かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【軍の解体を目論むムン・ジェイン】

【パク・ジュソン『ムン政権THAAD大げさ、政治的意図疑われる』】
2017.05.31 10:19 東亞日報朝鮮語版

『青-国防部の真実攻防自体驚くべきで衝撃的』

 パク・ジュソン国民の党非常対策委員長は31日、ムン・ジェイン大統領のTHAADの発射台4基の国内搬入真相調査の指示について、「メディア報道を確認しても、把握した事実を大げさに騒ぐのはムン・ジェイン政権の無能を示す事で、別の政治的意図を疑わざるを得ない」と皮肉った。

 パク非常対策委員長は同日午前、国会非常対策委で、「THAAD(発射台)4基の追加搬入は、4月26日YTNが報じており新たな事実では無い」とし、こう話した。「ムン大統領の真相調査指示は、高位公職者の指名過程で表面化した偽装転入など論議を払拭する為の局面転換用と言うニュアンスで読まれた」

 更に、「THAADの発射台4基の追加搬入報告を巡る大統領府、国政企画諮問委員会、国防部が真実攻防を繰り広げる事自体驚くべきで、衝撃的」と指摘した。

 彼は「THAADは韓米のど真ん中の最大の外交懸案で、国民は大統領が就任後直ちにTHAADと外交懸案に能動的に対応すると信じて期待したが、実際はムン大統領の安保と外交的対応は杜撰極まりないアマチュアレベルだった」と非難した。

 パク委員長は特に、「29日、THAAD4基の追加搬入の報告が抜けていた事実を知ったと言う大統領府の発表通りであれば、17日と18日(出国した)ホン・ソッヒョン特使とイ・ヘチャン特使は、THAADが何基配備されたのかも分からず、手ぶらで習近平とトランプに会い話した事になる」と指摘した。

 「緊急な外交懸案の解決の為、大統領が特使を派遣し、基本的な懸案も把握していなかった事は、ムン・ジェイン政権の深刻な外交・安保無能を露呈する事。THAADが何機配備されたのか知らず中国を訪れた大統領の特使が中国政府と何を話し、どんな成果を上げたのか納得する事は困難」と一喝した。

 更に、「この問題は、国会次元で徹底的に真相調査する必要がある」と話した。
http://news.donga.com/NewsStand/3/all/20170531/84647055/1

THAADミサイルは、Xバンドレーダーと6基の発射台がSETだと言う事は一般国民も知っている事で、2基導入された際、残り4基・・・と、日本のメディアも報じていた。
なのに、ムンさんは知らなかった?(笑)

軍から保守派を追い出す事が目的で騒いでいるだけとしか思えない。
ノ・ムヒョン時代、国家情報院と軍の保守派は相当数追い出され、北の工作員が大量に流入し、現在の韓国軍になりました。(笑)
ムン・ジェインは、国家情報院と軍の実質解体を目論んでいるのでは?

【韓国新政権】

韓国国防省が意図的に隠蔽?
 THAAD搬入めぐる騒動 「何を今さら」との大統領批判も

2017.6.1 01:26 産経新聞

 【ソウル=名村隆寛】米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の発射台4基が韓国内に追加搬入されていたことを文在寅(ムン・ジェイン)大統領が知らされていなかったという問題で、大統領府は31日、国防省による意図的な隠蔽(いんぺい)とみられるとの調査結果を明らかにした。

 在韓米軍は米韓間の合意に従い、4月26日、THAADの配備先に発射台や高性能のXバンドレーダーなどを搬入、設置した。国防省は5月25日の国政企画諮問委員会への業務報告でこの時、発射台2基を搬入したと伝えたが、4基の追加については報告がなかったという。その後の追加報告で4基の追加搬入が確認され、文氏は「非常に衝撃的だ」とし調査を指示した。

 ただ、THAADは6基の発射台とレーダーで運用されるシステムだ。この点は韓国メディアがこれまでに報じており、問題の4基についても車両に積載、移動させられる様子が韓国のテレビ局のカメラで確認されている。

 THAADが発射台6基で1セットという仕組みに加え、搬入が公然の事実であるにもかかわらず、不快感を示す文大統領に対し、「今さら何が『衝撃的』なのか」「理解に苦しむ」(韓国紙)との批判も出ている。

 大統領府は「国民の知る権利を放棄したことへの責任追及であり、政治的意図はない」としていたが、韓民求(ハン・ミング)国防相らを調査する方針だ。国防省幹部の処分の可能性も出てきた。
http://www.sankei.com/world/news/170601/wor1706010008-n1.html

やっぱりね?
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック