かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【現代自動車オワコン】

【40,337台輸入 VS 337台'輸出・・・日本で韓国車はダメなのか?】
2017.02.09 09:45 イーデイリー

 昔から、自動車、家電、ビールは日本輸出に失敗する3品目とされる。これらは、『日本産1等主義』が日本国民の認識に深く打ち込まれている製品群である。実際、我が国の対日自動車輸出が数年間足踏みし、命脈が途切れる危機に置かれている一方、日本の自動車の輸入販売は着実に増加している。

 9日、韓国自動車産業協会(KAMA)によると、対日完成車輸出量は5年連続200~400台水準で動いている。2013年462台だった対日完成車輸出量は、2014年321台、2015年273台に減少し、昨年371台(乗用200台、バス171台)である。昨年の販売量は、前年比小幅に増加しているが、輸出量371台は、アンゴラ(355台)に近く、パプアニューギニア(427台)より少ない。

現代自動車を筆頭に、日本進出事実上『失敗』・・・ドイツ・アメリカも苦戦

 現代自動車は2000年、野心的に日本に販売法人を設立し、ソナタを筆頭に乗用車市場に進出したが、10年後の2009年、商用車の営業所を残し撤退した。

 ルノーサムスンは、釜山(プサン)工場で生産したQM5(現地名:コルレオス)の輸出を2008年に開始し、2009年229台を販売したが、その後着実に減少し、2015年以降撤退した。

 韓国GMも、2011年シボレーの小型車アベオ(ソニック)と中型SUVキャプティバを輸出しているが、2013年325台、2014年約150台、2015年約170台に留まっている。

 一方、日本メーカーの完成車の輸入は増加傾向にある。2013年36,194台、2014年47,939台、2015年41,518台、昨年43,337台で、販売量は2013年22,042台、2014年24,093台、2015年29,003台、2016年35,429台と、着実に増加している。特に、昨年、国内市場で、ホンダ、トヨタ、レクサスなど日本のブランドは、全て善戦し、販売量が増加している。レクサスは10,594台で1万台クラブに加入した。

 日本の自動車市場は年間500万台規模で世界で3番目に大きいが、トヨタ、ホンダ、日産、三菱など自国ブランドが多い上、自国ブランドを好む現象が強く、輸入車の不毛地と呼ばれて来た。日本市場の輸入車の占有率は6%台に過ぎない3万台水準での上、ヨーロッパ産(5.4%)の高級車、日本企業が東南アジアで生産し、逆輸入したものが相当数ある。アメリカ産の自動車も、昨年1万台を僅かに越える販売に留まり、ドナルド・ トランプ大統領は最近、アメリカと日本の自動車貿易の不均衡を強く批判している。

購買指向把握出来ず、円・ウォン相場で不利

 多数の輸入車メーカーのように、国内の完成車メーカーも、日本国民の購買指向を把握せずに進出した事が失敗の原因とされる。日本は、狭い路地でも運転が簡単な小さい車、購入後のアフターサービスを重視しブランドを選ぶ。

 友好的で無い為替相場も一役買った。2010年1600ウォンを上回った円・ウォン相場は着実に上昇傾向にあり、昨年1,000ウォン~1,100ウォン台で急騰し、輸出の採算性が悪化している。

 このような現象は、今後更に深刻化すると見られる。円・ウォン相場が短期間に急落する可能性は殆ど無く、日本の販売拡大に無理に乗り出す国内の完成車メーカーも無い。日本の完成車メーカーは、ディーゼルゲートの反射利益を最大限得る為、国内市場の消費者の食欲に合わせた戦略的な新車を発売するなど、積極的な販売拡大に乗り出している。

 キム・ピルス大林(テリム)大自動車学科教授は、「乗用車200台では、輸出していないのも同然の数字。以前の進出失敗で、韓国車は良く無いと言う認識の為、逆転する事は簡単でない」と話した。
http://autoin.edaily.co.kr/news/view.asp?newsid=02099206615828880


【現代自動車i30の新車効果3ヶ月で終了・・・月間販売台数100台未満に】
2017.02.10 13:40 朝鮮Biz

 現代自動車が昨年9月発売したハッチバック新型i30の販売台数が底をさまよっている。

 新型i30は、2011年の2世代から6年ぶりに発売した3世代モデルである。現代自動車の新デザインアイデンティティ『カスケードグリル』が初採用され、市場の注目を浴びた。

 発売序盤は、新車効果を見るかと思われた。販売台数は、昨年9月172台、10月648台、11月463台、しかし12月94台、今年1月84台と2ヶ月連続100台を大幅に下回った。6年ぶりのフルモデルチェンジが面目を失うほど新車効果は短期間に終わった。

 現代自動車は当初、ハッチバックの購入者のリターン率が高いとし、i30の興行に自信を示し、国内の年間販売目標を15,000台と発表し、国内のハッチバック市場で、最大の競合だったフォルクスワーゲンゴルフが証明書類の操作で販売が禁止され、新型i30がゴルフの空席を埋めると考えていた。

 フォルクスワーゲンゴルフは、国内市場のハッチバックモデルの代表車種で、2014年販売台数7,238台でi30(2世代)6,660台を上回った。これは、輸入車が同一セグメントで国産車の販売台数を抜いた初記録である。

 しかし、新型i30は、発売直後から扇情CM問題に包まれ、問題のCMの一部シーンを修正した。国内の消費者が、セダン好む上、最近SUVの人気が続き、ハッチバックのi30の居場所が狭くなった事も販売不振の原因になっている。

 現代自動車関係者は、「新型i30の優秀な走行能力を浮上させマーケティングしたが、販売台数は期待に及ばなかった」と話した。

 低迷する状況を反転させるカードも無い。ルノーサムスンは、海外で検証されたハッチバックモデル『クリオ』を国内市場で販売する準備をしている。クリオは、1990年の発売以降、ヨーロッパ市場で年間30万台以上安定的に販売されるベストセラーカーである。

 現在、販売禁止のフォルクスワーゲンゴルフも、今年中旬販売が再開されると見られ、限定的な需要のハッチバック市場にライバルだけが増加する形になる。

 完成車業界は、新型i30の新車効果が3ヶ月で終わった事に注目している。通常、新車効果が続く期間は6ヶ月位で、月100台未満に減少した事は、新車効果が終わった事を意味し、以前の販売量を回復する事は困難になった事意味するからである。

 業界の某関係者は、「この傾向が続けば、現代が発表した新型i30の国賠販売目標年間15,000台達成は不可能。i30は、レンタカー、法人車の需要は殆ど無く、個人顧客に選ばれなければ、販売増加は困難」と話した。
http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2017/02/10/2017021001538.html

貴族労組が企業を危機に追い込む典型例。
韓国政府は、輸入車にターゲットを絞って制裁してまで自国企業を保護しようとしたのに、それを応える事すら出来なかった?
見栄っ張りな貧乏乞食は、金持ち感タップリな欧州車を好むしね?

韓国市場は、オマケ程度のもので、他で売れれば問題ない訳だけど、韓国企業の場合、国内でボっタクって、海外でダンピングするから、国内市場で売れない=利益率が悪化する。
現代自動車は、完全にオワコンな気がする。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック