かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【わ~はっは!!】

【トラクターの潤滑油をアメリカ産に偽造し軍納した一味逮捕
・・・戦闘機墜落リスク】

2017.05.25 15:07 イーデイリー

警察・軍、国内産低価格潤滑油をアメリカ産に偽装した会社の代表逮捕
軍の粗末な検収体系悪用し、商標・テストの成績書など偽造して納品
戦闘機墜落の危機、回航・軍艦の電磁基盤損傷など被害深刻


 低質で安価なトラクター用潤滑油を、軍の戦闘機・ヘリコプター・軍艦に使用するアメリカ産の特殊潤滑油に偽造して供給し、十数億ウォン横領した軍納入会社の関係者が逮捕された。軍が物資の納品過程を粗末に監督した為に可能だったこの犯行のせいで、軍の主な武器と装備に重大な欠陥が発生している。

 警察庁知能犯罪捜査隊と国防部調査本部の共同捜査の結果、特定経済犯罪加重処罰法上の詐欺、公文書偽造、偽造公文書行使などの容疑で、元軍副士官で潤滑油製造会社の代表イ某(58)容疑者を逮捕し、社員2人は書類送検したと25日発表した。

 警察によるとイ氏は、2014年4月~昨年6月まで、国内で製造したトラクター・バイク用潤滑油に偽の商標ラベルを貼り、アメリカの有名メーカーの特殊潤滑油に偽造する手法で34品目を43回防衛事業庁に納品し、約15億ウォン横領した容疑を持たれている。

 警察の調査の結果、イ氏は軍がアメリカ産製品の検収時、きちんと性能を調査せず、数量、包装状態、破損の有無を目視する点を悪用した。彼は、模造潤滑油をアメリカ産の正規ラベルを貼った容器に入れ、アメリカに送付後、放射庁が指定した海外野積場に移した。彼は現地で粗末な検収を受けた偽造潤滑油を国内に逆輸入し、偽造したテストの成績書や輸入申請証を提示し、軍に納品した。

 この潤滑油を使った武器と装備には深刻な問題が発生した。空軍の戦闘機は、運航中機体の振動とエンジンシリンダーヘッドの亀裂損傷で墜落リスクが発生し、早期回航した。

 海軍のヘリコプターは、長期間の使用で機体が損傷するリスクが見付かった。海軍の軍艦は、防錆剤(錆防止製品)が原因で推進制御装置の電磁基盤が溶けた。

 イ氏はこの他、2014年12月にも同様の手口で国内の某火力発電所に国産の安価な潤滑油をアメリカ産の『タービン作動油』に偽造して納品し、2,300万ウォン相当を横領した容疑も持たれている。しかし、この発電所は、模造潤滑油を使用しておらず発電設備に被害はなかった。

 警察は、イ氏が防衛産業関連企業などにも偽造潤滑油を納品したのか調査する為、捜査を拡大している。警察は捜査結果を基に、放射庁に徹底した検収作業を行うよう制度改善を勧告した。
http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?newsid=03509606615932528&SCD=JG31&DCD=A00703


【海軍、レイプ被害者の女性大尉自殺・・・加害者の大佐緊急逮捕】
加害者の大佐『準強姦容疑』で逮捕・・・海軍『犯罪行為発覚時、厳重に処罰』
2017.05.25 15:33 Monay Today

 忠南(チュンナム)鶏龍(ケリョン)海軍本部のA大尉(女)が、24日宿舎で首を吊って遺体で見付かった。海軍は、A大尉が直属の上官であるB大佐にレイプされた状況を掴み、B大佐を準強姦容疑で緊急逮捕し、捜査に着手した。

 海軍は25日、「徹底的に捜査し、犯罪行為が発覚すれば関連法に従い厳重に処罰する」と発表した。

 海軍によると、A大尉の遺体が見付かった宿舎に遺書は無かったが、ポストイットに書かれたメモがあった。メモには、「こうして空手で行く。明日んは、この世にいない」と書かれたいた事が分かった。

 A大尉は前日の24日出勤せず、電話にも出なかった。それを不思議に思ったA大尉のオフィスの幹部が宿舎を訪ね、A大尉の遺体を見付けた。

 その後、連絡を受けて駆け付けた家族がA大尉の民間の友人に連絡し、友人の1人に「A大尉はレイプされたと告白していた」と聞いた。

 A大尉の家族は、娘が亡くなった現場にいた直属の上官B大佐を追及し、B大佐は一部を認めた。それに伴い、軍の捜査官は、現場からB大佐を任意同行の形で連行し、調査後逮捕した。
http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2017052514417642303&cast=1&STAND

米軍にも偽ガソリンを納品するような国だし、偽造部品も、偽造書類もいつもの事で、別にどうと言う事も・・・。
レイプで自殺・・・これも珍しく無い。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック