かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【どんな言い訳だよ!!】

【THAAD:韓国外相、中国外相に「報復撤回」言及できず】
2017.08.07 09:15 朝鮮日報日本語版

 中国側は6日にマニラで開かれた韓中外相会談で、韓国政府による終末高高度防衛ミサイル(THAAD)追加配備への非難に会談時間の相当部分を割き、韓国に圧力をかけた。王毅外相は取材陣が見守る前でもTHAADに関連し、「韓中関係に冷や水」「過去の誤った行動」などといった外交上異例の言葉を連発した。韓米などASEAN地域フォーラム(ARF)加盟27カ国の外相が相次いで会談した際、議題の大半が北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に対する非難と安保理決議履行意思の確認だったのとは対照的だ。

康長官、中国側に「THAAD報復撤回」言及できず

 韓国外交部(省に相当)の康京和(カン・ギョンファ)長官が就任後、王外相との公式な外相会談は今回が初めてだ。王外相は康長官と握手する際にも笑わず、会談でも終始硬い表情を崩さなかったという。王外相は公開された冒頭発言で「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任以降、過去の誤った行動と中国側の正当な関心事項に対する配慮を行動で示した。これは両国関係の良い始まりだと思う」と述べた。形式的には文大統領の対中関係改善姿勢を評価し、韓国のTHAAD配備が「過去の誤った行動」であることを強調した格好だ。その上で、王外相は、THAAD発射台4基の追加配備について、「改善が進む両国関係に冷や水を浴びせる決定だ」と指摘した。

 引き続き、非公開の会談でも王外相は一方的に「講演」するかのようにTHAAD問題をしつこく取り上げたという。会談後、王外相は待ち受けた記者団にも「康長官に対し、『THAADでICBMを防ぐことができるのか』『なぜこれほど急いでTHAADを配備するのか』『米国のミサイル防衛(MD)に加わることが韓国の利益にかなうと思うのか』『韓国国民はそれを受け入れるのか』などといった疑問を提起した」と語った。その上で、「韓国が安全保障に関心を持つことは理解するが、韓国の関心事が中国の不安を引き起こしてはならない。THAAD問題は両国関係の正常な発展に影響を与える」と述べた。THAAD問題への言及が長引き、会談時間は当初予定の30分を大幅に上回る55分続いた。

 康長官は▲北朝鮮の追加的なミサイル挑発で脅威が高まっている▲国民の生命を守るための防衛的措置だ▲米国のミサイル防衛システムとは無関係だ―-との点を強調し、THAAD配備の必要性について説明した。しかし、康長官は王外相に対し、THAAD問題をめぐる報復撤回を要求できなかったという。韓国外交部当局者は「時間が足りず、THAAD報復撤回に関する言及はなかった」と述べた。

米国務長官「中国の決議履行が鍵」

 これに先立ち行われた韓米外相会談では、ティラーソン米国務長官が新たに採択された国連安保理決議について、中国の決議履行の必要性を強調した。ティラーソン国務長官は「インプリメント(履行)」ではなく「エンフォース(執行)」という表現を繰り返し使った。韓国政府当局者は「決議の履行を任せるのではなく、履行しているかどうかを監視し、必要な場合には追加的な措置も講じるという意味だ」と述べた。

 韓国外交部によると、康長官はティラーソン国務長官に対し、「文在寅政権のベルリン構想にASEANの閣僚が高い関心を示した。ベルリン構想の政策基調が挑発抑止努力と共に相互補完的に効果を発揮するはずだ」と述べた。康長官が最近のTHAAD発射台追加配備に関する韓国政府の立場を説明すると、ティラーソン国務長官は「非常に意味がある措置だ」と述べた。双方はまた、韓米ミサイル指針の改定交渉を早期に始めることでも合意した。

 ASEAN10カ国の外相は5日、北朝鮮の挑発を非難する声明を発表し、北朝鮮に国連安保理決議を履行することを求めた。ASEAN加盟国間の協議でこうした声明を別途出すのは異例だ。声明は「平和的な方式による『完全かつ検証可能で不可逆的な韓半島(朝鮮半島)の非核化』を支持する。韓半島の恒久的平和構築に向けた南北関係改善構想を支持する」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/07/2017080700753.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/07/2017080700753_2.html


【カン長官、「時間が無く、王毅外相にTHAADの報復撤回要求出来ず】
2017.08.09 03:05 朝鮮日報朝鮮語版

ARF、議長声明採択『北は安保理決議直ちに遵守を』

 カン・ギョンファ外交部長官は6日、中国の王毅外交部長との会談で、『THAADの経済報復撤回』を要求しなかった事について、「原因は何か?、どう解決して行くのか?意見交換する中、時間が無く言及出来なかった」と8日明かした。

 カン長官は、マニラで行われたASEAN地域安保フォーラム(ARF)の仕上げの記者会見で、「THAAD問題の基本は、北朝鮮の挑発にあり、防衛的必要性に応じ、我が国の国民を守る為に配備した事を丁寧に説明した」と話した。王毅部長は、「韓国がTHAAD配置で両国の関係に冷水を浴びせた」とするなど強い遺憾を表明した。

 カン長官は、「北朝鮮のリ・ヨンホ外相に会った時、なぜ挑発中止を要求しなかったのか?」との質問には、「私がしなくても、中国やロシアが(挑発中止の)メッセージを送り続けている。私が伝えるメッセージは、赤十字会談と軍のハイレベル協議への積極的な呼応を追及する事だと考えた」とし、リ・ヨンホ氏個人の印象については、「落ち着いた感じで、ゆっくり答える。色々な事を非常に良く考えていると感じた」と話した。

 更に、「北朝鮮は本当に外交的に孤立していると感じた。北朝鮮は多数の国に2国間会談を要請したが、殆ど拒否された」と話した。

 一方、ARFは議長声明で、「北朝鮮は、安保理決議を直ちに遵守する必要がある」と発表した。
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/08/09/2017080900229.html

時間が無く?
どんな言い訳だよ。
会談の目的は、報復緩和、出来れば撤回じゃ無かったのかよ!!
不機嫌極まりない様子の王氏に圧倒され、言い出せなかったと言うのが本当の所でしょ?

無能で馬鹿なムン・ジェインが、慰安婦問題解決の対日最終兵器として人事5大原則を曲げ、批判されてまで任命を強行した外交長官が、この人です。ちなみに、パン事務総長時代、国連に勤務アリ。(笑)
外交は、国連みたいに、事実確認もせず、偉そうに上から目線で言いたい事だけ言って終わりじゃ無いし、要求すれば通ると言うものでも無い。

中国の主張は一貫している。
仮に、報復撤回を要求した所で何も変わらない。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック