かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【選挙って大事よね?】

【選挙圧勝の翌日
『月城(ウォルソン)1号機閉鎖』公文書・・・『脱原発』強行する政府】

2018.06.15 17:38 韓国経済

月星1号機早期閉鎖・・・新規原発4基白紙化

韓水原、慌てて緊急理事会
『政府、早期閉鎖補償する』
4年残る月星1号機の閉鎖発表

土地補償待つ住民
補償額減少、又は受取れない
『周辺の地価暴落』怒り

専門家『海外は60年稼動』


 韓国水力原子力は15日緊急理事会を招集し、月星1号機の早期閉鎖、チョンジ1・2号機、テジン1・2号機など、新規原子力発電所4基の建設白紙化を決めたのは、政府の『脱原発』政策に積極的に応じる為である。政府は昨年10月の『エネルギー転換ロードマップ』に続き、12月『第8次電力需給基本計画』を発表し、月星1号機の稼動中止を含む脱原発を国政課題として推進して来た。一部は、与党の地方選挙圧勝で政府が勢いづき、脱原発政策を強行していると指摘する。

◆韓水原『政府が損失補償約束』

早期閉鎖される月星1号機

 韓水原が理事会で早期閉鎖を決めた月星1号機は、国内初の加圧重水炉型(CANDU)原発で、設備容量は679MWである。軽水炉型の古里原発とは異なり、使用後核燃料を再処理すれば兵器化可能なプルトニウムを得る事が出来る。反核・反戦団体が、この原発の早期閉鎖を主張して来た背景の1つである。

 月星1号機は1982年11月稼動を始め、2012年11月運営許可取り消し後、10年間延長運転出来る政府の承認を受け、2015年6月発電を再開した。当時、韓水原は、安全性強化・老朽設備の交換を目的に5,600億ウォン投入し、2022年11月まで運営する計画だった。商業運転の開始から36年で稼動を中止する事になったのである。

 韓水原のチョン・ジェフン社長は、「政府方針で月星1号機の運命が決まった状況で、不確実性を減らすには急いで閉鎖する他に方法は無かった。同日午前の緊急理事会の招集は、前日の夜早期閉鎖に伴う補償を約束する産業通商資源部の公文書を受領した為」と説明した。これについて韓水原関係者は、「2022年まで使用可能な原発の早期閉鎖で、これまで韓水原が投資した設備改善費用、残存価値の補償を協議する必要がある。設備の残存価値だけで数千億ウォンに達するだろう」と話した。

住民・労組『原発中止反対』

 原発の早期閉鎖、建設中止の発表に地域住民は激しく反発している。政府の補償額が少ない、又は受取れなくなるからである。月星1号機がある慶北慶州(キョンジュ)市の住民は、『地域発電共生協力基金』の内、未受領額913億ウォンを受取る事が出来ない境遇である。

 チョンジ1・2号機の建設が予定された慶北(キョンブク)盈徳(ヨンドク)郡では、補償を待ち望んだ住民が不満を爆発させている。2011年原発予定地に選定後、韓水原が面積の19%を買取ったが、今回の建設中止発表後、買取分を売却せざる得ない状況である。チョン社長は、「近く、チョンジとテジン原発の敷地について、開発予定区域の解除を申請する計画。すでに買取った土地は、指定告示解除後、公売などの方法で売却する」と話した。ある住民は、「大規模な土地が公売に出れば周辺の地価は暴落する」と訴えた。

 韓水原労組は、理事と政府の提訴を発表した。韓水原労組のユン・ウォンソク首席副委員長は、「月星1号機は、原子力安全委員会が継続運転を承認した安全な発電所。理事会が政治状況や特定団体に振り回され、早期閉鎖を決定した。数千億ウォンの国民の血税を浪費した不道徳な理事と政府に民事・刑事上の損害賠償を請求する」と発表した。

電気料金の値上げ避けられない

 政府の性急な脱原発の歩みが電気料金の値上げを煽ると懸念されている。今でも、国内の原発24基中『整備』などの名目で止まる原発は8基に達する。原発の安価な電力の送電停止により韓国電力の今年第1四半期の電力購入単価は1kW h=97.44ウォンと歴代最高に上がっている。ソウル大学原子力工学科のチュ・ハンギュ教授は、「世界的に、大半の原発の運営期間は60年。安全や経済性を理由に36年で稼動を止めるのは国家的損失。こんな形の原発の稼動を中止は、発電原価の上昇を招き、電気料金の値上げ要因として作用する他無い」と指摘した。
http://news.hankyung.com/article/2018061500671?nv=3&utm_source=naver&utm_medium=naver_newsstandcast&utm_campaign=newsstandcast_naver_all

選挙って大事よね?

反原発の自治体長に投票し、補償金が受け取れないから提訴?
ムン・ジェイン政権の支持者である労組が政府を提訴?

活動家とメディアを提訴して、アホな自分を反省しろ!!
時すでに遅しだけどさ。

沖縄県民や原発周辺の住民は活動家や引退した古だぬきに要注意。
彼らの興味は金だけ。
信念は無く、金に群がるあさましい連中だと言う事。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック