かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【民族性】

【平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック約2万人のボランティア処遇問題】
2017.02.08 17:18 フィナンシャルニュース

約1年間の教育.訓練、行政、通訳、案内担当
自宅⇔平昌(ピョンチャン)、交通費自己負担に不満


 最近、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック組織委員会が、平昌(ピョンチャン)オリンピックで活躍するボランティア約22,400人の選ぶ面接を行っているが、一部はボランティアの処遇を懸念している。

 8日、組織委などによると、ボランティアは約1年間、教育・訓練、競技場・選手村などで行政、通訳、案内を担当する。人口約4万人の平昌(ピョンチャン)オリンピックの成功は、ボランティアにかかっている。ボランティアは、自発的参加ではあるが、待遇が劣悪過ぎるのではないかとの指摘がオリンピックの度に問題になっている。

目的変わったボランティア・・・一部不満も

 以前のボランティアは、国際大会の成功を願う愛国者の自発的行動だった。その為、ボランティアは、大会期間中最低限の活動費で大会の運営、各国の選手団の支援に全力を注いだ。しかし、最近、我が国の青年層は、『スペックを積む』目的で、ボランティアに参加するケースが大半である。履歴書の経歴の欄を1行でも多く埋める為に、ボランティアに参加する傾向が強い。

 その為、一部の支援者は、平昌(ピョンチャン)オリンピック組織委のボランティアの待遇に疑問を示している。宿舎・食事代・おやつは組織委が負担するが、交通費は自己負担になるからである。宿舎と活動場所を移動するシャトルバスは組織委が提供するが、自宅と平昌(ピョンチャン)を往復する交通費は自己負担と吐露する。ソウル~平昌(ピョンチャン)までのバス代は片道15,000ウォンで、往復30,000ウォンはボランティアの負担になると言う。

 国内で最も最近行われた国際スポーツイベント、2014年仁川(インチョン)アジア競技大会のボランティアには、交通費1万ウォン(深夜5,000ウォン割り増し)、食事代7,000ウォンが支払われたが、適時に支払われず、相当数のボランティアが離脱した。

 昨年のリオオリンピックでは、50,000人のボランティアの内、約15,000人が待遇に不満を抱き途中離脱している。

 平昌(ピョンチャン)オリンピック組織委関係者は、「平昌(ピョンチャン)は、仁川(インチョン)と異なり、宿舎を提供し、宿舎と活動場所を移動するシャトルバスも無料で利用出来る。基本的に、ボランティアは、無報酬・.自発的参加が原則。ボランティアの教育も始まっていない状況では何とも言い難い」と伝えた。

『ボランティアで無く雇用を』

 国際オリンピック委員会(IOC)など、オリンピックの主宰者は、ボランティアの活動で大幅な経費削減効果を見ている事が分かった。

 テキサス州立大学のローレンス・チャルリプ教授の2014年公開の研究によると、2000年シドニーオリンピックで活動したボランティアは4万人で、主催者は6,000万ドル(約689億ウォン)コスト削減出来た。チョン・ヒジュン東亜(トンア)大学スポーツ科学部教授は、 政府や地方自治体は、オリンピックなど大規模な国際大会を開催する際、愛国心を利用したボランティアの募集で無く、適切な賃金を支払い雇用する時代になっていると指摘した。

 チョン教授は、「オリンピックなど大規模大会誘致の際、経済効果・雇用創出効果を大きく広報し、大会運営をボランティアに依存するのは二律背反的な上、短期のアルバイトにも賃金を支払い雇用せざる得ないでは無いか。愛国心に期待する20世紀的マインドから脱する必要がある」と批判した。
http://www.fnnews.com/news/201702081718099710

他人の金で、働きもせず、贅沢な生活を送りたい。
全ての価値観が金の民族に、無給のボランティアは魅力が無い。
そう言う民族なんだから当然の事。(笑)

毎週、毎週100万人もデモに参加する国で、2万人程度のボランティアの中から離脱者が出る不思議。
デモで日当が配られているのは本当だと分かるわね?
最近話題の高江のデモ参加者も同じようなもので、日本人の金を集め、朝鮮人が使う。
韓国~沖縄まで、自費で来るような朝鮮人はいない!!

デモ隊とか、~活動に金出すのやめようね?
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック