード:韓国 4 メキシコ 0
いつもの事とは言え、格闘技のような試合で、途中放棄してしまった。(笑)

自力で16強進出の可能性が無くなった事、熱しやすく冷めやすい国民性など、ワールドカップ特需は体感しないまま終わると予想。
応援グッズを買う金銭的余裕も無いだろうし・・・。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック