かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【倒産したらええ】

【ギッシリ詰まった集団ローン・・・建設会社列倒産の恐怖】
2017.04.19 10:00 韓国経済

契約率95%越えても融資拒否
数十ケ所工事中断危機
差し迫ってた建設会社緊急集会


 金融会社が中途金集団ローンの取扱を中止し、資金力の無い中小建設会社は黒字倒産の恐怖に包まれている。工事中断が現実化する可能性が高まり、建設会社は先月大統領候補に嘆願書を提出し、18日緊急セミナーを開き対策準備を訴えた。

 シム・グァンイル大韓住宅建設協会会長は、同日「中途金ローンの拒否を懸念し、新規分譲を中断する中小建設会社が続出している」と話した。金融会社は、契約率が90%を越えても、中途金集団ローンを拒否しているからである。韓国住宅協会によると、昨年10月~今年1月に分譲された契約率95%以上の30の物件の内、中途金ローンの融資先が見付からない物件は17ヶ所(56.7%)に達する。

 キム・ハンギ韓国住宅協会会長も、「昨年8月以降分譲した物件の内、数十ケ所が、1次中途金の納付を猶予した。2次中途金の納付前まで融資先が見付からなければ近く工事を中断する他無い」と懸念した。韓国住宅協会によると、昨年10月現在、融資先が見付からなかった26ヶ所の半分が、先月末でも融資先が見付かっていない。昨年下半期、慶北慶州(キョンジュ)市で1,000世帯規模のMSを供給したA社は、2次中途金の納付期限が来月12日に近づいているが対策が無い。この会社の関係者は、「契約率が50%に過ぎず、都市銀行は言うまでも無く、第2金融圏でも相手にされない」と話した。

 韓国住宅協会と大韓住宅建設協会は、同日緊急セミナーを開き、対策準備を要求した。ユ・ジュヒョン大韓建設団体総連合会会長は、「集団ローン規制は、無住宅の庶民の家作りを難しくさせ、内需景気の沈滞を招く可能性がある」と主張した。

 金融委員会の高位関係者は、「金融会社は、融資リスクを縮小する為、分譲率を考慮し、融資の可否を決めている」とし、規制緩和の意向は無いと明確にした。
http://land.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2017041895491&nv=3

銀行で金を借りられない建設会社は倒産したらええ。
世の為、人の為や。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック