かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【ハッカーの遊び場に転落するIT強国(笑)】

【国内最大の仮想通貨取引所ハッキング・・・国内初の集団訴訟事件】
2017.07.04. 09:53 Monay Today

従業員の個人PCハッキング
個人情報流出被害数万人に達し・・・被害者、警察に捜査要請


 国内最大の仮想通貨取引所Bithumbのへのハッキング攻撃で、被害にあった数百人の会員が集団訴訟を準備している。仮想通貨関連の訴訟が本格化するのは今回が初めてである。

 チョ某氏ら12人は、Bithumbの従業員の個人PCがハッキングされ、個人情報が流出し、約100億ウォンの被害にあったとしてピットソムを相手どり集団訴訟に乗り出す事にした。被害にあった他の会員も、オンラインにピットソム被害者カフェを作り、被害例を集め、訴訟を準備している。

 今回の事件で、巨額の損失を被ったチョ某氏は、「団体チャットで被害者12人の意見を集約し、集団訴訟を準備している。現在までに分かった被害者は数百人に達し、被害額は1,000億ウォンに肉迫すると推測される」と話した。

 これら12人は、警察のサイバー捜査課に捜査要請している。特に、Bithumb取引所のサーバーで無く、従業員個人の業務用PCから会員の個人情報が流出している為、内部の犯行の可能性も疑われている。個人のPCに会員情報が保存されていた事も問題と指摘されている。

 Bithumbは先月30日午後遅く、前日従業員のPCがハッキングされ、会員の個人情報が大量に流出したと発表し、会員にEメールでその事実を通知した。個人情報の流出が疑われる口座の入出金も制限した。

 ピットソム関係者は、「今回の事件は、Bithumb内部網、サーバー、仮想貨幣の残高が管理される財布とは無関係の従業員個人のPCがハッキングされたもので、今回流出した個人情報にパスワード情報は無く、会員のアカウントで仮想通貨を出金出来ない」と説明した。

 被害にあった会員は、個人情報の流出後、ボイスフィッシングにあった事が分かった。ハッカーと推定される詐欺犯は会員に電話し、Bithumbの従業員を詐称し、OTP(無作為で生成される番号認証方式)番号を知り、口座かた仮想通貨を出金した。Bithumbは、出金時のOTP、或いは文字メッセージ(SMS)で本人確認する。

 Bithumb口座で500万ウォン相当の被害にあったイ某氏は、「1日夜遅く080に電話があり、Bithumbの担当者で個人情報が流出し、被害が予想される為、指示に従いよう言われ、疑う事無く指示に従った。HPに接続すると、保有していた仮想通貨イーサリアムが消え、ボイスフィッシングにあっていた事が一歩遅れで分かった」と打ち明けた。

 問題は、ボイスフィッシングを疑ってOTP情報を与えなかった会員のBithumb口座からも仮想通貨の流出が確認されている事である。被害にあった会員は、詐欺犯が個人情報を利用し、既存のOTPを解約し、新規に作成する方法で出金したのでは無いかと疑っている。

 これまで、仮想通貨のハッキングは、取引所のサーバーを攻撃し、売買帳簿を奪い、仮想通貨を奪う手口が大半だった。その場合、仮想通貨に法的な存在根拠が無く、提訴が不可能な一方、今回の事件は個人情報の流出で損失が発生した為、訴訟で争う余地は充分と言うのが被害者の立場である。

 一方、Bithumbは、国内最大の仮想通貨取引所で、会員は約70万人に達し、1日の売買額は数千億ウォンに達する。ビットコインを始め、イーサリアム、ダッシュ、ライトコイン、イーサリアムクラシック、リップルなど6種の仮想通貨の取引プラットホームを提供している。
http://v.media.daum.net/v/20170704043205463

自称IT強国の不都合な現実とでも言えばいいのかな?
見よう見真似でサイトを作る事は出来ても、肝心のセキュリティは韓国式で隙だらけ。
骨の髄まで安全不感症だからね?
ハッカーの遊び場に転落する自称IT強国。(笑)

韓国企業や韓国のサイトに登録する=100%個人情報は流出する。
ハッキングは想定内。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック