かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【風向きが変わる】

ディック・ダービン議員『アメリは税金9億ドルでTHAAD設置するのに論議は驚くべき事である』
青、上院議員の発言隠蔽論議・・・意図的脱落?
『韓国が望まなければTHAADの予算他に使う』発言知られ
青『隠蔽で無く、覚えていない・・・当然の質問で重要と思わず
2017.06.01 20:02:11 New Daily

 アメリカの上院議員ディック ダービン議員がムン・ジェイン大統領に会った席で質問したTHAADと関連の発言を、大統領府は公開しなかった。

 国内メディアのインタビューで、その事実が報じられると大統領府は一部認めるなど、一歩遅れで説明に乗り出し、不都合な内容の意図的隠蔽、『隠蔽論議』に火が点いている。

 ダービン議員は1日、聯合ニュースのインタビューに、「もしも私が韓国で生活していれば、北朝鮮が戦争勃発時韓国に浴びせる数百発のミサイルから(国民を)守る為に、出来るだけ沢山のTHAADシステムを望む。韓国がTHAADを望まなければ、我が国は9億2,300万ドル(約1兆300億ウォン)を他に使える」と話した。

 更に、ダービン議員は、前日大統領府でムン・ジェイン大統領に伝えたと説明した。

 しかし、前日大統領府が発表したムン・ジェイン大統領とダービン議員の会談後のブリーフィングでは、その発言は公開されなかった。

 前日午後4時~40分間のムン・ジェイン大統領とダービン議員の会談後、パク・スヒョン大統領府報道官はブリーフィングて、「ダービン院内総務は、'韓国到着後、THAADのニュースで溢れていたが、この点についての韓国の考えが聞きたい」と、説明を要求した」と伝えた。

 合わせて、「ムン・ジェイン大統領は、『THAADと関連する措置は、全面的に国内的措置で、既存の決定の変更やアメリカに別のメッセージを伝えようとしているのでは無いと言った」とし、これに対しダービン議員は、「環境的懸念は、合理的で、合法的な手続きに基づいて扱われるべきだと言う事に共感する」と伝え、会談が共感の中で行われた点を強調した。

 しかし、同日の聯合ニュースのインタビューにダービン議員は、大統領府の立場としては不便な内容を質問したと明らかになり、ムン・ジェイン大統領との会談は、全く違う政治的意味を持つ事になった。

 ダービン議員は、民主党の上院院内総務である事に加え、予算決算委委員会、国防小委員会の幹事を務め、実際に予算関連の権限がある事からムン・ジェイン大統領が、度々THAADを論議の的にしよとしている事へのアメリカ政界の不満と懸念を伝えたとの観測もある。

 自由韓国党のチョン・ジュンギルスポークスマンは同日論評で、「ダービン議員は、ムン・ジェイン大統領との面談で、'韓国がTHAADの配備を望まなければ、予算を他に使える」と言ったとしているが、大統領府は問題の発言を公開していない。必ず国民に知らせるべき韓米間の重要な問題を大統領府が意図的に隠蔽していたとすれば、その問題こそ聴聞会と真相調査すべき」と指摘した。

 論議が拡大の兆しを示し、大統領府は慌てて鎮火を試みた。

 大統領府関係者は同日夕方春秋館で取材陣に、「'アメリカの納税者の税金で9.23億ドル投入し、韓国にTHAADを配備する事が論議になる事は驚くべき事だ'との発言はあったが、アメリカの政治家の立場では当然の質問の為、重要な事だと思わなかった」と説明した。

 「ムン・ジェイン大統領の『THAAD配備は北朝鮮の漸増する核・ミサイルの脅威に対応する為の韓米が共同で決めた事で、政権交替した私は、それを軽く考えていない』と言う話にダービン議員は共感した。(ダービン議員の税金発言が)韓米のTHAAD葛藤として露呈してはならない」と付け加えた。

 特に、議論になっている'韓国が望まなければTHAAD関連予算を他に使えると言う発言については、「(昨日の会談でダービン議員のそんな発言を)聞いた記憶が無い」とし、会談の録音にも収録されていないと強調した。
http://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=347178


【ダービンの核心発言スッポリ抜いた大統領府、国民への『報告欠落』】
2017.06.03 05:50 中央日報朝鮮語版

 1日午後、大統領府記者室(春秋館)は騒然となった。前日ムン・ジェイン大統領に会った民主党のディック・ダービン上院議員が、一部のメディアインタビューに、「韓国がTHAAD体系の配備を望まなければ、9億2,300万ドル(約1兆300億ウォン)の関連予算は他に使えるとムン大統領に伝えた」と話した事が知らされたからである。当時、大統領府のブリーフィングでは、そんな内容は全く無かった為、驚いた出入り記者は大統領府関係者の所に集まった。

ムン大統領に会い、「アメリカ人の税金でTHAAD配備、韓国の物議に驚いた」
米議会の不快な雰囲気を表現した発言

ブリーフィングから抜いた大統領府の説明は、
「アメリカ市民としての質問だと思った」


▲記者:ダービン議員の発言は事実か?

▲大統領府関係者:「似た趣旨の発言はあった。『アメリカの納税者の税金でアメリカは韓国のTHAAD配備の為に9億2,300万ドル支払う予定だが、韓国国内でTHAAD配備が大きな議論になる事に驚いた』と言っていた。

▲記者:敏感な発言なのに、昨日(5月31日)なぜ公開しなかったのか?

▲関係者:(ダービン議員の発言が)それほど重要な事とは・・・、アメリカ市民として国益次元で平凡な質問をしている。そう思った」

 大統領府は先月31日のブリーフィングで、ダービン議員が『韓国到着後THAADのニュースで溢れていた』とし、ムン大統領にTHAAD関連の質問を始めたとだけ報告した。大統領府が後に公開した『アメリカの納税者』、『大きな議論になっている事に驚いた』などの文言は抜けていた。大統領府は、ダービン議員の『THAADの予算を他に使える』など、一部の発言については、「そんな話は無かった」と説明した。しかし、そうだとしても大統領とダービン議員の会談中の核心的な内容がブリーフィングから抜けていた事は否定出来ない。韓国国内のTHAAD論議を見守るアメリカ議会の不快な雰囲気を感知出来る言い方である。

 『不良ブリーフィング』の説明も理解出来ない。大統領府関係者は、「ダービン議員の質問は、アメリカの政治家としての(THAADに関連する)状況認識が十分で無い」とか、「アメリカ市民として国益次元で平凡な質問をするんだなと思った」と、熱心に発言の意味を下げた。

 しかし、ダービン議員が、「アメリカの市民レベルの平凡な質問をする人物」であれば、任期序盤で時間に追われる大韓民国の大統領が会ったのは何故か?ブリーフィングの必要も無かったはずである。4選議員でアメリカ議会の歳出委員会、国防小委員会所属のダービン議員の地位を考慮すれば、苦しい言い訳である。元高位外交官は、「ダービン議員は、アメリカの国防予算の1/3を牛耳っている。残りの2/3の予算を牛耳る共和党の院内総務の思いは、もっと深刻だ」と話した。

 ダービン議員の発言の波紋が拡大するのは、先月30日大統領府がTHAAD発射台4基の国防部の『報告欠落』は『非常に衝撃的』だと言うムン大統領の発言を公開したからである。大統領府は、ムン大統領の発言は『全面的に国内的措置』と強調する。

しかし、THAAD自体が朝鮮半島周辺の強国が関係する国際的なイシューで、大統領の関連発言が国内的イシューに留まる事は困難である。更に、相当数のメディアが大きく扱ったダービン議員の発言を、意図的でも、そうで無くとも、大統領府がブリーフィングから抜いた事は、国民への『報告欠落』では無いかと言う思いを消す事は困難である。
http://news.joins.com/article/21634231

現実を突き付けられて目が覚めたって感じ?
残念ながら遅すぎだわ。
現実を知らな過ぎる。

在韓米軍の撤退は、すでに上院・下院米国議会で承認され、韓国が喚こうとと騒ごうと関係なく実施される。
って言うか、とうに始まっている事なのよね?
ついこの間の在韓米軍の一部装備の撤去案も、在韓米軍を身軽にする為だし・・・。
アメリカは、目立たないように準備し続けているし、安倍総理はその事を知っている。
オーストラリア・インドなど、関係国も当然知っている。

今更気付いたところで、どうにもなりません。(笑)

【我が国がTHAAD撤去を主張すれば、
トランプは在韓米軍を撤退させる可能性がある】

2017.06.05 03:03 朝鮮日報朝鮮語版

トランプは『強硬派に見えるが経済学を専攻した合理主義者
彼の交渉戦略分析せず、我々は訳もなくトランプ嫌い

パク大統領を罪人扱い
憎悪・復讐心に燃える反対勢力はスッキリするが、我々を貶める

 「私は、ムン・ジェイン大統領を極端な左派と思っていたが現実感覚はあるらしい。韓米首脳会談を懸念しているが、どんな意見の衝突が?当選後、初の会談でしょう?和気藹々でしょう。会見場で'韓米同盟を更に堅固にしようと握手するだろう」

 キム・チャンジュン(78)氏は、「私はそう思う。そうで無ければ、勝手にしろと言えばいい」と自身の見方を示した。彼は、アジア系で唯一の共和党の元下院議員である。昨年10月、国内メディアがヒラリーの優勢を報じる時、彼は著書『トランプ大統領に備えよ』でトランプの当選を予想した。

-国内の一部メディアは、THAADの搬入真相調査が韓米関係に影響する
 と懸念していますが?

 「アメリカ政府に、『今回の調査は、全面的に国内的措置』と説明したのでは?
 『衝撃的』としたムン大統領の最初の反応は過剰。我が国の政権内部の問題とし
 て静かに処理すれば良かった。国防部の誰が、こんなに支持率が高いムン大統
 領を騙そうとする。報告の欠落があったとしても単純ミスと思われる」

-故意で無かったと言う事ですか?与党は、真相調査の為、聴聞会を開くと攻撃
 しています。

 「THAAD1基の砲台は6つで、1基は8つの砲列で構成される。1砲台は48発を
 同時に撃つ事が出来る。THAAD一式の搬入は、すでに合意されたもので、2基
 搬入後4基追加された事の何が問題なのか?追加で4基搬入されるシーンをメデ
 ィアは、すでに報じていたでは無いか」

-大統領選挙中、トランプ大統領が「韓国にTHAADの配置費用として10億ドル
 (1兆ウォン台)請求する」と言う発言も『裏合意』疑惑を生みました。THAAD賛
 成の保守勢力までもが「いつ我々が頼んだか?それなら持って帰れ」と反応し
 ました。

 「原文を読んだが、そんな趣旨では無かった。ストレートだからだろう。当時、大統
 領候補の中に、『当選すればTHAADを送り返す』と言う人がいた為、恐らくトラン
 プの性格が出たのだと思う。在韓米軍28,000人の保護の為のTHAAD配備な
 のに、それは韓国のモノか?厳格にはアメリカのモノで、『SOFA(駐韓米軍地位
 に関する協定)』に従って配備する。韓国が購入したモノであれば太平洋に捨て
 てもいいが、そうする事は出来ない。日本は、我が国とは違う。日本は、THAAD
 を2基購入した」

-THAAD配備の我が国の費用負担はどうなりますか?
 「後でジョン・マケイン上院議員は、『韓国の費用負担ない』と訂正したはずでは?
 なぜマケインの言う事が信じられない。請求書が飛んで来たのか?」

-ムン・ジェインの外交安保補佐官は、某週刊誌のインタビューに、「THAAD配
 備の手続き的正当性に問題がある。アメリカに暫定的に中止を要求する必要が
 ある」としています。

 「それは大統領府の公式のもの?ならば『SOFA』の条項を変える必要がある。
 万一、我が国がTHAADの撤去を主張すれば、トランプ政権は在韓米軍を撤退さ
 せる可能性がある」

-現政権は、THAADの問題をアメリカ・中国との『交渉カード』と考えているよう
 です。

 「一体、何を交渉するの?THAADの配備と撤去2つに1つしかない。安保が優
 先。安保が揺れれば海外の投資も流出する」

-優先順位はそうでも、現実的に中国の経済的圧力がある。
 「中国の関心を買う事が重要か?我が国の安保が重要か?THAADを配備後、
 我が国が中国をどう説得するかの問題。現政権になって、中国の報復解消の兆
 しがある。ムン大統領は中国との対話が上手いと思う」

-現政権は、韓半島の主要な懸案で、アメリカとの立場の差を狭められますか?
 「この前トランプ政権は、北朝鮮の核保有国不認定、全ての対北朝鮮制裁と圧
 力、北朝鮮の政権交替を推進しない、最終的に対話で問題解決の『4大対北朝
 鮮基調』を発表し、韓国政府も異見は無かった事が分かっている」

-開城(ケソン)工業団地、金剛山(クムガンサン)観光の再開、対北朝鮮交流協
 力事業をどう思いますか?

 「それが朝鮮半島問題の解決に何か役立つの?以前やってどうだった?世界が
 反対する今、交易出来るとでも?そうなれば、我が国が『制裁』の対象になる。何
 より、キム・ジョンウンは余りに遠くへ行った。我が国が、何をしようとしても、ミサ
 イルを撃っているではないか。今の状況では、日本と協力し、『韓・米・日3者共同
 防衛条約』を締結すべきだと思う。それが我が国の生きる道である」

-慰安婦問題の合意破棄を巡り、日本と葛藤が続いているのですが?
 「韓国・日本政府間ですでに合意したのでは?」

-当事者の慰安婦ハルモニの意思とは関係の無い政府間合意は受け入れる事
 が出来ないと言う事です

 「日本に曽祖父がやった事を謝罪し続けろと?アメリカは長崎と広島に原爆を落
 とし約10万人亡くなった。しかし、米国と日本は、安保のパートナーになった」

-日本は戦争を起こした側です。
 「我々は、その前にバカのように国を失い日本に併合された。国益と安保の問題
 を感情的に処理してどうする。隣国とずっと仇同士の関係でいるつもり?」

-昨年10月に出版された著書『トランプ大統領に備えよ』が、トランプの当選を当
 てたと注目されましたよね?

 「私は彼の熱烈なファンだから書いた。開票前日までは1日1冊、当選後毎日
 500冊売れた」

-好きな事と当選予想は違いますよね?当時、トランプの支持率はヒラリーとは
 比べ物にならなかった。

 「政治は『感覚』である。政治に学問や学位が必要?感覚でしょう?トランプは、
 アメリカの保守層の情緒を代弁した。私は白人の街で50年生活したから根底に
 ある情緒が分かる。中国から安い製品が輸入され、白人は雇用を失い、中産階
 級は崩壊した。『強いアメリカの復活』と言うトランプの演説が支持された。もし、2
 年前に選挙があればトランプは当選しなかった」

-トランプは、寛容、人権、自由貿易などアメリカの伝統的な価値と異なります。
 「その結果がアメリカの赤字と衰退だった。トランプは、アメリカを生かすと言う。
 保守の有権者の中には堂々とトランプ支持を宣言しない隠れ支持者が大勢い
 た。投票場のCCTVに記録されている」

-トランプの交渉戦略をより深く研究する必要があるとおっしゃいましたね?
 「彼はビジネスマンである。外交でも、政治でも、あらゆる事を交渉対象と考える。
 乱暴な発言は交渉前の制圧用の場合が多い」

-トランプは『強硬派』だと思いますが、あなたは経済学を専攻した合理主義
 者だとおっしゃいました。

 「非合理的な事が何かある?自分の所信を言っているだけなのに我々が気に入
 らなければ非合理的?」

-アメリカの大統領にふさわしい品格があるのか疑問です。
 「彼は、伝統的な大統領では無い。これまでのアメリカ大統領は、反応を調査し、
 思慮深く発言した。トランプのようにTwitterで発信する事はなかった。トランプ
 は、政治経歴が無いだけで無く、1人であらゆる事をこなして来た。自分の思い通
 りに不動産会社を経営して来た習慣は、簡単には変わらない。大企業には株主
 や理事会があるが、トランプの不動産会社にそんなものは無い」

-トランプに会った事は?
 「私が活動している時、彼は政治家で無かった為、チャンスは無かった。しかし、
 最近毎日メディアに登場する。そのインタビューを見れば判断出来る」

-『ロシアスキャンダル』で、トランプの弾劾が言われていますが?
 「断言する。絶対に弾劾されない。我々はトランプを訳もなく嫌う。我が国に在韓
 米軍の分担金やTHAADの費用を払えと言うから?しかし、いつ請求書が飛んで
 来た。トランプは、FTAの廃棄や再協議を主張しているが、我が国に何か問題
 が?何か困る事が?その時交渉すればいい」

-弾劾の話が出たついでにパク・クネ大統領の弾劾についてどう思いますか?
 「弾劾前に大統領を辞任すれば良かった。彼女は、未だに無罪を主張している
 が・・・船が沈む時、船長は一緒に死ぬ。本人の善し悪しは関係無い。ニクソンは
 上院の弾劾手続き前に辞任した。副大統領のフォードが大統領に就任し赦免し
 た」

-我が国の法制度では確定判決が出なければ赦免は不可能です。手錠をかけ
 たパク大統領を見てストレスを感じる国民は少なくないでしょう。法の前で万人
 が平等と言う論理だが、これほどまでになったのは群衆心理が作用したようで
 す。

 「拘束するのは証拠隠滅・逃亡の恐れがある時だけのはずだが?元大統領をあ
 んな風に罪人扱いするか?有罪・無罪次元では無い。一時、国民が選んだ大統
 領である。憎悪と復讐心に燃える反対勢力はスッキリするだろうが、これは結局、
 我々自身を貶める事になる」

-現在の保守陣営の分裂もパク大統領が原因で始まりました。
 「アメリカの2党制は300年になったが保守が分裂した事は無い。長い保守政
 党、国民が選んだ多数党が、たった1人の大統領が原因で分裂するなんて本当
 に笑わせる。『真正保守』だとか、『偽保守』だとか言う事に意味はあるの?協力
 すべきでしょう。それとも政府の足を引っ張って反対しながら過ごす?保守政党
 は恥を知るべきである」

※キム・チャンジュン
1961年アメリカ留学。南カリフォルニア大学で土木工学専攻。高速道路と下水処理の設計専門会社を経営するダイヤモンドバー市会議員・市長を経て1992年、共和党候補者としてカリフォルニア州連邦下院議員を6年務める。現在、国内で『キム・チャンジュン情景アカデミー』、『キム・チャンジュン未来韓米財団」を運営。歌手チョ・ヨンピル氏と義理の兄弟(婿同志

)。
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/06/04/2017060401897.html

朝鮮日報の記者には引き出したい回答があって、満足の行く回答を得ようと必死なのが伝わって来る。
残念ながら、ことごとく論破されてるけどね。(笑)

反日の反対は用日。
韓国に親日派とか、知日派なんていません。
仮にいてもメディアに登場する事は絶対無い。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック