かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【お前もな!!】

【中国依存度減らさなければ、韓国軽視の横暴続く】
2017.03.03 05:42 朝鮮日報朝鮮語版

 THAAD配置への中国の報復が本格化している。予想された事である。習近平主席が公開的に『反対』を表明し、独裁体制の特性上、相当期間報復は続くと思われる。ロッテ免税店のHPがハッキング攻撃でダウンし、中国のオンライン ショッピングサイトは、検索語で『ロッテ』を遮断し、韓流規制の『限韓令』、韓国産製品の通関差別、チャーター機・VISA規制など、いわゆる『コンプライアンス報復』も始まった。

 共産党の宣伝機関は、『断交に準ずる制裁』を主張し、『韓国企業を罰し、教訓を教えよう』と、不買運動を扇動している。正常な国家関係ではあり得ない感情的で高圧的な態度である。

 現在、地球上で中国は、政治的目的で露骨な経済報復をする唯一の国である。尖閣島紛争の相手国 日本への稀土類の輸出停止、反体制派幹部にノーベル賞を与えたノルウェーには、サケの輸入禁止で報復した。台湾・フランス・フィリピン・モンゴルも、同じような理由で報復された。中国の報復外交は悪名高い。

 我が国に向かうTHAADの報復は、更に執拗な可能性がある。習近平の体面がかかっている上、単なるTHAAD反対を越え、この機会に韓国を飼い慣らす目的があると思われるからである。韓国に損害を及ぼす可能性がある全ての部分に触れる意図がある。他の企業も攻撃するだろう。大国だが三流に過ぎない国家水準をそもまま示している。そんな国を隣に置いた我が国の宿命である。

 中国の脅迫の前で最も重要なのは原則を守る事である。THAAD配備は、北核・ミサイルの為に、止むを得ず取る防衛的措置で、誰も干渉出来ない固有の主権である。原則を守れば一時的に困難を経験しても最終的には正しかった事が判明する。中国の行動も、韓国を『原則無く揺れる国』と見ているからである。そうで無い事を示さなければ長く禍根になる。THAAD配備を急ぎ、稼動する必要がある。

 中国の報復による韓国経済の被害は大きい。しかし、決して耐えられないレベルでは無い。一部の中国メディアが指摘するように、韓国企業への制裁は、中国にとっても損害である。中国は、韓国の部品・素材を輸入・加工し再輸出する。中国国内に設立された韓国企業約23,000社が創出する雇用もある。訪中外国人旅行者の中でも、韓国人の割合は12%で最も多い。中国の韓国依存度も小さく無い。

 中国の報復は、政治的理由による貿易制限を禁止する世界貿易機構(WTO)の規定に反している。中国は、政府は関与していないと主張するが、明白な嘘だと言う事は誰でも知っている。国際社会は中国を見守り、自国も中国に制裁される可能性があると感じるだろう。中国は報復するほど自国の負担になる。

 中国は、THAAD以外でも、ともすれば経済報復カードで威嚇するだろう。韓国が自国市場に依存していると信じているからである。実際、我が国は、輸出の25%、外国人観光客の47%を中国に依存している。我が国は、中国と言う国には、本質的に不透明な政策と政治リスクがあると言う事実を無視して来た代価を今払っている。

 対中依存度を少しずつ減らして行く必要がある。サケの輸入を制限されたノルウェーは新市場を開拓し、日本も対中依存度を減らし、東南アジア・インドなどに多角化する政策で対抗した。台湾も同じである。一方、我が国は、2000年の中国産ニンニク紛争の経験があったにも拘わらず、中国中心の戦略を修正出来なかった。

 中国市場は重要だが、これまでの様な魅力の塊りで無く、人件費が急騰した『レッド オーシャン』に変わった。すでに化粧品業界は、中東や東南アジア市場に目を移し注目している。政府・企業・国民、皆が深刻な『チャイナリスク』を冷静に眺める必要がある。その頸木を脱する事が出来なければ韓国を軽視する中国の横暴は、永遠に続くだろう。
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/03/02/2017030203556.html

>正常な国家関係ではあり得ない感情的で高圧的な態度である
 お前もな!!
 鏡見てみろよ。一卵性双生児かと思うほどソックリだから・・・。(笑)

対中依存度を下げるのはいいけど、日本にゴリ押しするのはやめてね?
迷惑だから。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック