FC2ブログ

かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【東南アジア以外全滅】

【色褪せた輸出強国・・・経常収支21%減】
2018.06.21 18:07 デジタルタイムス

対中・対米貿易の減少が主因
東南アジアだけ22%増『体面繕い』


 昨年、我が国の経常収支は20%以上減少した。特に、アメリカと中国市場の地位が弱まっている。

 世界の主要市場を奪われ、『輸出強国』としての韓国の名声も急速に光を失っている。

 韓国銀行が21日発表した『2017年の地域別国際収支』によると、昨年の経常収支は784億6,000万ドルで前年(992億4,300万ドル)比べて21%減少し、2015年1,059億3900万ドルで歴代最大を記録後、2年連続減少傾向が続いている。

 対米・対中貿易の減少が主因である。対米経常収支は256億2,100万ドルで前年(314億9,100万ドル)比18.5%減少している。乗用車、自動車部品など、主力品目の輸出が悪化し、輸入増加率(18.1%)が輸出増加率(6.5%)を3倍近く上回り、商品収支は399億8,900万ドルで2012年(256億1,000万ドル)以降最低の黒字規模である。

 中国は429億7,000万ドルで前年(433億9,000万ドル)比減少している。THAADの影響で旅行客が急減し、サービス収支の赤字規模は2億9,000万ドルに達し、6年ぶりに赤字に転じている。

 経常収支の赤字が毎年続く日本と中東でも、その幅が拡大している。対日経常収支は-272億6,500万ドルで前年(-215億1,000万ドル)比26.5%増加し、中東の経常収支の赤字は-447億8,400万ドルで前年(-267億4,200万ドル)に比べ2倍に増加している。

 日本の場合、機械類、精密機器、乗用車の輸入増、日本旅行に出発する国内の観光客の増加で赤字幅が拡大している。

 対中東赤字の増加は原油価額の上昇の影響が大きかった。我が国の中東からの輸入額は681億3,000万ドルで、2014年(1,182億8,000万ドル)以降最大である。昨年の原油の導入単価は1バレル=53.3ドルで、前年(41.1ドル)比30%高い。

 輸出韓国は、東南アジア市場で何とか体面を繕った。東南アジアの経常収支は727億9,000万ドルで、前年(594億9,000万ドル)比22.4%増加している。輸出が1,441億8100万ドルで前年比21.7%増加し、経常収支の黒字規模が拡大したおかげで商品収支も762億7,000万ドルと歴代最大である。半導体、機械類、精密機器の輸出が増加しているからである。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=029&aid=0002469438

東南アジア輸出の増加の大半は、ベトナムへの輸出=韓国企業の海外工場向け輸出。
百貨店がメーカーから受け取るマージンを稼ぐ為、〆前に数字合わせでどかんと納品し、ダンボールを開けずに年明けにソックリ返品するのと同じ。

韓国企業向けの原材料輸出が無い国以外は全滅。
しかも、インチキ統計ですら誤魔化せないレベルに悪化していると言う事。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック