かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【調子に乗ってやらかす・・・報復激化?】

【ムン大統領『THAADは主権事項・・・中国の不当な干渉間違っている』】
2017.07.01 17:50 KOREA TIMES

中国の懸念理解するが韓国の主権、決定に不当な干渉は間違っている
北核挑発は違法、韓米軍事訓練は合法・・・違法と合法は交換出来ない
挑発中断約束すれば対話可能・・・抑留アメリカ国民の釈放も正しい条件に出来る


 ムン・ジェイン大統領は30日(現地時間)、「THAADの配備は韓国の主権事項で、韓国の決定に中国が不当に干渉する事は間違っている」と話した。

 ムン大統領は同日、CSIS(戦略国際問題研究所)の講演で、「THAADの配備についての中国の懸念は理解するが、それを理由にした経済報復は不当な事の為、撤回を強く要求する」と力説した。ムン大統領のこの発言は、スコット・ケネディCSIS中国関係副所長が、「中国は、THAADの配備に一貫して反対し、不満を示す為ロッテに報復している。韓中関係をどう解決するのか?」と尋ねた事への回答である。

 ムン大統領は、「中国が反対するTHAADの配備決定前に中国と十分外交的協議をしていないのは事実。政府がTHAADの配備を最終決定するまでの手続き的正当性を踏む過程で、中国と十分協議出来ると思っている」と付け加えた。

 ワシントンポストのコラムニストが、「トランプ政権はこれまで、北朝鮮の核実験凍結の代価としての韓米軍事訓練の縮小や調整に同意しないと言って来たが、ムン・チョンイン特別補佐官は、北朝鮮がそのように提案すれば考慮出来ると言っていた。対北朝鮮関与を開始する為、どんな譲歩が出来ると思っているのか?」と尋ねた。ムン大統領は、「北朝鮮の核・ミサイルの挑発は、国際法違反で、韓米軍事訓練は合法な訓練。違法なものと合法なものは交換出来ないと思っている。違法な行動に補償を与えてはならないと思う。その為、北朝鮮の核・ミサイルの挑発中断の条件として、韓米訓練を中止出来ない事は韓国とアメリカの古くからの公式的な立場」と話した。

 ムン大統領は、「ムン・チョンイン特別補佐官の主張は、教授個人の意見。しかし、トランプ大統領も、正しい条件になれば、北朝鮮と対話出来ると言ったが、どんな条件が揃えば北朝鮮と対話するのか?我々は知恵を集める必要がある。例えば、北朝鮮が核・ミサイルの挑発を中止すると約束すれば、北朝鮮と対話出来る。更に、北朝鮮がアメリカ国民3人を釈放すれば、それが正しい条件になると思っている。条件を現段階で明確に言う事は出来ず、韓米両国が情勢を見ながら決める事である」と話した。

 「万一、北朝鮮の核・ミサイルの凍結が対話の入口だとすれば、出口は北朝鮮の核の完全な廃棄。完全な核廃棄に至るまで、北朝鮮と韓米両国は様々な段階的な対応を取れる。1つ1つの段階を検証する必要がる」と強調した。

 同日、CSISのディナーには、元駐韓アメリカ大使のアレキサンダー・バーシュボウ、トーマス・ハーバード、CSISのジョン・ハムレ所長、ビクター・チャCSIS韓国部長、ブルッキングス研究員のジョナサン・ポラック上級ケイン研究員、コリン・パウエルア元国務長官など、アメリカ国内の朝鮮半島専門約150人が出席した。
http://www.hankookilbo.com/v/2afd255d6980430ab6cf159b1ced27e1

ムンさんは、調子に乗って失敗するタイプかも?と思っていたけど、案の定そうだった。
極左から180度転換し、まるで保守のような事を・・・。
北朝鮮は早速批判してるけど、ムン・ジェインを動かす民主労組はいいの?(笑)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック