かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【竹島は日本の領土・・・怯える韓国】

【安倍、北核口実に『戦争出来る日本作り』加速】
2017.04.19 06:24 中央日報朝鮮語版

日本政府、北朝鮮の攻撃緊迫伴う
3段階の防衛対策検討開始
韓国・日本のEEZ重複地にミサイル落ちれば
攻撃とみなし自衛隊出動の可能性も

 安倍晋三政権は、北朝鮮の核・ミサイルの脅威を理由に3段階の防衛対策の検討を開始した。

 読売新聞は、「日本政府は、北朝鮮が日本の領海に弾道ミサイルを発射した場合に備え、自衛隊の戦前配備など、防衛対策を検討している」と18日報じた。安倍政権が、朝鮮半島『4月危機説』を口実に、政権の目標『戦争の出来る国作り』を加速しているとの分析もある。新聞によると、政府が検討している安全保障関連法上の自衛隊の出動状況は3段階に分かれる。1段階目は日本への攻撃の可能性が拡大する『武力攻撃予測事態』である。その場合、自衛隊は防御施設の構築に乗り出す為に推進している弾道ミサイル防御(BMD)システムの強化もココに含まれる。すでに、日本の政党、政治では、THAADや地上型SM-3迎撃システムイージス・アショア(Aegis Ashore)などの日本への導入議論が活発である。安倍総理が17日国会で言及した朝鮮半島有事に備えた避難民収容施設も、防衛施設に含まれると分析されている。イ・ミョンウ世宗(セジョン)研究所外交戦略研究室長は、「有事が発生すれば、自衛隊が出る他無い。東海ルートの北朝鮮の避難民を自衛隊が管理する次元で、事前に収容施設を作る可能性がある」と話した。

 2段階目は、危機が差し迫っている事が明らかな『武力攻撃切迫事態』で、自衛隊は防衛の為、前線配備される。3段階目は、実際に攻撃が発生したとみなす『武力攻撃発生事態』である。日本政府は、個別自衛権を発動し、武力による反撃が可能となる。

 日本の内閣法制局によると、日本は外国による武力攻撃を『日本の領土・領海・領空への組織的・計画的な武力行使』と定義している。現行法の枠でも北朝鮮の弾道ミサイルが日本の領海に落ちれば、自衛隊が出動し、周辺の漁船や民間航空機などの被害があれば、反撃出来ると言う。法制が整備されていなかった以前でも、日本は領有権内で自衛権を発動した例がある。2001年12月九州南西側の東シナ海海上に、北朝鮮の武装工作船が出没した時、海上保安庁と海上自衛隊が結集し撃沈している。

 今回、日本政府が段階別対応策を刷新するのは、最近北朝鮮の弾道ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)に落ちる事が頻発しているからである。先月6日、北朝鮮の弾道ミサイル4発の内3発は、秋田県男鹿半島の西側300~350kmのEEZのに落ちた。近隣の住民に大きな被害が出る事が懸念され、日本は自衛隊に北朝鮮の弾道ミサイルの『破壊(迎撃)』出来る常時命令を発動した。問題は、東海(トンヘ)上の韓国と日本のEEZ重複地域である。特に、日本が領有権を主張する竹島の近海に北朝鮮のミサイルが落ちれば、日本が自衛権を発動する可能性を排除出来ないと言う事である。

ダウンロード (8)

 パク・ヨンジュン国防大学教授は、「19世紀末、日本の軍国主義者などが日本列島を主権ラインに置き、朝鮮半島を利益ラインに設定し、軍事力を膨張していった状況を連想させる。北朝鮮のミサイル発射が、その口実になるようだ」と話した。
http://v.media.daum.net/v/20170419022709316

領土主張に根拠が無い事を十分認識していて、疚しいからこそ自衛隊に怯える訳よね?
竹島は日本の領土だし、チャンスがあれば取りに行くのは当たり前。

出来る事なら北朝鮮のミサイルが竹島に落ちて竹島にいる奴らが死に絶え、無人の竹島を取り戻す方がいいけどね?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック