かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【輸出2桁増は嘘】

【群山(クンサン)の涙・・・造船所閉鎖、韓国GM稼動率20%に墜落】
2017.09.26 22:50 毎日経済

自動車販売不振直撃弾・・・韓国GM、月に7日だけ稼動
群山(クンサン)造船所休業3ヶ月目
・・・ワンルーム・食堂・タクシー相次ぎダメージ
地域経済・雇用生かすにはLG CNS投資誘致すべき


韓国経済緊急診断③

 「群山(クンサン)で35年、タクシーを走らせています。造船所が閉鎖され、出退勤時間のお客さんは急に途切れました。自動車工場閉鎖の噂も広まっています。群山(クンサン)市全体が肌寒いです」

 25日、群山(クンサン)市庁前でタクシーに乗り、現代重工業群山(クンサン)造船所の協力会社が密集するオオクシド洞国家産業団地に向かった。70代のタクシー運転手のイ某氏は、「造船所が操業を停止し、町がガランとしている。酒場、食堂、ワンルームは、造船所の従業員がいない為、相次いで閉めている」と嘆いた。イ氏は、「今走っている道路が産業道路(正式名称:『セマングム北路』)で、大型トラックやトレーラでいっぱいだったが、最近はたまに1台目に付くだけ。公団の中も、操業を停止した工場がおびただしい」と話した。

 タクシーに乗って某協力会社の正門の前で降りた。工場はガランとしていた。大型クレーンは止まり、門は本当に堅く閉じていた。管理人のA氏は、「現代重工業に仕事が無いらしく、工場を管理する従業員が1~2人出勤するだけ。クレーンが、いつ再び動くのか分からない」と話した。

 付近の他の外注企業の事情も似ていた。一部の企業の工場は戻っていたが、本業では無いと言う。某協力会社の代表は、「造船所が再稼働するまで持ち堪えるには何もしない訳にいかない為、風力発電やプラントなどの仕事を貰っている。それでも売上や稼動率は全盛期の10~20%に過ぎない」と話した。

0004021697_002_20170926225027244.jpg 群山(クンサン)商工会議所によると、昨年4月86社・5,250人だった群山(クンサン)造船所の協力会社は6月末30社・541人に減少している。群山(クンサン)市によると、7月1日群山(クンサン)造船所が操業を停止し、協力会社の従業員は300人台に減少した。

 群山(クンサン)市関係者は、「全盛期、群山(クンサン)造船所の直・間接雇用は、群山(クンサン)市の製造業全体の雇用の24%を占めたが、最近は割合を算出する事が無意味なほど減少している」と説明した。

 広い海のような公団の中では、車も、人も中々見掛けない。1時間以上歩き、疲れた頃やっとタクシーを見付け、群山(クンサン)造船所に着いた。予想通り、出入り口は堅く閉じていた。鉄製の構造物で、出入り口全体が封鎖されていた。通勤バスの停留所を知らせる立て札が侘しく見えた。

 他の交通手段が無く、再びタクシーで公団から4km離れたオシット洞のワンルーム村に向かった。ぎっしり並ぶワンルームの合間には物悲しい雰囲気が漂っている。それもそのはず、造船所が操業を停止し、住民の半分以上が転居したからである。

 ここで6年、ワンルーム賃貸業を営むチャン・グァンギュン氏(55)は、「1棟にワンルームが10室あるとすれば、平均6~7室は空いている。空室が半分以上のワンルームがおびただしい。借金でワンルーム事業に飛び込んだ経営者は、銀行の利子さえ払う事が出来ない状況」と話した。

 ワンルーム村周辺の肉屋で働く従業員は、「造船所が閉鎖され、来店客や売上が半減した。周辺には閉まった店が並んでいる」と話した。統計庁の住民登録統計を見ると、一時28万人を見下げた群山(クンサン)市の人口は、先月275,847人に減少している。

 1時間以上歩いて到着したのは、現代重工業の直営労働者の宿舎『オシクチェ』である。外見だけは、この付近で最も良い施設に見えた。しかし、ここもガランとしていた。管理人は、「全部空室。宿舎には1人も残っていない」と話した。

 群山(クンサン)経済を支える両軸は、現代重工業群山(クンサン)造船所と韓国GM群山(クンサン)工場である。群山(クンサン)造船所の操業停止の影響を取材後、韓国GM群山(クンサン)工場に向かった。韓国GM群山(クンサン)工場は『オシクチェ』から車で10分の距離にある。

 しかし、韓国GMの工場も管理人しかいなかった。管理人は、「先週で9月の生産は終わった」と話した。群山(クンサン)市関係者は、「韓国GM群山(クンサン)工場は、月に7~8日しか稼動していない。今年、野心に満ちるように発売したオールニュークルーズの販売が不振な為」と話した。工場の稼動率も10~20%台に低下している事が知られている。

 韓国GM群山(クンサン)工場は、クルーズとオールラウンドを生産している。2車種共深刻な販売不振に苦しんでいる。操業日数が週2日程度なのも販売不振の為である。不幸中の幸いは、1万人を雇用する1・2次協力会社の大半は、韓国GM富平(プピョン)工場の協力会社だと言う事である。群山(クンサン)工場に富平(プピョン)工場の仕事を回し、やっと工場を稼働している事を意味する。

 群山(クンサン)地域の経済人は、沈滞の沼に落ちた群山(クンサン)経済を生かすには、工場が稼働し、人が戻り、お金が回る必要があると口を揃える。群山(クンサン)国家産業団地経営者協議会のチェ・ヨンギュ総務局長は、「群山(クンサン)経済を生かすには、造船所の再稼働も重要だが、良い企業を沢山誘致し、良質な雇用を増やすしかない」と話した。

 この日午後、『群山(クンサン)造船業雇用支援協議会』に出席した某関係者は、「LG CNSがセマングムに数千億ウォン投入し、『スマートバイオパーク』を作ろうとしたが、地域の農民団体の反対で失敗に終わった。良質な雇用を大量に創出出来る企業を積極誘致しなければ群山(クンサン)地域の経済の存続は難しい」と話した。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=009&aid=0004021697

所得主導の成長は、仕事が無ければ成功しない。
輸出の2桁増は、半導体スーパーサイクルによる錯覚、又は嘘と言う事で。(笑)

経済指標や雇用統計を誤魔化して何になる。
ムン・ジェイン政権は、嘘が多すぎる。
すぐにバレるような、くだらない嘘が・・・。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック