かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【お口の恋人LOTTE 順調に悪化】

【解けないTHAADの絡み合い
・・・ロッテショッピング下半期赤字転落懸念】

2017.07.31 16:04 

 韓国のTHAAD配備に伴う中国の経済報復の影響で、ロッテショッピングの第2四半期の実績が半分以下に減少し、下半期赤字に転落する可能性が懸念されている。

 31日、金融監督院の電子公示によると、ロッテショッピングの今年第2四半期の営業利益は873億ウォンで前年同期比49.0%減、売上は7兆4,013億ウォンで1.4%減に留まったが、当期純利益は41億5,500万ウォンで95.0%減少している。市場の予想値を大きく下回る『アーニングショック』水準の成績である。

 実績墜落の主な原因は、中国の報復である。ロッテは2月、星州地域のゴルフ場をTHAADの配備場所として提供する事を決め、中国の経済報復の直撃弾に当たった。

 中国と国内の中国人向けの営業で困難を経験し、流通事業部門の核心系列会社デパートと大型マートが大幅に悪化した。

 中国国内のロッテマート99店舗の内、87店舗が営業停止・暫定休業状態である。事態が長期化し、被害規模は5,000億ウォンに達する。ロッテマートの第2四半期の営業赤字は、昨年の630億ウォン→770億ウォンに拡大している。海外だけで550億ウォンの赤字を記録している。3月以降、中国国内の大半の店舗が営業出来ず、売上が94.9%減少したからである。

 ロッテ百貨店は、中国人観光客が急に途絶え、国内事業も振るわなかった。中国の店舗の売上は28.6%減、海外で210億ウォンの赤字を記録した上、国内の営業利益も前年同期比44.8%減少し、昨年3.5%に達した中国人観光客の売上の割合も、今年第2四半期は1.1%に低下している。

 ロッテマートが中国で最悪の損失に耐える状況で、中国人観光客の減少でロッテ百貨店もダメージを受け、流通会社全体が彷徨っている。

 問題は、両国のTHAADの葛藤が更に悪化し、下半期の実績見通しも暗い事である。ムン・ジェイン大統領が28日、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射への対応で、THAADの発射台4基の臨時配置を指示し、報復の長期化は避けられないと見られている。

 中国政府が、THAADの追加配置に強い不満を示し、更に強力な経済報復も懸念されている。

 期待した28日の大統領懇談会でも特別な成果は無かった。シン・ドンビン会長は、裁判所に日程調整を要請するほど、懇談会の出席に確固たる意志を示したが、肝心のムン大統領とTHAAD問題に関し、本音で話し合う事は出来なかった。ロッテがTHAAD事態の最大の被害企業だけに、悔しい心情を吐露すると期待されたが、同日の懇談会で一言も言及出来ず残念な思いをした。

 韓中関係は悪化の一途を辿り、第3四半期の実績も心配である。THAAD問題が解決しない限り第3四半期の実績も前年比大幅に減少するとの危機感が拡大している。証券業界も、第3四半期の営業利益は、前年比約20%減と予想している。

 一部では、被害が更に深刻化した場合、第3四半期、赤字転落の可能性が提起されている。2015年、証券市場に上場後10年で、当期純損失3,460億ウォンと初の赤字を記録したロッテショッピングは昨年黒字転換に成功したが、今年THAADリスクが下半期まで続くけば、再び赤字に転落する可能性が高い。

 某流通業界関係者は、「THAADの経済報復の影響で、業界状況の不振は予想以上に深刻。下半期も、この状態が続けば、ロッテ百貨店とマートの損失の穴埋めは容易で無い」と話した。
http://www.viva100.com/main/view.php?key=20170731010011737

THAADの報復前もロッテの中国事業は1,000億以上の赤字だったのに、まるで全ての原因が報復にあると言わんばかりの記事に呆れる。
順調に赤字が積みあがっているのは想定内の事だから別にどうと言う事も・・・。

報復激化はムン・ジェインと共に民主党の責任。
シン・ドンビンに勇気があれば本音で話す事も出来るだろうけど、そんな勇気無いじゃん。(笑)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック