かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【赤字ニダ!!】

【大宇造船単独で3兆5,000億の損失
・・・納屋は空っぽ、不良企業の構造調整支障懸念】

2017.03.03 18:53 韓国経済

産業銀行、昨年3兆赤字

 産業銀行が昨年、3兆ウォン以上の赤字を記録したのは、造船・海運業の不良に伴う構造調整費用が5兆6,000億ウォンに達したからである。アジア通貨危機の構造調整が終わった2001年以降の産業銀行の純利益(12兆7,000億ウォン)の半分に達する規模である。

 産業銀行は昨年、子会社の大宇証券を約2兆4,000億ウォンで未来アセットに売却し、非金融出資会社79社の株を売却し、海外の営業などによる収入もかなりあったが赤字を防ぐには力不足だった。産業銀行の昨年の実績に、最も大きなダメージを与えたのは大宇造船海洋である。大宇造船単独で3兆5,000億ウォンの損失が発生している。昨年上半期、大宇造船の融資の健全性を『正常』→『要注意』に下方修正した際の追加引当金と、下半期1兆8,000億ウォン規模の大宇造船の融資を株に出資転換した事が大規模な損失の背景である。

 昨年のSTX造船海洋と韓進(ハンジン)海運の法廷管理(企業回復手続き)の損失も大きかった。産業銀行は昨年、STX系列で1兆2,000億ウォン、韓進(ハンジン)海運で9,000億ウォン規模の損失を記録している。

 昨年、輸出入銀行も創立40年で初の赤字を記録している。輸出入銀行は、大宇造船の構造調整の影響で、約1兆ウォンの損失を記録した事が確認された。輸出入銀行の大宇造船の融資規模は9兆ウォンに達する。産業銀行と共に、昨年融資の健全性を『正常』→『要注意』に下げ、1兆ウォン以上の引当金が必要になった。金融圏関係者は、「都市銀行が、造船・海運など景気敏感業種への貸付けを敬遠し、国策銀行『単独』の構造調整になった事で損失規模が拡大した」と話した。

 国策銀行の産業銀行と輸出入銀行の大規模な損失は、国民負担として戻る可能性が高い。国策銀行の健全性が悪化すれば、政府が財政投入せざる得ないからである。

 しかし、産業銀行関係者は、「昨年の損失は、これまでの利益で十分消化出来る。政府の財政支援無しでも、政策金融機能を果たす事は可能」と話した。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=015&aid=0003736122

融資の健全性を『正常』→『要注意』に1段階下げただけで3兆の赤字?
融資の健全性を、現実に即し適切に分類すると、どれくらい赤字になるんでしょ?(笑)

債務国と債権国を行ったり来たりする程度の国で、中央銀行も実際は赤字。
国策銀行が赤字なのは常識で何の驚きも無い。

が・・・粉飾しても黒字に出来ないほど悪い。
実際の赤字は、3~5倍かと。(笑)

それにしても、2001年以降の産業銀行の純利益12兆7,000億ウォン?
15年で12兆7,000億ウォン、年平均8,467億ウォン=840億5,988円。
日本のメガバンク3行の昨年の純利益は2兆1,500億円、1社7,167億円。
余りの脆弱さに驚くわ。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック