かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【必死のアピールの裏側・・・大失敗】

【米議員、まるで面接官のようにムン大統領に『速射砲質問』吐き出す】
2017.06.30 11:36 東亞日報朝鮮語版

2_2017063013204752a.jpg

1_2017063013204605f.jpg

3_20170630132044f45.jpg

 アメリカの上・下院議員は、朝鮮半島のTHAAD配備、韓米FTA問題に高い関心を示した。

 アメリカの議員は、まるでムン・ジェイン大統領を面接するかのように、韓米の敏感な懸案について、濾過せず質問を集中的に吐き出した。

 この問題は、韓米の異見が予想される懸案で、韓米首脳会談でどんな結果が導き出されるのか?に耳目が集中している。

 ムン・ジェイン大統領は29日(現地時間)、アメリカ議会を訪れ、韓米共通の懸案について意見を交換した。

 この席で、アメリカの上・下院議員は、北朝鮮問題を最も多く質問した。特に、北核問題の解決に於ける強力な韓米同盟の必要性を強調した。北核問題は、トランプ大統領が最優先課題に設定する程、韓米の協力の幅が広いと評価されている。

 ポール・ライアン下院議長は、「中国が北核問題の解決の為、更に関与すべきと思うが、ムン大統領はどう思う?」とし、中国の役割を浮上させた。ムン大統領は、中国が北核問題で、更に役割を果たす事が出来る可能性があると答えた。

 北朝鮮を非核化するには、中国の役割を引き出す必要があるとのアメリカの主張にムン大統領が同意した事になる。

民主党のナンシー・ペロシ下院院内代表は、北朝鮮の武器の販売と拡散に懸念を示し、共和党のリンジー・グラハム上院議員は、北朝鮮に平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックへの参加を提案した事を取り上げ、「北朝鮮に誤ったシグナルを与える可能性がある」と指摘した。

 アメリカ議会は、環境影響評価でTHAADの配備が遅れる事を懸念している事が如実に現れた。

 ポール・ライアン下院議長は、「THAAD体制は両国の国民の防衛に必要で、安保の重要な手段であるが、どう考えているのか?」と尋ねた。

 ムン大統領は、「新政権がTHAADを覆すつもりで延期しているのでは無いか?と言う疑念は捨てていい」とし、アメリカの懸念解消に集中した。

 マック・ソーンベリー下院軍事委員長は、「THAAD関連の回答に感謝する」と言い、民主党のステニー・ホイヤー 下院院内総務も、「THAAD関連の回答に満足している」と伝えた。首脳会談が、THAAD問題で不快な雰囲気になる可能性が低下したとの評価である。

 韓米FTAの履行についてのアメリカの関心が現れた。民主党のステニー・ホイヤー 下院院内総務は、韓米FTAの履行状況についての説明をムン大統領に要求した。

 トランプ大統領は、『偉大なアメリカ』を掲げ、アメリカの利益を強調して来た。つまり、アメリカの利益にならないと判断される不公正な貿易協定は解消すると言う事である。


 その一環としてTPPを脱退し、北米自由貿易協定を再交渉している。韓米FTAの履行への関心が高くならざる得ない状況である。

 ムン大統領は、「アメリカの心配は、商品の交易で韓国の黒字が多いと言う事だが、サービス分野ではアメリカの黒字が多く、韓国の対米投資額は、アメリカの対韓投資より遥かに多い。全体を総合すれば、利益のバランスはとれている」と説明した。
http://news.donga.com/NewsStand/3/all/20170630/85135826/1

ムン・ジェイン政権と韓国メディアは、『格』と、『上手く行ってる感』をアピールする事に必死。
礼遇は国賓級だとか、アメリカが特別に配慮してディナーにビビンバを出したとか、4秒握手したとか、肩に手をあげたとか、くだらない事を延々と報じている。

が・・・実際は、相当シビアで、雰囲気が悪いと予想。
メディアに公開されている会談が、こんな感じなんだから非公開の会談は推して知るべしでしょ?

ハッキリ言って、失敗、イヤ大失敗だと思いますね?
アメリカに媚びる事しか出来てないんだから。

【『彼は信用出来ない』
・・・ホワイトハウスの強硬派の参謀トランプに助言説】

2017.06.30 11:07 韓国経済

ムン・ジェイン大統領訪米初日

『異常気流』に政府緊張
『THAAD配備問題を巡り、信じらないほどのインクがこぼれ、曖昧な発言覆す可能性』


 韓米首脳会談を控え、28日(現地時間)ホワイトハウス周辺で、『異常気流』が感知され、韓国政府の関係者を緊張させた。

 ホワイトハウス内部で、参謀がトランプ大統領に、『彼(ムン・ジェイン大統領)は信用出来ない(don’t trust him)』と伝えたと噂されていた。THAAD配備問題が示しているように、ムン大統領は支持者と反対者の両方に曖昧な発言をし、いつでも状況を覆す事が出来る可能性を残している為、首脳会談で彼の発言を額面通り受け取ってはならないと助言したと言う事である。

 ホワイトハウスの事情に明るい某消息筋は、「経済・外交・安保分野で、『アメリカ優先主義』を強調するスティーブン・バノン首席戦略官・大統領上級顧問など強硬派は、そう主張している」と伝えた。

 同日、ホワイトハウスの高位関係者は、THAADの配備問題について、「すでに、(両国で)信じられないほどのインクがこぼれている。両首脳がこの問題を議論の中心に置いて扱うとは考えていない」と話した。更に「ムン大統領とカン・ギョンファ外交部長官は、THAADの配備完了に手続きが必要だと言う事を明確にしたが、それが決定を覆す事と同一視してはならない」と強調した。

 ワシントンの外交消息筋は、「THAAD問題は、主な議題では無いが、両首脳が問題を確認しあう可能性がある」と話した。

 ホワイトハウスの高位関係者は、防衛費の分担問題などの問題では、意見の調整が難しくない事を示唆した。「韓国は、様々な面で模範的な同盟で、米軍の駐留を支援する為、多額の金を使って来た」とし、京畿(キョンギ)平沢(ピョンテク)のキャンプ・ハンフリーの駐留費用の92%を韓国が負担している事実を例示した。
http://news.hankyung.com/article/2017062932151?nv=3

『彼は信用出来ない』・・・始まる前に終わってました。(笑)

米韓FTAの見直しも決定だって。

【韓米両国、ディナー中の対話内容公表しない事で合意なぜ?】
2017.06.30 16:07 東亞日報朝鮮語版

 ムン・ジェイン大統領とトランプ大統領は29日(現地時間)、ホワイトハウスのディナーで、韓米同盟の強化、北核問題、韓米FTAなど、幅広い問題について2時間率直に対話した。

 ユン・ヨンチャン大統領府国民疎通首席は同日、ワシントンD.Cの某ホテルに用意されたプレスルームで、「両国首脳の対話は、終始率直に、真剣に行われ、朝鮮半島の様々な懸案を建設的に議論した」と発表した。

 ユン主席によると、両国首脳は、ディナーの開始から両国の懸案について、率直に意見を交換し、当初午後7時30分の予定だったディナは、20分超えて午後7時50分頃に終わった。

 初めは多少緊張した雰囲気で始まった対話は、時間が経つほど友好的な雰囲気になって行った。

 両首脳は、堅固な韓米同盟に基づき、両国が北朝鮮の核問題、朝鮮半島の平和、経済の繁栄を盛り上げる事で一致した。


 両国はディナー中の対話内容を公表しない事で合意し、具体的にどんな議題を議論したのか?は確認されていないが、北核問題、THAAD、韓米FTA問題がテーブルに上がったと思われる。

 トランプ政権が、『韓米貿易不均衡』への強い意志を表明し、韓米FTA問題についての議論が重点的に扱われた可能性があると思われる。

 実際、トランプ大統領はディナーの冒頭の発言で、ムン大統領と北朝鮮問題、貿易問題を議論すると発表し、ディナーの直後、Twiiterに、「韓国の大統領との非常に良い対話が丁度終わった。北朝鮮と新たな貿易協定を含む、様々な案件を議論した」と投稿している。

 トランプ大統領が言及した『新たな貿易協定』は、韓米FTAに関連すると思われ、注目される。

 トランプ大統領は、大統領選中から韓米FTAの廃棄、又は再協議を要求して来た。

 ムン大統領は28日、専用機の中で行われた記者懇談会で、「(現在の韓米FTA協定は、)両国の利益のバランスが取れていると思う。韓米FTAが更に互恵的関係に繋がり、発展する必要があれば協議すべきで、いつでも『経済対話』に応じる事が出来る」と議論の可能性を残した。

 大統領府の核心関係者は、韓米FTAの再協議の可能性を尋ねる質問に、「これ以上話せない。我々も様々な主題について話した。十分意見交換した。トランプ大統領が、どのような意味で(ツイッターに)投稿したのか分からず、何も言えない」と、具体的な言及を避けた。

 同時に、ムン大統領とトランプ大統領はディナー中、THAADの配置問題も議論したと思われる。

 大統領府の核心関係者は、『THAAD問題』については、「韓米両国の懸案にはほぼ全て議論されたと考えて間違いない」と議論された事を示唆した。

 北核問題と韓米同盟の強化についても、意見交換されたと思われる。ムン大統領は、ディナーの挨拶で、「(北朝鮮の)核問題を完全に解決し、朝鮮半島の平和体制を構築する事が究極的な目標で、万一、トランプ大統領が、北朝鮮核問題を解決すれば、歴代の大統領に出来なかった偉大な成果をあげる事で、(トランプ)大統領も、偉大な大統領になる」と話した。

 両首脳のディナー中の対話は、30日の首脳会談の議題に繋がると思われる。

 大統領府の核心関係者は、「これまでの(大統領の話とそう変わらない。今日のディナーは、明日の韓米首脳会談と、その結果に肯定的な影響があると私は考えている」と話した。
http://news.donga.com/NewsStand/3/all/20170630/85138118/1

なぜ?白々しい。
知られたくないから、不都合だから、大失敗だったからに決まってるじゃん!!
記者会見は無し、ディナー中の対話は非公開・・・何しに行ったんだか?

ムンさん、ビビンバは美味しかったニカ?
味わう余裕など無かったって?
食事が喉を通らなかったって?
背中と額に冷や汗が流れ、手は震え、顔は引きつり・・・そんな感じ?(笑)

新たなFTA=現在のFTAは破棄・・・それ以外に、どんな意味が?
まあ、非公開で合意しても、どちらからとも無く漏れ聞こえて来るからケンチャナ!!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック