かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【怪しいかも?】

【キム・ジョンナム殺害は韓国の仕業?
陰謀説排除出来ない・・・中国メディア】

人民日報SNS 『北朝鮮には金 正男(キム・ジョンナム)暗殺の動機無い・・・韓国が最大の受益者』
2017.02.15 09:04 亜州経済

 キム・ジョンウン北朝鮮労働党委員長の腹違いの兄キム・ジョンナム氏がマレーシアで殺害されたと韓国メディアが報じると、中国官営メディアも迅速に報じ、大きな関心を示した。

 中国メディアは、韓国の記事を引用し、キム・ジョンウン委員長の兄が暗殺された事、そして、今回の報道がマレーシアより早く韓国で報じられた事に注目した。

 環球時報は、北朝鮮の工作員に毒針で殺害されたと言う、マレーシア警察の話を引用し、解剖後結果が分かると伝え、同時に、今回の事件は、韓国メディアが真っ先に報じたと伝えた。

 人民日報の海外版SNSメディアの侠客島は、15日、『果たして誰がキム・ジョンナムを殺害したのか?』と言うタイトルの専門家の解説を報じた。

 韓半島専門家の話を引用し、今回の事件は、韓米両国の軍事訓練強化、北朝鮮の弾道ミサイルの発射実験、トランプ大統領の就任など、国際情勢が不確実な状況で発生し、事件を韓国メディアが最初に報じた事、全ての新聞が、背後で北朝鮮が狙っていたと報じている事は『奇怪』で疑う必要があると報じた。

 更に、万一、北朝鮮がキム・ジョンナムを殺害したのであれば、暗殺の動機は何か?、北朝鮮には暗殺の動機が無いと診断した。なぜなら、北朝鮮内部にキム・ジョンナムを知っている人は殆どいないだけ無く、キム・ジョンナムの権力継承の可能性は極めて低く、北朝鮮がキム・ジョンナムを暗殺し、現在の複雑な局面を更に悪化させるのか?と反問した。キム・ジョンナムの殺害には、奇怪な点が1つや2つで無いとし、慎重にアプローチすべきとしている。

 同時に、陰謀説の可能性がある。キム・ジョンナムの殺害で、最も得をするのは誰が?それは、北朝鮮で無く、韓国の保守派だとし、韓国の仕業の可能性も排除出来ないと報じた。万一、北朝鮮が背後として名指しされれば、実際、韓国が最大の受益者であると指摘している。国際的に、北朝鮮の『残忍さ』を見せる事が出来る上、北朝鮮への世界の反感を引き出せるからであると付け加えた。同時に、陰謀説が成立すれば、それは東北アジア情勢の転換点になるだろうと報じている。

 最後に、中国メディアは、キム・ジョンナム事件に於いて、韓国のペースに乗ってはならないとし、理論的に韓半島情勢を探り、韓国の世論戦の可能性を疑う必要があると皮肉った。

 中国財経網は、キム・ジョンナムが暗殺の標的になっていると言う噂は、2012年以降絶えず、すでに予想されていた事と報じた。北朝鮮と数年間ビジネスをして来た某事業家の話を引用し、「今回の事件はすでに予想されていた事」と伝えた。一方、この事業家は、「明らかにSPがいたはずだが簡単にやられた」と驚いていたと報じている。
http://www.ajunews.com/view/20170215072011709

同じ事を思った。
韓国の国家情報院がやったんじゃないか?と。
国家情報院は、キム・ジョンナムに張り付いていた。
可能性は十分だし、残忍なのは朝鮮民族の特徴で、北も、南も関係無いからね?
最大の受益者が韓国の保守だと言う事にも異論は無い。

大統領に当選すれば、アメリカより先に北朝鮮を訪問する、THAAD配備を見直すと主張する支持率TOPのムン・ジェインを筆頭に、従北左派は北朝鮮戦略を変更せざる得なくなる。
実際、共に民主党も、共に民主党を離脱した左派政党の国民の党も、北朝鮮への対応を見直す雰囲気だし・・・。

韓国メディアが『毒針で殺された』と報じたのは事件の直後、救急車で病院に運ばれる前。
当時、マレーシア警察は、『何者かに、顔に液体をかけられ、苦しいと言って航空会社のカウンターに助けを求めた』としか発表していなかったし、現段階でも、毒針が使われたとは発表していない。

更に、ベトナム国籍の女が逮捕され、韓国国籍の女が身柄を拘束されたと韓国メディアだけが報じている。
マレーシア警察は、ベトナム国籍の女を逮捕したとしか発表していない。

韓国は2重国籍を認めている。
ベトナムの査証を持った韓国国籍の女と、韓国の査証を持った韓国国籍の女の可能性は十分ある。
が・・・韓国が絡んでいると分かれば日本のメディアは報道しなくなる。
情報は、自分で探さないと・・・。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック