かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【節電命令】

【政府、また『節電命令』・・・3,000社に指示】
2017.08.08 01:21 韓国経済

工場の稼動停止でも足りず・・・政府『家庭用も節電検討』

政府は『テスト』・・・
今夏2度目の試験・・・大規模な節電も予告

企業『工場止めろと言うのか?』
『政府はインセンティブを与えると言うが生産ライン止まった方が損害
政策に従うしか・・・電力量合わせる為、エアコン止め

 政府の節電命令に産業界が反発しているにも関わらず、政府は7日、約3,000社に再び『節電』を命じた。

 政府は同日、電力取引所を通じ、「午後2時45分~5時45分までの3時間の節電」を企業に命じた。財閥企業・中堅・中小企業3,195社が対象である。

 政府は、先月12日と21日にも節電を指示した。2014年の制度導入後~昨年まで3度発動したが、今年の夏はすでに3度発動している。企業の関係者は、「最大需要が上がると、脱原発政策が批判される可能性がある為、企業の電力使用量への干渉が頻繁になるのでは無いか?」と話した。

 政府は、7月2度の『節電命令』に続き、同日、3度目の節電を命じると、企業の恨み節が絶える事なく続いた。節電命令は、政府が電力の需要が増加し、予備率が下がる事に備え、企業に節電を命じる事である。該当企業は、工場の生産ラインを一部止める形で対応する。

 政府は今年に入り、節電命令の回数を増やし、産業界は「電力予備率が下がると、政府の脱原発政策が批判される可能性がある為、政府は企業を締め付け電力使用量を最大限削減しているのではないか」と批判している。節電が命じられた7日の電力予備率は11~12%をかろうじて維持していた。電力予備率が1桁に下がると『危険水位』と解釈される。

 電力取引所関係者は、「同日の急な命令は、正式な発動で無く、一種のテスト」と説明した。しかし、電力市場の運営規則によると、節電試験は、春・夏・秋・冬、それぞれ1度出来る事になっている。今年の夏の節電試験は、先月20日と24日、すでに行われている。

更なる節電予告した政府

 政府は同日、電力取引所を通じ、節電を命じ、「今月末まで、再び節電が命じられる確率が高い。電力設備担当者は、節電発令に備えて貰いたい」と説明した。今月中に再び命じる可能性を予告したものである。指示対象企業も、昨年の2,000社→同日3,195社に拡大している。

 産業通商資源部関係者は、「節電した企業は、適切に補償する」と話した。しかし、鉄鋼関連の中小企業の代表は、「1~2時間の節命令では分からないだろうが、4時間も生産ラインを止めるとインセンティブを貰っても損害になる」と話した。節電命令で工場のラインの一部を止めると、再稼動にかなり時間がかかる事も企業には負担である。

 忠南(チュンナム)地域の某中小企業の代表は、「2011年9月のブラックアウト(大規模停電)を経験後、こんな国家的災難の再発は避けなければと考え、節電に参加して来たが、最近政府は、企業の純粋な意思を違う目的に利用しているのでは無いかと疑っている」と話した。

 節電命令対象の約24%は大企業である。これらは、政府の顔色を見るには、節電命令に従う他無いとしている。某大企業関係者は、「生産ラインの一部を止めてインセンティブを貰うより、工場を運営し続ける方が利益。政府の政策に協力する為、節電目標を遵守している」と話した。

エアコン切って仕事

 節電命令に従った企業は、『節電命令結果報告書』を電力取引所に提出する。節電命令の対象、ソウルA企業の報告書を見ると、設備の稼動を止める以外にも、エアコンやコンピュータを切り、電力量を合わせた事になっている。A社の節電量は、1時間=1,100キロワット(kW)である。

 鉄鋼業界関係者は、「一部の生産ラインを止めて足りなければ、電力消費が大きなエアコンを切る他無い。経営陣だけで無く、労働者も、この制度に不満を抱いている」と話した。


 産業部は、節電命令は脱原発の論理を裏付ける為のものでは無いと説明した。産業部関係者は、「国民と企業が節電すれば、発電所を余り作らなくてもいい為、節電命令を増やしていく。今後は一般家庭も、節電命令の対象に含む案を検討している」と話した。

 産業部は、8日~来月初めまで、全国18の主な商圏で、扉を開けて冷房する店を集中的に取り締まる。初の摘発で警告、1度目の摘発で50万ウォン、2度目100万ウォン、3度目200万ウォン、4度以上は300万ウォンの罰金が課せられる。
http://news.hankyung.com/article/2017080744611

製造業は撤退するしか無い!!

韓国の電気料金は異常に安いから節電とは無縁の生活をおくって来たからキツイかもね?
エアコンの温度を18度に設定し、入り口のガラス戸を開けっ放しにしたまま営業するとか普通だし・・・。(笑)

ムンさんの思い付きと閃きによる脱原発政策のお陰で、節電、節電、また節電。
しっかしさ~、連日30℃越えの今やるんだろ?
犠牲者が出て、世論が沸騰すれば変わる?(笑)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック