かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【期限まで後5日】

【韓中通貨スワップ霧散の危機
・・・政府・韓銀『プランB』検討するのか?】

2017.10.05 10:00 Monay Today

両国の連休を考慮すれば、交渉期限は9日だけ
 ・・・専門家、霧散の可能性に備えた対応を要求


 THAADの配備に伴う韓中両国の外交的葛藤が、経済協力関係を揺るがしている。両国の金融安定網の象徴だった通貨スワップ契約の延長交渉が失敗に終わる危機に置かれている。

 5日、政府と韓国銀行によると、総額560億ドル(3,600億元/62兆ウォン)規模の韓中通貨スワップ契約は10日期限を迎える。それまでに延長交渉に成功しなければ、リーマンショック後の2008年12月に締結された両国の通貨スワップは、9年ぶりに幕を下ろす事になる。

 今週我が国は秋夕(チュソク)、中国は国慶節の連休である。それを考慮すれば、実質的な交渉期限は9日だけである。それさえ、韓銀の職員が休日を返上し、交渉に臨む事を仮定すれば・・・である。韓銀関係者は、「人民銀行と連絡がつけば協議する計画」と話した。

 通貨スワップは、異なる通貨をあらかじめ約定された為替相場で交換出来る協定である。契約期間中、外貨流動性リスクが発生した場合、韓国は元を、中国はウォンを契約限度まで借りて使う事が出来る。

 現在、我が国が他国と締結した通貨スワップの規模をドルに換算すると1,220億ドル水準である。内、多国間契約のチェンマイイニシアティブ(CMIM)が、384億ドルを限度にドルを借りる事が出来る。残りの通貨スワップは、自国通貨建てのスワップである。

 ドルを調達する契約では無いが、韓中通貨スワップが金額的に最も大きい上、両国の経済協力の象徴の為、今回延長に失敗すれば、国内経済への否定的影響が懸念される。

 昨年4月バハマで開かれたアメリカ開発銀行(IDB)の年次総会で、ユ・イルホ経済副総理兼企画財政部長官と人民銀行の周小川総裁が通貨スワップの期限延長で原則合意した。しかし、TAHHD配備の葛藤で状況が反転した。

 今年始め2基のTHAADの配備決定後冷え込んだ両国関係は、7月末の追加配備決定後、更に悪化した。中国の王毅外交部長は8月6日の韓中外交長官会談で、「7月28日、韓国政府がTHAADの追加配備を決定し、両国関係に冷水を浴びせた」と批判した。

 韓銀と政府は、政治と経済は分離して接近する、いわゆる『政経分離』の原則で交渉に臨んだが、両国の外交関係の葛藤に負担を感じた人民銀行が再契約に消極的な状況とされる。今年初め以降、実務協議を続けて来た韓銀も、糸口を掴む事が出来ていない事が分かった。

 ムン・ジェイン大統領は先月27日、与野党4党の代表との晩餐会合で、「通貨スワップ問題は、両国の公式発表前に一方的に発表し難いが、韓中通貨スワップの延長が関係改善のサインだと言う点には共感する」と話した。困難な状況で期待感を示したのである。

 しかし、両国の通貨スワップが失敗に終わる危機に置かれ、政府と韓銀はプランB(代案)を準備する櫃夜があると指摘されている。外貨準備高を十分に積み、別の主要国との通貨スワップの契約推進に積極的に取り組む必要があると言う事である。

 延世(ヨンセ)大学経済学部のソン・テユン教授は、「中国との通貨スワップの延長が失敗に終わる可能性に備え、外貨準備高を安定的に運用する必要がある」と話し、資本指標研究員のアン・ドンヒョン院長は、「THAADの配置問題で韓中通貨スワップが失敗に終わった事を、今後アメリカとのFTA(自由貿易協定)など経済交渉の過程で積極的に知らせ、実利を得る努力が必要」と話した。

 韓中通貨スワップに代わり、アメリカ・日本など基軸通貨国との通貨スワップを推進すべきとの意見もあるが、現実は容易で無い。アメリカとは2008~2010年300億ドル規模の通貨スワップを締結したが、リーマンショックに対応する一時的措置で、日本とは最大700億ドル規模の通貨スワップ契約を締結したが、外交的葛藤で規模は縮小し続け2015年2月に終了した。

 一方、韓中通貨スワップ霧散後の適正な外貨準備高の水準に関心が傾いている。韓銀によると、今年8月末の外貨準備高は3,848億4,000万ドルで史上最大である。国際通貨基金(IMF)の国際決済銀行(BIS)基準によると、輸入額、通貨量、外国人証券投資額などを考慮した適正な外貨準備高は2,800億~4,400億ドルと推定される。イ・ジュヨル韓銀総裁は、「外貨準備高は不足する状況に無い」と発表している。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=008&aid=0003944117

期限まで後5日。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック