かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【非正規職の正規職化・・・非正規社員の大量解雇へ】

【ブーメランになった正規職化・・・正規職の甘い夢見て解雇通知受け取った国策研究期間の期間制研究員】
2017.06.19 05:03 国民日報

 A氏は、政府傘下のB研究機関で期間制研究員として働いて4年6ヶ月、1年単位で契約を更新して来た。しかし、13日、青天の霹靂とも言える再契約拒否通知を受け取った。到底納得出来なかった。通常、再契約時、最近1年間の研究実績と勤務評価点を見る。A氏の昨年の研究実績は270点で、最低基準の100点を大幅に上回っていた。

 再契約拒否の理由は、勤務評価点だった。A氏の勤務評価点は、最低基準の80点に1点足りない79点だった。彼は18日、国民日報との通話に、「期間制研究員の平均100~150点を遥かに超える研究実績なのに、基準以下の勤務評価点なのは常識的に理解出来ない。非正規職の正規職転換を控え、一部の非正規職を切る為のトリックと見るしかない」と話した。

 B研究機関は、A氏を含む4人に、再契約拒否を通知した。再契約拒否通知も突然である。B研究機関の人事管理制度によると、契約終了日の1ヶ月前に再契約の可否を通知する事になっている。しかし、30日に契約満了のA氏の場合、約半月前に通報されている。これについて、B研究機関の高位関係者は、「規定に従った人事委員会の正当な手続きである。政府の正規職転換政策とは全く無関係」と説明した。

 公共機関の非正規職が『とんでもないブーメラン』を迎えている。公共機関の非正規職の正規職への転換過程で、一部の非正規職が『解雇の死角地帯』に置かれる可能性があるとの懸念が現実になっている。公共機関は8月末と予想される『正規職転換』を控えている。非正規職の正規職転換による雇用負担拡大に備え、期限満了などを理由とした非正規職の大量解雇状況が拡散する可能性がある。

 雇用労働部と地方労働委員会には、A氏と同様の状況に置かれた公共機関の非正規職の救済の問い合わせが急増している。雇用部の関係者は、「来月中に各公共機関の正規職転換計画を取りまとめる予定になっているが、公共機関が、不要と判断する非正規職の削減後、計画を立てる可能性が高い」と話した。非正規職の雇用の質を向上させるはずの政府の政策が、一部の非正規職の雇用を奪い取る予期せぬ結果を招く可能性があると言う事である。

 更に、大規模な正規職転換が予想される企業の非正規職の削減で、一部の下請け企業の労働力難が深刻化するなどの混乱を招いている。政府の積極的な仲裁が必要だと指摘されている。
http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=005&aid=0001001251&date=20170619&type=1&rankingSeq=7&rankingSectionId=102

予想通り、大量失業時代到来!!(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック