かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【パク・クネ亡命説】

【弾劾審判D-1・・・大統領専用機目撃談拡散『亡命準備か?』】
2312番バス路線から撮影・・・空軍『昨日と今日、装備点検飛行』
2017.03.09 20:17 ソウル新聞

 憲法裁判所の弾劾審判宣告を翌日に控えた9日、大統領専用機の目撃談がSNS、Youtubeを中心に拡散している。

 投稿者は、「弾劾審判目前に、大統領専用機を目撃した」とし、大統領専用機が離着陸する城南(ソンナム)ソウル空港に大統領専用機が到着するシーンを撮影し、撮影者の近くを2312番バスが通り過ぎる。

 「イ・ミョンバク政権時代、大韓航空から(ボーイング747-400)を長期でリースした機体を塗装し、城南(ソンナム)ソウル空港で運用している。チェ・スンシル事件の発覚前は、ソウル空港周辺の経路が重なる城南(ソンナム)、河南(ハナム)、長旨(チャンジ)、文井洞(ムンジョンドン)の住民は、しばしば見る事が出来た機種。ところが、今日(8日と推定)午後3時頃、河南(ハナム)付近で目撃された。FBに情報提供された映像で、大韓民国でエンジン4機の複層構造でウイングレットを持つ機種はボーイング747-400だけである。大韓航空のスカイブルーや、アシアナの色どり尾翼で無い、あの色の航空機が城南(ソンナム)に向かうとすればパク・クネの専用機だけ」と説明した。

 更に、「また、城南(ソンナム)の別の地域から3時40分頃情報提供」とし、もう少し近い同じ航空機の画像を投稿し、「見たか?これ以上言葉が必要か?あまりに明確である」と付け加えた。

 実際8日、Youtubeには、「4ヶ月間見かけなかったパク・クネ専用機が、弾劾2日前に突然現れた理由は、パク・クネ大統領の亡命準備か?」と言うタイトルの動画が投稿されている。映像には8日午後3時頃、河南(ハナム)周辺を飛行する『ボーイング747-400』がハッキリ映っている。この飛行機は、第2ロッテワールドタワーの上空を横切っている。城南(ソンナム)ソウル空港方向である。

 これについて空軍関係者は、「昨日と今日は定期的装備点検飛行で何の意図も無い」と話した。

 一部のネチズンは、亡命の可能性を提起するが、他のネチズンは、偽ニュースに気を付ける必要があると警戒している。

 一方、パク大統領は、憲法裁判所の決定により、憲政史上初の罷免大統領と言う不名誉な状況に陥るのか、そうでなければ91日ぶりに官邸蟹居を終え職務復帰するかの分かれ目に立っている。

 弾劾が成立すれば、パク大統領はメッセージを出さず三成洞(サムソンドン)の私邸に戻り、検察捜査に備える可能性が高いと知らされている。大統領罷免で『不逮捕特権』を失ったパク大統領は、『一般人』として弁護団の支援を受け『法的闘争』に立ち向かうシナリオがある。

 弾劾棄却の場合、チェ・スンシル ゲート、弾劾事件の対国民謝罪と同時に、『国民統合』メッセージを発表し、THAAD配備など、安保懸案を取りまとめるものと見られている。
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20170309500111

亡命だとしても驚気はない。
暗殺から身を守るには、禁固10年の方が安全だとすら思うしさ。

明日午前10時、弾劾の可否が決まる。
が・・・実際は、それで終わる訳じゃ~無い。
判決後、左右対立が更に激化し、更に混乱する事は間違いない。

実際は、北朝鮮も、韓国も大差ない。
法治国家でも、民主主義国家でも無いしね?(笑)

大統領候補支持率1位のムン・ジェインは、活動家に毛が生えた程度で、政治家としての能力には期待出来ないと思っている。
ムン・ジェインが大統領になっても、弾劾に味を占めた庶民は、事あるごとにキャンドル部隊として町に繰り出、弾劾を叫ぶ。5年の任期ですら安定しない国が、益々不安定化する。

ムン・ジェインには、公約通りアメリカより先に訪朝し、開城工業団地の再開を宣言して欲しいと思っている。
韓国の、朝鮮人の異常さが、世界中に伝わるように・・・。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック