かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【朝鮮人売春婦を買ってはいけない】

【韓国だけ増加するAIDS、特に20代男性が・・・】
2017.08.12 03:06 朝鮮日報朝鮮語版

[世界的には11%減、韓国は43%増]

昨年の新規感染者1,199人・・・男性が女性の12倍に達し
男性の感染者3人に1人が20代
医療界『危険な性接触多く、検査の機会増え感染者が表れた


 世界的にHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の新たな感染例は減少しているが、国内のHIV感染者とAIDS(エイズ)患者は増加している。HIVはAIDSの原因ウイルスで、HIV感染者の内、免疫体系が損傷・低下し、病気にかかった人をAIDS患者と言う。

 疾病管理本部は11日、『2016年、HIV/ AIDS申告現状』を発表し、「昨年の新規HIV・AIDS感染者は1,199人と集計され、増加傾向が続いている」と発表した。特に、新たな感染者は、男性(1,105人)が女性(94人)の11.8倍多く、国内の男性感染者3人に1人(35.1%)は20代である。

◇『安全で無い性接触で・・・』

 国連AIDS合同計画(UNAIDS)の統計によると、世界のHIV・AIDS新規感染者(成人)は、2016年は170万人で、2010年(190万人)に比べ11%減少している。先進国は減少傾向に転じた国が多い。各国の感染者年報を見ると、2011~2015年、日本(1,529→1,434人)、アメリカ(44,805→40,040人)は新規感染者が減少している。疾病管理本部は、「世界的にアフリカ地域は国際機構の治療薬の普及などで、新規感染者は顕著に減少し、アメリカ・日本・オーストラリアも減少傾向」と説明した。

 一方、韓国の新規感染者は、逆に増加傾向にある。『HIV/AIDS申告現状報告書』によると、新規感染者は2010年の837人→2016年1,199人に43%増加している。1985年に申告された新規感染者は2人だったが、2000年244人に、2013年(1,114人)以降、毎年1,000人以上増加している。生存する累積感染者も2015年1万人を越え、今回発表された2016年の統計では11,439人に達する。

◇20代男性、なぜ多い?

 新たな感染者は男性が女性の約12倍で、男性の35%が20代である理由について医療界は、「若い男性の性接触の頻度が高い為」と分析している。更に、▲『危険な』性接触が多く、▲HIVの感染検査のチャンスが増え、『水面上』に現れた事を、感染者増の原因に挙げている。特に、「同性間の性交で感染率が高まり、一部の同性愛者が複数のパートナーを相手にする問題がある」と指摘されている。チェ・ジュニョン セブランス病院感染内科教授は、「20代男性感染者の増加は、現在、国内の同性愛者にHIVウイルスが大流行している可能性があると言う事。若い感染者は、感染の有無をチェック後、病院を訪れるケースが増えている」と話した。ただし、『同性愛者がAIDS拡散の主犯』と言うには、論議がある。今回の保健当局統計でも、新規男性感染者の内、異性との性接触'(355人)が原因のケースが、『同性との性接触』(325人)より多かった。

 保健当局は、HIV感染予防事業を強化する方針である。 HIVに感染すれば完治は困難だが、早期に発見する程、発病を遅らせ、治療の効果もあがるからである。全国の保健所では、1989年以降、HIV感染無料匿名検査を施行中で、病院・医院では有料で匿名検査を受ける事が出来る。韓国AIDS撃退連盟などの民間団体では、AIDS関連の相談も出来る。

 疾病管理本部関係者は、「アメリカで開発されたHIV治療薬『トTRUE2go』は、性接触前に予防薬として使われる事もある。我が国も予防薬の導入を検討している」と話した。
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/08/12/2017081200168.html

売春の陰性化が進み、売春従事者に対する性病管理が適切に行われていない事、医療器具の使い回しが常態化している事などなど、考えられる原因は山のようにある。
朝鮮人がHIVに感染しようが、AIDSで死に絶えようが、日本に影響が無ければ問題は無い。

が・・・HIV感染者、AIDSを発症した売春婦が日本に稼ぎに来ている。
しかも、大勢。
朝鮮人、中国人の売春婦を買うな!!
高確率で性感染症に感染する。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック