かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【国連制裁決議違反で韓国を制裁すべき!!】

【文政権『北経由のロシアガスパイプライン事業』
 北に毎年最大4,000億ウォン支払う事に・・・】

ユン・ハンホン議員『ロシアガスパイプライン事業で、対北支援しようとしている疑い、国政監査でハッキリさせる』
月間朝鮮

 ムン・ジェイン政権が推進している『ロシアガスパイプライン事業(PNG)』は、事実上北朝鮮支援との主張が出ている。国境通過料として北朝鮮に莫大な金を支払うからである。

 《月刊朝鮮》が自由韓国党のユン・ハンホン議員室から入手した資料によると、PNG事業でロシアのパイプラインが北朝鮮を経由する場合、北朝鮮に国境通過料として年間最大4,050億ウォン、30年契約で最大12兆ウォン以上支払う必要がある事が分かった。

 北朝鮮経由のロシアパイプライン事業は、ムン大統領の選挙公約である。ムン大統領は当選直後の5月24日、共に民主党のソン・ヨンギル議員をロシアに特使として送り、「ロシア産天然ガスの韓国供給の為の北経由のパイプライン建設事業の再開」の具体的な計画をロシアに伝えた。

 ムン大統領は9月7日ロシアを訪問し、第3次東方経済フォーラム基調演説で、プーチン大統領にロシア産ガス輸入拡大内容を入れた極東地域開発策を提案した。

 北朝鮮経由のPNG事業を最初に提案したのはノ・ムヒョン政権である。1990年の韓ロ修交後、ロシア産の天然ガスの輸入計画は続いて来た。 しかし、ノ・ムヒョン政権以前は、北朝鮮経由で無く、中国の内陸と西海(ソヘ)の海底を通過する経路だった。

 2004年9月ノ大統領が訪露し韓ロガス協力協定締結を約束し、2006年10月協定を締結した。推進過程で北朝鮮のキム・ジョンイルの死去、核実験の強行などで南北関係が悪化し2013年3月に中断した。

 ユン議員室が多数のガス工事関係者に確認した所によると、文政権のPNG事業は、△国境通過料支払い問題、△ガス需給の安定性問題、△南北関係の特殊性と関連する国際法的な問題を内包している。

 ユン議員室は、国際事例を見ると、北朝鮮に国境通過料として年間のガス輸入額の5~15%に当る金を支払う事になるが、最低1,350億~最大4,050億ウォン、30年契約で最大12兆ウォン以上になると指摘した。

 ユン議員は、「もうすぐ行われる国政監査で、文政権の北朝鮮経由のロシアパイプラン事業について質問する計画」と話した。彼は、「ムン大統領は、開城(ケソン)工業団地、金剛山(クムガンサン)観光の再開による対北支援が困難になり、ロシアガスパイプライン事業で北朝鮮を支援しているのでは無いか?と疑っている。国政監査でハッキリさせる」と話した。
http://monthly.chosun.com/client/mdaily/daily_view.asp?Idx=1751&Newsnumb=2017101751

国際社会を欺き、批判されずに北朝鮮を支援する方法の1つが北朝鮮経由のロシア産LPGガスパイプライン事業だと言うのは正しい。
ムン・ジェイン政権が人道支援名目で開城工業団地に月2万kWの電力を供給し続けている事でも、開城工業団地の操業再開を韓国政府が知らなかったと言うのは嘘だと分かる。

国際社会は、韓国を国連制裁決議違反で制裁すべき。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック