かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【更に悪化する】

【イ・ヘチャン特使の訪中当日
ロッテマートの営業許可した中国・・・4日後、再び営業停止】

2017.05.27 03:00 東亞日報朝鮮語版

 政府の特使団が訪中した19日、ロッテマート3店舗の営業を許可した中国が特使団の帰国から2日後の23日再び営業停止にした事が確認された。経済報復解除への一部の期待とは異なり、中国政府は、「THAADを解決せずに報復の緩和は無い」と言う意志を示したと見られている。

 26日、複数の財界、ロッテ関係者によると、中国ロッテマート3店舗の営業停止は、19日に解除され、4日後の消防点検で営業停止処分に変わった。地方政府が営業を許可し、中央政府の圧力で覆した事が分かった。ロッテ関係者は、「結果的に、営業停止店舗は74店舗、自主休業13店舗、合わせて87店舗が営業していない現状は変わらない」と話した。

 初めて営業停止が解除された19日は、イ・ヘチャン元首相がムン・ジェイン大統領の特使として習近平国家主席に面会した日である。同時刻、アメリカのレックス・ティラーソン国務長官は、ホン・ソクヒョン対米特使との面会で、「国務省が接触したが、(中国の)ロッテの制裁は、少しずつ解決しそうだ」と発言していた。

 ロッテ内部でも、『THAAD解氷期』への期待を持ち、営業停止解除を覆す決定で、中国政府の報復基調に変わりは無い事を感知した事が分かった。某財界関係者は、「中国政府は、韓国が新政権に変わっただけで、THAADの報復が全て解決したかのように感じている事を不愉快に思っていると言っている」と伝えた。

 現在、国内の観光業界、文化芸術界では、中国の報復緩和への期待が大きい。ムン大統領の当選直後の習氏の祝電(10日)、ムン大統領との電話(11日)、一帯一路フォーラムでの韓国代表団との面会(14日)、中国特使団との面会(19日)が続いたからである。和解の雰囲気が高まり、アモーレパシフィックなどは、大衆マーケティングを展開し始めている。

 某免税店の関係者は、「韓中の疎通開始は良い変化だが、THAAD配備への両国の政府の見解の相違が絞られていない状態で慎重に見守っている」と話した。
http://news.donga.com/NewsStand/3/all/20170527/84586703/1

最低でも6月の米韓首脳会談まで報復は続くと予想。

韓国政府関係者が成果を強調したいが為にありもしない事を言うのはいつもの事。
特使は帰国後、成果を強調する為に、楊潔篪外相が、「韓国の懸念はよく分かっている。前向きに努力する」と話したと発言した事で、韓国メディアは一気に氷結ムードに・・・。

が・・・韓国の対中特使団に対し、韓半島(朝鮮半島)に配備された終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の「完全なる撤回」を強く迫ったと朝鮮日報が報じている。
THAAD配備を撤回すれば飴をくれる、撤回しなければ制裁が更に激化すると言う事ですな?

飴欲しさに撤回するのか?
飴を諦め、アメリカに媚びるのか?
6月の首脳会談まで分からないけど、撤回出来ないに1票!!(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック