かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【お笑いなんだから気にすんな!!】

【海上のTHAAD『SM-3』・・・世宗大王艦『無用の長物』】
2017.03.09 10:34 KBS

3442049_vgU.jpg

 北朝鮮のキム・ジョンウンは今年の新年の辞で、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試験発射の準備を終えたと脅した。北朝鮮は2016年24回ミサイルを発射し、成功と失敗を繰り返した。

 新年早々行われた北朝鮮のICBMの脅威を予告で見る限り能力は疑わしく、脅迫としか感じず無視し、韓国、アメリカ、日本の海軍は、1月20日~の3日間、日本海と日本の周辺海域で合同訓練を実施した。ミサイル警報訓練(Missile Warning Exercise)である。各国イージス駆逐艦を1隻投入した。韓国の世宗大王艦、アメリカのカーティス・ウィルバー艦、日本の霧島艦である。

 以前は、無人機を飛ばし、仮想標的を作り、それをイージス艦が仮想迎撃したが、今回の訓練は、無人機で無く、コンピューターシミュレーションで仮想標的を作り、探知・迎撃する方法で行われた。しかし、この訓練で、我が国の世宗大王艦が、アメリカ、日本と一緒に出来ない事がある。迎撃である。


 カーティス・ウィルバー艦と霧島艦には、SM-3迎撃ミサイルが搭載されている。SM-3は、地上と海上の船から発射可能な地球上で唯一の迎撃ミサイルである。最大迎撃高度はTHAADの150kmを遥かに上回る。

 アメリカと日本イージス艦に配備されたSM3ブロック1Aの迎撃高度は500km,、現在実験中のSM3ブロック2Aの迎撃高度は1,500kmである。敵のICBMが大気圏に進入し、再落下する際、非常に高い高度で迎撃出来ると言う事である。

 しかし、我が国の世宗大王艦は、SM-3ミサイルを搭載出来ない。イージス艦も戦闘体系によって様々なバージョンがあり、世宗大王艦は『7.1バージョン』、弾道ミサイルの迎撃機能を備えたイージス艦は『9バージョン』である。軍は昨年、『9バージョン』のイージス艦3隻の導入契約を、アメリカのロッキードマーティン社と締結した。イージス艦にSM-3迎撃ミサイルを搭載出来きるようになったのである。

 しかし、軍当局は、SM-3の導入を決定出来ず、計画も無い。海軍は5年前、国防中期計画にSM-3導入を入れる努力をしたが成功しなかった。国防部も、合同参謀本部も、導入に否定的だったからである。


 在韓米軍が慶北(キョンブク)城主にTHAAD砲台を配備する作業に着手した。北朝鮮の核ミサイルの脅威に、現存する最高の迎撃ミサイル配備で対抗する局面である。THAAD砲台の場所の選定過程では激烈な反対があった。THAADについて様々な事が噂され、配備場所を提供したロッテには、中国の報復が行われている。

20170309chs29.jpg

 SM-3は、艦艇の上に搭載され、艦艇が寄港地に戻れば役割を果たせないと言う欠点に加え、短距離ミサイルの迎撃が難しいと言う欠点があると分析されている。探知種が誇張されているとの主張もある。しかし、配備場所を必要とし無い事は、配備場所の決定過程を経験する我が国には特別な長所である。日本海と西海(ソヘ)に1隻配備すれば、首都圏を防衛する為のTHAADを追加配備する必要がなくなる。

 しかし、軍が決定前に考慮すべき変数は数十ある。北朝鮮、政界、他国、他の軍(陸軍・空軍など)の立場を全て考慮している事が決定の障害になっているとの批判もある。SM-3の導入を決定出来ない軍が、どうしてアップグレードされたイージス艦の導入を決定をしたのか?前輪は使うが、後輪は使わないと言う事かも知れないが、タイヤの無い自動車で山道を登ろうとするのと同じである。
http://d.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=3442049

実戦となれば、捨てて逃げる民族だと言う事を良く知っているアメリカは、捨てた兵器が敵に渡る可能性を考慮せざる得ない。
つまり、韓国軍は信用されていないだけじゃなく、最悪を想定した場合、韓国軍の兵器は時代遅れのポンコツじゃなきゃ困るって事。
どうせお笑いなんだから気にする必要は無い。

在日曰く、酒盛りと話し合いで解決出来るらしいよ。
それなら韓国軍に兵器は必要ないじゃん?
38度線に並んで、酒盛りと話し合いで解決するようヘイトを先導する活動家のババアとか、美しき被害者になり損ねたリンチの女王とか、歯抜けチビ親父に頼んでみたら?
日本には不要だから送還してもいい?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック