かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【しょぼい官製デモにガックシ!!】

【危険水位越えた中国・・・韓国車レンガで破損】
『見て見ぬふり』の中国当局『法律違反時厳重に調査』だけを強調
2017.03.03 10:10 フィナンシャルニュース

2017030302109954677006[1]

 ロッテがTHAADの配備場所を提供後、中国政府と官営メディアが報復を助長し、中国の国民が韓国車をレンガで傷付ける事件が発生し、反韓デモが危険水位を越えたと懸念されている。

 中国政府や官営メディアは、THAAD反対表明は理解出来るとしつつも、この問題で、韓国関連製品を壊し、韓国人の安全を脅かしたり、差別行為に拡大してはならないと指摘している。

 しかし、中国はこれまで、フランス、日本、モンゴル、ノルウェーなどとの外交紛争時、官営メディアを使い、該当国への報復を扇動し、不買運動を助長しながら」程度を調節して来た点に注目する必要がある。

 3日、Weibo等によると、2日午後 江蘇省蘇州のロッテ百貨店付近に、身元不明のチンピラが現れ、『ロッテは中国に宣戦布告した。中国から出ていけ』と書かれたプラカードを手にデモを行った後、近くの韓国産自動車を傷付けた。

 これらは、共産主義青年団(共青団)と称し、愛国主義を叫んだ。しかし、共青団はWeiboで、これらは自分達とは関係無いと説明した。Weiboに投稿された傷付いた車は、韓中合併法人の北京現代の車と思われ、後部のガラス窓が壊されている。更に、他にも、韓国企業の職員が停めてあった韓国車のタイヤがパンクし、窓ガラスが割れた写真も投稿されている。

 環球時報などは、これらの車の破損時期は異なり、ロッテ百貨店とも遠いとし、ロッテのボイコットとは無関係と主張している。このメディアは、『韓国はあっても無くても良い国』とし、報復を強く主張・扇動して来た共産党の機関紙人民日報の姉妹メディアである。

 現地では、今回の韓国車の破損事件は、中国当局が報復意志を強調し、同調する国民が韓国製品の不買運動中にある点で注目されている。不買運動のみならず、韓国製品の破損、それ以上の暴力行使に繋がる可能性への不安が高まっている。

 実際、尖閣領有権紛争で日中関係が悪化した2012年9月、北京のデモ隊数千人が市内の日本大使館前に集まり、投石などの暴力行為を行った。

 現地公安局は最近、ロッテのボイコットを口実に、非理性的な行動が一部で発生しているとし、市民に『法律に則った理性的な愛国を』と呼びかけ、違法行為は厳重に調査する」と警告した。

 中国国内の報復が、過激デモの様相で変化・拡大し、韓国人の不安が大きくなっている。

 1日、中国のSNS微信(ウェイシン)には、『本店舗への韓国人の入店禁止』と張り出した北京のレストランの写真が投稿され、問題になっている。写真のレストランは、問題が発生すると張り紙を撤去した事が分かった。

 山東省青島(チンタオ)の韓国総領事館前では、中国の国旗とTHAAD反対、『ロッテ不買』のプラカードを手にしたデモのシーンがWeiboで拡散され、先月26日には、吉林省の江南ロッテマート前で、ボイコットを叫ぶプラカードデモが行われた。

 これに伴い、韓国人が最も多く居住する北京望京地域では、一部の海外同胞を中心に外出を自制し、海外同胞のSNSには、「最近雰囲気が悪いので、外に出る時は気を付けよう」と投稿されている。

 北京の消息筋は、「中国のサド反対が暴力の様相を帯びている事は、懸念すべき問題。外資系企業に法規遵守を強調しながら国内で外資系企業の製品を傷付ける状況が発生する事は納得出来ない」と話した。
http://www.dt.co.kr/contents.html?article_no=2017030302109954677006&naver=stand

反日暴動と比べればカワイイものじゃん。
チャイナリスクを世界に見せ付け、外資系企業の撤退ラッシュを招いた事を反省してるのね?(笑)
いつか見た光景に発展するのかと期待したのに、残念なお知らせになっちゃった。
ガックシ!!(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック