かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【倒産寸前の詐欺企業カフェベネ】

【国産コーヒー店カフェベネ完全資本蚕食・・・創業9年で最大の危機】
2017.04.04 19:29 聯合ニュース

 韓国産コーヒー専門店『カフェベネ』が完全資本蚕食状態に陥り、創業9年で最大の危機に直面している。

 4日、金融監督院によるとカフェベネは昨年、売上817億ウォン、営業損失134億ウォン、当期純損失336億ウォンを記録している。
 売上が前年比約33%減少する一方、営業損失は18%、当期純損失は25%拡大している。

 赤字の拡大で昨年の利益余剰金は-558億ウォンで、絶対額規模が資本金(432億ウォン)を上回り、資本総計も-148億ウォンで完全資本蚕食状態になっている。

 カフェベネは2008年の創業後、国内で攻撃的に加盟店を拡大し、一時国内外『最大』のコーヒーチェーン規模を誇ったものの2012~2013年、新事業のベーカリー、イタリアンレストラン、ドラッグストアーなどに失敗し危機に陥った。

 2015年9月、経営難を脱する為、『経営正常化』専門家のチェ・スンウ元熊津(ウンジン)食品代表理事を社長兼最高経営者(CEO)に迎え経営正常化作業に集中したが、アメリカなど海外で不振を免れず、なかなか突破口が見付からない。

 しかし、カフェベネ関係者は、「韓流ベンチャーから昨年末と今年1月の2度投資された110億ウォンが帳簿上借入金として計上され誤解が生じた。それを考慮すれば、実質的な利益余剰金は-38億ウォン水準で、完全資本蚕食状態では無い」と主張している。

 彼は、「昨年の個別財務諸表の営業損失は5億5,000万ウォンで、2015年の43億8,000万ウォンに比べ大幅に改善している。アメリカなどの累積損失は、昨年末完全に処理し、ニューヨークのタイムズスクエア店の売上を拡大の為、サービス、物流システムを補完するなど、様々な経営効率化策を摸索している」と付け加えた。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=001&aid=0009162991

まだ存続してたんだ?ビックリ。
音沙汰無しだから倒産したと思ってたわ。(笑)

本業の飲食は赤字で、指定の資材をボッタクリ価格で納品し利益を得るウリジナルモデルの詐欺企業。
アメリカでも、中国でもトラブル続きだった。
負債比率は3,000%を超え、本社ビルや倉庫など売れるものは全て売却し、資産と言えるものは無い。

以前投資したとされるプライベートファンドのKスリーエクイティは、実在するのか?すら確認出来ない怪しい会社だった。
2度で110億ウォン投資したとされる韓流ベンチャー企業も、社名は公表されず、実在するのか?確認出来ない。

仮に、帳簿上黒字に転じていても信頼性はゼロ。
とうに倒産してるはずの大宇造船が存続しているのと同じように、粉飾会計で投資を募り、存続している企業は山ほどある。
が・・・カフェベネが倒産寸前なのは間違いない。

【カフェベネ中国人を騙す?・・・ボロボロの経営実態】
【コーヒーチェーン店にもリストラ旋風】
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック