FC2ブログ

かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【ムン・ジェイン政権の汚さ】

【雇用ショック・・・就業者7万人増に留まり、青年失業率10.5%『最高』】
2018.06.15 16:03 聯合ニュース

就業者の増加幅8年間で最悪、5月の失業率も18年ぶりの最高
自動車・造船の構造調整の影響・・・10代後半の人口減など構造的要因も

 3ヶ月連続10万人台に留まった就業者の増加幅が、先月10万人以下に墜落し、更に悪化した。

 公務員試験のスケジュールの変更で求職活動が増加し、青年失業率は歴代最高に急騰した。

 15日統計庁が発表した5月の雇用動向を見ると先月の就業者数は2,706万4,000人で、前年比72,000人増に留まった。

 これは、2010年1月の1万人減以降、8年4ヶ月ぶりに最も低調な成績表である。

 就業者の増加幅は、2月104,000人を記録し、1年9ヶ月ぶりに10万人台に減少し、3ヶ月連続10万人台をグルグル回り、先月10万人ラインが崩れた。

 就業者の増加幅が4ヶ月連続20万人台を下回るのは、リーマンショック以降初めてである。

 2008年9月~2010年2月まで、就業者の増加幅は10万人台に留まる、又は下回って来た。

 製造業の就業者は、自動車など産業構造調整の影響で前年比79,000人減少し、2ヶ月連続減少した。教育サービス業、卸売・小売業の就業者数も減少し、雇用率は61.3%で前年比0.2%低下した。

 失業者は112万1,000人で、前年比126,000人増加した。

 失業率は4.0%で前年比0.4%上昇し、5月としては2000年の4.1%以降、18年ぶりの最高である。

 青年(15~29才)失業率は10.5%で前年比1.3%上昇した。

 公務員試験のスケジュールが前倒しされ、経済活動参加人口が増加した影響だと統計庁は分析した。

 統計庁のウィ・ヒョンジュン雇用統計課長は、「10代後半の人口が減少し続け、就業者数が以前のように増加し難い構造。自動車・造船の構造調整の影響で製造業の就業者数が減少し、集中豪雨の影響で建設業の日雇いの減少幅が大きかった」と話した。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=001&aid=0010151419

選挙が終わった途端、最悪の失業率を公表する汚さ。
経済状態が選挙に影響しなかったと言う意味では国民も異常だけど・・・。(笑)

統一などと言う夢物語に酔い、共に民主党が中央・地方を掌握している間、韓国経済はどんどん悪化する。
民主党政権時代、日本が暗黒だったように。

【30代、40代の雇用も『急減』・・・『32万の目標達成困難な可能性』】
2018.06.17 21:36 世界日報

5月の就業者3万人・8万人減少/雇用指標最悪の記録更新/"最低賃金効果だけに焦点・・・対応不十分

 雇用指標が連日最悪の記録を更新し、金融危機時代に逆回りする事が懸念されている。

 17日、統計庁の経済活動人口を分析した結果、1月~5月までの就業者の増加幅は前年同月比月平均149,000人増だった事が分かった。昨年の1~5月の平均就業者増加幅372,000人に比べ、半分以上少ない数値である。1月の334,000人増以降、2月~3ヶ月連続10万人台の就業者数の増加幅は先月72,000人に急減し、2009年の1~5月(172,000人減)以降9年ぶりの最低を記録した。

 我が国の経済を支える『腰』年齢と言える30代、40代の雇用も急減している事が分かった。30代の就業者数は、5月5,616,000人で前年同月比31,000人減で、2017年10月以降8ヶ月連続減少した。特に、40代の就業者数は、5月6,697,000人で、前年同月比88,000人減で2015年11月以降31ヶ月連続減少したと集計された。

 政府が今年就業者増加目標とする32万人の達成は困難と予想されている。キム・ドンヨン経済副総理兼企画財政部長官は8日、「今年上半期中10万人台後半の雇用増が予想され、昨年を大幅に下回る」と話した。昨年の就業者数の増加幅は316,000人だった。

 『雇用政府』を標榜する政府が雇用予想に失敗したのは勿論、最低賃金引上げの肯定的効果だけに焦点を絞るなどリスク要因に適切に対応出来なくなっていると指摘される理由である。建国(コングク)大学経済学科のチェ・ペグン教授は、「最低賃金の引上げは、雇用はあるが恩恵を受ける雇用が無い者や失業者には恩恵が無い。雇用の悪化は、所得主導の成長を強調しながら革新成長の成果が無い事に伴うもの」と指摘した。
http://v.media.daum.net/v/20180617184809604

雇用だけじゃなく、経済全般がヘル朝鮮らしくなって来た。(笑)
外資系企業を渡り鳥だの、食い逃げだのと攻撃し、OINK判決連発で撤退させて良質な雇用を奪い、国内企業は業績悪化、増税・労働改革の失敗で、投資・雇用余力を失っている。
家計債務や自営業者債務の急増は止まらない上、どんどん質が悪化する。
アメリカの利上げの影響でローン金利は上昇し続ける。

10代~40代までの世代が雇用を失う。
子育て世代の30代、40代の失業者の増加は、経済的に親世代を支援出来る世帯の減少を意味し、経済弱者の高齢者の貧困を煽る。
多重債務の失業者が国中に溢れる状況で、雇用主導の成長なんて言われてもね?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック