かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【ウォルマートの絶縁宣言】

【ウォルマートの爆弾メール『韓国の海運会社と取引中止】
2017.02.13 17:38 韓国経済

『韓進(ハンジン)物流大乱招いた韓国政府に失望』

 世界最大の小売り業者アメリカのウォルマートが、『韓進(ハンジン)海運の物流大乱』をキッカケに、韓国の海運会社との取引中止を決めたと伝えられた。

 13日、海運業界によると、ウォルマートは昨年末、法廷管理に入った韓進(ハンジン)海運のアメリカ営業チームに、「これまでの取引に感謝する。しかし、今後韓国の海運会社との取引は中止する」とメールして来た。ウォルマートは、「韓国の海運会社との取引中止は、韓進(ハンジン)海運の問題でなく、韓国政府を信用出来ないからである」と付け加えた。

 ウォルマートは、韓進(ハンジン)海運の突然の法廷管理による物流大乱の被害企業の1社である。ウォルマートは、1990年代~20年以上、韓進(ハンジン)海運の顧客だった。ウォルマートの年間物流量の約10%を韓進(ハンジン)海運が担当した。多い時には、コンテナ年3万個相当のウォルマート製品を韓進(ハンジン)海運が運んだ。運賃ベースで3,000万ドル(約350億ウォン)規模である。ウォルマートは、中国など他国の海運会社と契約した事が分かった。

 海運業界関係者は、「韓進(ハンジン)海運の法廷管理で、韓国海運の信頼度が地に落ちた証拠。ウォルマートと同じように考える荷主は多数ある」と話した。この関係者は、「韓進(ハンジン)海運問題で、韓国の海運産業全体が破産しない為には、政府次元の信頼回復措置が至急必要」と強調した。
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2017021352351

何度も、何度も書いて来た。
海外に支払うべき金だけは、政府が立て替えてでも払え、そうしないと、韓国の海運会社は全社終わりだと。
国内問題になれば、事後法で経営者の個人資産を差し押さえる事も出来るじゃん?って。

政府支援を過信し、営業に必要な経費を延滞・滞納し、倒産寸前まで通常通り荷物を積んだ韓進海運の責任は大きい。
が・・・政府支援をチラつかせ、半年以上も引っ張った挙句、ギリギリになって支援を拒否した政府の責任はもっと大きい。

なるようになったとしか言いようがないけど、残念ながら海運会社だけの問題では終わらない。
政府が信用を失ったって事は、全ての企業に影響し、しいては国家経済に影響する=韓国終了。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック