かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【ウザイから(笑)】

【トランプ・安倍通話・・・なぜ韓国を抜いたのか?】
2017.04.06 14:50 聯合ニュース

コリアパッシングVS大統領不在・・・解釈交錯し
米中首脳会談後、韓米最高位級電話会談予想

 ドナルド・トランプ大統領が北朝鮮の弾道ミサイル発射翌日の6日、安倍晋三総理と通話し、ファン大統領権限代行と通話していない背景が注目されている。

 トランプ大統領と安倍総理が北朝鮮のミサイル発射に関連し、韓国時間午前6時30分~約35分通話した事が確認された。日本メディアは、北朝鮮のミサイル発射を通話のキッカケと説明している。

 米中首脳会談(アメリカ時間6~7日)後、韓米最高位級電話協議の予定と伝えられたが、5日の北朝鮮のミサイル挑発への対応を協議する韓米首脳の通話は無かった。

 韓米はキム・クァンジン国家安保室長とハーバート・レイモンド・マクマスター国家安保補佐官が電話で協議した。

 以前、北朝鮮が弾道ミサイル4発を発射した翌日の先月7日、トランプ大統領は安倍総理に続き、韓国のファン代行と通話している。

 政府当局者は6日、「米中首脳会談を控え、韓米は緊密に調整している」と話した。

 しかし、北朝鮮の弾道ミサイル発射と言う安全保障上の変数の直後、アメリカの大統領が、韓半島問題の当事者の韓国を除き、日本と通話した事は見過ごす事では無いと思う。

 アメリカが韓半島問題の協議から韓国を排除する『コリアパッシング(Korea passing)』が、現実化しているのでは無いかと言われているが、外交当局は強く否定している。

 韓米の緊密な調整が行われ、外部に映る韓日の差は韓国の大統領の空席状況に起因する可能性が高く、統領選挙を終え、新大統領が就任すれば解決される問題と言う事である。

 しかし、トランプ政権が対北朝鮮政策を計画する時、いかなる理由でも、韓国が最優先の議論対象から押し出されている印象を与える事は懸念の恐れがある。

 更に、韓国の大統領の空席期間、アメリカが東アジアの同盟国との関係で、日本を優先する傾向が固まるのでは無いかと懸念されている。

 トランプ大統領は2月23日のメディアインタビューに、北朝鮮のミサイルプログラムに関連し、「極めて危険な状況」と懸念を示し、「日本に非常に不公正だ」と発言したが韓国には触れなかった。

 更に、レックス・ティラーソン国務長官が先月15~19日、韓・中・日3ヶ国歴訪後のメディアインタビューで、日本を「地域で最も重要な同盟国」、韓国を「重要なパートナー」と発言した事も問題になった。

 コミュニケーションに問題があった事で整理されたが、3ヶ国の内韓国だけで晩餐しなかった事も憶測を生んだ。

 結局、来月9日の大統領選挙後、就任する新大統領は韓米首脳会談をキッカケに韓半島問題の第1当事者で、1順位の協議対象は韓国だと言う点をトランプ大統領に明確に刻印する必要があると外交界は見ている。
http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2017/04/06/0503000000AKR20170406055051014.HTML

>なぜ韓国を抜いたのか?
 ウザイから。(笑)
 国家間合意も守れない国は信用されない。
 アメリカを批判する前に、そこに気付け!!

>就任する新大統領は韓米首脳会談をキッカケに韓半島問題の第1当事者で、1順位
 の協議対象は韓国だと言う点をトランプ大統領に明確に刻印する必要がある

 ムン・ジェインじゃあ無理じゃね?
 アメリカより先に北朝鮮を訪問し、開城工業団地の再開を宣言するんでしょ?
 国連決議に反する事を宣言する従北左派の大統領の誕生・・・米韓関係が終わる事
 はあっても、良くなる事は無いと思うわ。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック