かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【ウザイと思ったら案の定・・・韓流ゴリ押し再び!!】

<

strong>【『禁韓令』で危機の放送・企画会社、中国離れ向かう先は?】
2017.03.15 17:02 中央日報朝鮮語版

危機の禁韓令がチャンス?

 THAAD配備による禁韓令で、コンテンツ輸出に直撃弾を受けたTV・企画会社・製作会社が新たな場所の開拓に乗り出している。韓流文化の領土拡張である。昨年8~11月、中国の動画プラットホームYoukuなどで同時放映されたSBS『月の恋人-歩歩驚心 麗'』が1話=40万ドル(約4億6,000万ウォン)で、中国の版権最高値を更新後、実質的にドラマ輸出は止まり、これまで中国市場に過度に依存していたと言う自省論と共に『脱中国』の動きが加速している。

インドネシアのホームショッピングと協力『SBS-IN』開局
SM、ジャカルタでオーディション、JYP・YGは日本に
中国のプラットホーム契約解除し、Netflix (ネットフリックス) 選択も


東南アジアにオーダーメード型チャネルの開局に乗り出すTV局
 最も積極的に動いているのは、収入が半減したTV局である。1話=4万ドル(約4,600万ウォン)で販売された『星から来たあなた』以降の3年間、10倍近くに急騰した中国の版権が事実上ゼロになり、SBSは人口2億5,000万人を越えるインドネシアに足を移した。

 インドネシアのホームショッピング事業者レジェル(lejel)と協力し、27日韓流専門チャネル『SBS-IN』、ホームショッピングチャネル『SBS Shop』を開局する。

 コンセプトは明確である。韓流ドラマ・芸能の他、ビューティープログラム『スタイルフォロー』を新設し、韓国・インドネシアで同時放送し、番組に登場する化粧品をホームショッピングで販売する。少女時代のスヨンの進行で、メイクアップ・アーティストのジョンセンムル、モデルのカン・スンヒョン、アナウンサーのチェ・キファンが出演する。ユ・ヨンソクPDは、「四川省でも『ブラックボックスから見る世界』と言う番組で同様の試みをしたが、Xiaomi(シャオミ)など、低価格製品の攻勢が始まり、価格競争力を失った。韓流によって、韓国の化粧品の選好度が高い東南アジア市場では、十分勝算があると考えている」と話した。SBSは、このモデルを、今後マレーシア・モンゴルなどに拡大する計画である。

 CJ E&Mも、東南アジア市場に進出している。1月シンガポールで、韓国映画24時間放送チャネル『tvN Movies』を開局し、続いてマレーシア・フィリピン・インドネシアなどに拡大する方法を、国別に事業者と議論している。これに先立ち昨年10月、ベトナに『CJ Blue Corp』、タイに『True CJ Creations』など、現地法人設立し、東南アジアを第2の拠点として新たな市場の開拓に乗り出している。

『再び日本に向かう企画会社
 演芸企画会社は、中国の代わりに日本進出の動きが活発になっている。昨年、特定の人種や民族を社会から排除する事を目的とした活動を防止する『ヘイトスピーチ』防止法が施行され、『嫌韓』の負担が少なくなった事も要因である。

 最も積極的なのはJYPエンターテインメントである。デビュー1年で国民的ガールグループに浮上したトゥワイスは、6月の日本進出を控え、先月末デジタルアルバムを発売した。9人のメンバーの内、3人(ナ・サナ・モモ)の日本人メンバーがいる事実が、現地メディアの関心を引く中、本格活動前に『TT』ポーズなど、人気要因分析が出ている。

 2PMも、日本で活発な活動を続けている。昨年10月、東京ドームで2日間に10万人を動員したのに続き、12月ジュノ、1月にはテギョンがソロコンサートを行った。来月はウヨンがソロアルバムを発売する。公演の需要が高い日本は、アイドルメンバーのソロ活動に適した舞台を企画する。テギョン入隊で、ビッグバンの活動は当分見る事が困難になったが、チャンソンは、来月ドームツアーで20万人に会う予定である。

 YGのウィナーとアイコンは、デビュー直後から日本の活動を併行するなど、リスクを分散して来た。特に、今年の下半期は、一部メンバーの入隊で空白が出来るSMの東方神起、スーパージュニアのカムバックも予定され、ファンの大きな関心を引いている。

 SMの東南アジア行きも目立つ。14日、ジャカルタを訪問したイ・スマン総括プロデューサーは、「現地オーディションを開催し、NCTインドネシアチームを始め、NCTアジアチームを作る。韓国・インドネシア・中国・日本など、アジアが力を合わせれば、『東洋のハリウッド』を作る事が出来る」と話した。

グローバルプラットホームの隙間市場を狙う製作会社
 中国輸出の道が閉ざされ、グローバルプラットホームに方向を定める製作会社も現れている。昨年の設立後、野心的に制作した初ドラマ『マイオンリーラブソング』の放送日が不透明になり、製作会社のFNCアドカルチャーは、中国ソフトドットコムと契約解除し、190ヶ国で放送されるNetflix (ネットフリックス) を選んだ。

 アン・ソクチュン代表は、「当初、2月の放送予定だったが、サービスの開始日が不確実で、それによるコンテンツ価値の下落を防止する為、契約を解除した」と話した。昨年12月、KBS2の『画廊』が同時放映された中国のLeTVが2話で打ち切られた。同時放送時期を調整し、国内編成が遅れ、興行に失敗したSBS 『サイムダン光の日記』とは異なり、実利を選んだ事になる。

 これは、現地で自主製作したオリジナルコンテンツを必要とするNetflix (ネットフリックス) と、事前に製作を終えたドラマを1日も早く編成したい製作会社の利害が一致した例でもある。馬鹿オンダルストーリーを脚色した青春ファンタジー『マイオンリーラブソング』は、CNBLUEイ・ジョンヒョンと俳優のコン・スンヨンが主役を演じた。
http://news.joins.com/article/21372101

何かウザイと思ったら、案の定。
フジテレビの韓流、K-POP全盛時代に似てると思ったのよね?(笑)

TWICEだっけか?
自称日本人の在日メンバーが3人いるのは?
自称日本人じゃなきゃ↓こんなイベント欠席します。(笑)
6月10日『平和の少女像約束コンサート』
出演者:PSY、キム・ゴンモ、イ・ヒョリ、INFINITE、BEAST、VIXX、TWICE、AOA、EXID、GFRIEND、他

男も、女も、金太郎飴か?と言うくらい同じ顔で見分けが付かない上に反日。
朝鮮人は、もれなく反日で、親日家はいない。用日家が親日家を装っているだけや。
出稼ぎに来て、稼ぐために・・・。
腹の中じゃ、せせら笑われてるのも知らずに、お花畑のクソババアは行くんだろうね?
帰って来んな!!
移住しろ!!

ヘイトスピーチ規制法とK-POPに何の関係が?
嫌いなものを嫌いと言って何が悪い!!
ウザイものをウザイと言って何が悪い!!
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック