かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【ファビョ~ン!!】

【政府、『為替操作国は韓国』と主張した
フィナンシャルタイムスに抗議書簡】

2017.02.16 06:40 聯合ニュース

記載部・韓国銀行共同名義・・・『一方的な市場介入していない』
為替操作国指定、4月危機説拡散懸念払拭対応

 アジアで為替操作している国は韓国と主張するファイナン・シャルタイムス(FT)に、政府が抗議書簡を送った。

 4月アメリカの為替報告書の発表を控え、韓国が為替操作国に指定される可能性があると言う一部の懸念を抑え、『4月危機説』の拡散を防ぐ対応と解釈されている。

 16日、関係部署によると、企画財政部と韓国銀行は、15日共同名義で、フィナンシャル・タイムズ本社と日本支社に、報道内容は事実と異なる為、慎重を期すよう要求する内容の抗議書簡を送った。

 記載部の国際金融ラインが、外信に抗議書簡を送るのは異例である。

 フィナンシャル・タイムスの報道後、アメリカが韓国と台湾を為替操作国に指定する可能性が高いとの見方が力を得る事を事前に遮断する対応と解釈されている。

 フィナンシャル・タイムスは13日、アジアで為替を操作する国は、中国や日本で無く、韓国・台湾・シンガポールと報道した。

 韓国と台湾は為替介入を明言していないが、国際収支のバランスと特定のトレーディングの時間帯の市場の動きで、介入していることが推論できると主張している。

 FTは、中国と日本の経常収支の黒字は国内総生産(GDP)の3%水準に達しておらず、韓国の経常収支の黒字はGDPの8%に肉迫する点を根拠にあげた。

 オバマ政権で、財務部のエコノミストを務めたブラッド・セッツァー(Brad Setser)対外関係委員会選任委員が、「私が知る限り、自国通貨の平価切り上げを防ぐために継続的に為替レートに介入する国家は韓国と台湾だけ」との主張も引用した。

 政府は、FTが記事で提示した12の主張に反論した。

 政府は、韓国がウォの切り下げの為に、一方的に市場に介入していない点は、国際通貨基金(IMF)の韓国経済報告書やアメリカの為替報告書も認めている点を強調した。

 合わせて、韓国の経常収支黒字は、高齢化と原油価格の下落に起因し、それを後押しする研究が多い点、国際決済銀行(BIS)が発表したようにウォンは高評価され、ウォン安で経常収支の黒字が発生すると主張するのは誤っている点も含まれている。

 今回のFTの報道を巡り、一部では日本の影響が作用したと見ている。

 FTは、2015年7月、日本経済新聞に買収された。

 このような背景を見ると、FTの報道は、アメリカの関心を、日本以外の国に回す為の布石との解釈もある。

 記載部関係者は、「これまで、外信のスポークスマンが海外の報道に対応して来た。為替政策については、慎重に言及して欲しいいと言う意味で対応に乗り出した」と説明した。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=001&aid=0009037530

本当の事を指摘されてファビョ~ン!!
FTは、日経に買収された。
日本の陰謀ニダ!!(笑)

一定範囲内にドル・ウォン相場を維持する目的で介入しているのは事実じゃん?
円・ウォンでも介入してるし・・・。

「ウォン安だけに誘導しているので無く、ウォン高に誘導する事もある。ウォン安の場合でも、ウォン高の場合でも、輸出企業が設定した損益分岐線を越えた場合、設定範囲内に抑えるよう介入している」とでも説明するつもり?
それで、アメリカが納得するといいね?(笑)

為替操作国指定の可能性が高くなって以降、確かに介入は減っている。
が・・・介入していない訳では無い。
韓国の為替介入は病気みたいなもので、やめられないんです。(笑)

抗議書簡の内容を報じられ、証拠を提示して反論され、グ~の根も出なくなるのがオチ。証拠は山ほどあるんだから・・・。
素人の私にでさえ分かるような露骨な介入を散々続けて来て、最近少し抑えてる程度で逃げられると思うなよ!!

4月為替操作国に指定され、危機を迎えろ!!

【米国の為替操作国認定、中国よりも台湾と韓国にリスク-チャート】
2017.02.16日 06:55 Bloomberg

-1x-1.png

  中国の外貨準備高が大きく減少している。政策当局が急激な人民元下落を阻止しようと米ドル売り・元買いを行ったためだ。一方、台湾と韓国の外貨準備高は増え続けている。ブルームバーグ向けに執筆するマクロストラテジスト、キャメロン・クライス氏は、外貨準備が増えていることは台湾と韓国が台湾ドルとウォンの米ドルに対する上昇を「なだらか」にしてきたことを示すとし、トランプ米政権が為替操作国について判断する際には、中国よりも台湾と韓国の方が認定を受けるリスクが高そうだと指摘した。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-02-15/OLEUOL6JIJUO01

ブルームバーグにも抗議するのかしら?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック