かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【真実はどこに?】

【国防部、ハッキングの『証拠隠蔽』・・・隠蔽・縮小する癖再発】
2017.04.06 01:57 中央日報朝鮮語版

軍当局、調査は後回し・・・適当に誤魔化す工夫だけ
事件直後に調査せず、『フォーマット』指示
物証無き捜査・・・3ヶ月何をしたのか自己恥辱感
牛を失って牛舎を直す・・・『証拠隠滅』の責任を取るべき


 昨年12月に発生した国防PCネットワーク(国防網)のハッキング事件の影響が拡大している。これまで軍当局は、どんな秘密文書が流出したのか、どれだけハッキングされたのか正確に発表していない。近く発表される軍当局の調査結果が注目される理由である。しかし、調査結果に問題がある事を示す決定的な端緒が現れた。軍当局が慌てて証拠隠滅を図ったからである。

 軍関係者によると、最も重要な軍事2級秘密も流出したと言う。北朝鮮の侵攻に備え、用意した軍事作戦計画である。万一、北朝鮮に渡ったとすれば、核兵器に劣らない深刻な安全保障上の脅威である。軍当局は、すでに新たな作戦計画に変更した為、大きな被害は無いと言う。しかし、匿名を要求した関係者は、「新たな作戦計画も、既存の作戦計画を基に作成され、流出した文書を全て把握し、補完策を用意する必要がある」と話した。

 補完策を立てるには、どんな資料が、どれだけ流出したのか把握する必要がある。しかし、正確な被害規模は把握出来なくなっている。軍当局が慌てて証拠隠滅を図ったからである。複数の関係者は、「昨年12月、指示がありHDDの保存装置を全てフォーマット(format・初期化)した」と話した。軍当局は、「フォーマットは悪性コードの拡散と追加的な資料流出を防ぐ為の当然の対策」と説明した。勿論、正しい。しかし、流出文書の調査を先行すべきだった。フォーマットをすると被害規模を調査出来なくなるからである。

 慌てて証拠隠滅を図った軍当局の弁解には矛盾がある。ハッキング直後、「軍の内部ネットワークと外部ネットワークを繋ぐ回線を遮断した為、追加流出の可能性は無い」と発表したからである。至急フォーマットを指示した説明としては不足している。PCセキュリティの専門家は、「どのPCがハッキングされたのか、どんな資料が流出したのか確認するには、軍の全てのPCを調査する必要がある」とし、『全数調査』の必要性を強調した。

 昨年のハッキング事件直後、軍当局が被害規模を問う記者に、「正確な被害規模の確認の為、PCを全数調査後、被害結果を判断する」と説明した事とは相反している。調査にかかる時間を理由に、時間を稼いだだけである。しかし、現在は、「全数調査の必要は無い。サーバからハッキングされたPCを特定可能で、選別調査出来る」に変わった。

 しかし、セキュリティー専門家は、「全数調査以外の方法は無い。軍当局の証拠隠滅はハッキングを許した事以上に大きな問題になる可能性がある」と、強く糾弾している。『牛を失って牛舎を直す』と言う諺がある。証拠を隠滅し、牛舎を直す事も出来ない状況になっている」と指摘した。退職した高位当局者は、「やっぱり」と溜息を吐いた。彼は「自己恥辱感を感じる」とし、軍当局の誠意の無い態度に失望感を隠す事が出来なかった。

 米軍の対応は全く異なる。米軍は、イラク・アフガニスタン戦争の後の安定化作戦中の2008年秋、中東地域を担当する中部司令部(CENTCOM)のネットワークから軍事秘密が外部流出した。それを確認した米軍は、大規模な悪性コード撲滅作戦を始めた。『バックショット・ヤンキー作戦』である。この作戦は14ヶ月間続いた。しかし、米軍が最初に着手したのは、どんな資料が流出したのか調査する為のPCの全数調査である。

 軍当局が慌ててフォーマットを指示した事について、関係者の間では、「調査計画は端から無かった」と指摘する。更に、「言えない理由があったのでは?」、「調査結果が耐え難いものだった為、証拠隠滅を図った」との分析もある。事件の真相糾明以上に、後日の暴風の縮小を重視したと言う事である。

 先月初め、軍の調査機関は国防部長官に中間結果を報告したと別の関係者は話した。報告後、事件関係者の処罰の程度が議論されたと言う。軍の捜査機関の中間報告後の先月中旬に会った関係者は、「上層部の指示が無く、調査結果を発表出来ず、指示を待っている」と話した。そんな中、調査期間は延期され、軍当局は現在進行計として言葉を慎んだ。

 幸か不幸か、彼は全てのPCをフォーマットしていなかった。業務上の不便を理由に、相当数の内部ネットワークのPCは、フォーマットせずに使用されていると軍関係者は話した。更に、「ウィルスソフトを再インストールすれば問題無いのでは?」と何度も聞いた。

 まだ間に合う。沈黙を守るだけでは、軍当局は問題を解決出来ない。今からでも積極的に真相を調査し、信賞必罰と根本的な対策を用意する必要があると言う言葉に従うべきである。
http://news.joins.com/article/21445152

ハッキング?
内部に浸透している北朝鮮の工作員が、ハッキングを装って機密を持ち出しただけじゃね?

韓国軍の内部だけじゃなく、政府にも、大統領府にも、諜報機関にも、北朝鮮の工作員が大量に入り込み、好きなだけ機密を入手出来る。
そんな状況で、韓国軍をハッキングする意味は?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック