かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【確認しよう製造国・・・日本人はアホか?】

【『消えた火再び』・・・日本の化粧品市場に食い込むKビューティー】
2017.02.07 04:53 Moany Today

昨年、Kビューティーの対日輸出額1億8,265万ドル、
4年ぶりの増加傾向・・・LGセンゴン・Able C&Cなど日本攻略持続

 昨年、我が国の化粧品の対日輸出額が4年ぶりに大幅な増加傾向を示し、史上最大を更新した事が分かった。下り坂を歩いた日本国内の輸入化粧品市場が、昨年2桁成長を達成し、アメリカ、フランスと共に3大輸入国の韓国産化粧品の需要も大幅に増加したからである。BB・CCクリーム、クッションなど、我が国オリジナルの独創的な製品が、対日輸出拡大の牽引役を果たした。

 5日、大韓化粧品産業研究院と関連業界によると、昨年の韓国の化粧品の対日輸出額は1億8,265万ドルで、前年比32.6%増加し、史上最大を記録した。我が国の化粧品の対日輸出規模は、2012年1億6,969万ドルに増加後、2015年まで3年連続減少した。

 我が国の企業の日本市場の攻略も続いている。ODM(製造者開発生産)企業コスマックスは昨年末、日本の化粧品1位の資生堂グループと供給契約を締結した。『資生堂』『ジーエー(Za)』などのブランドにメイクアップ製品を供給予定で、有機能化粧品、CCクリームなど、新製品を開発している。その他、様々な日本の化粧品会社と製品議論を進行している。イッツ・スキンは昨年6月、日本の日本ドラッグストア『K-プラザ』に入店し、11月東京に店舗をOPENした。今年前半、追加店舗をOPEN予定である。

 LG生活健康は、日本の化粧品会社『銀座ステファニー(2012年買収)と、健康機能食品会社『エバーグリーン(2013年)』を通じ、日本攻略に乗り出している。日本最大の流通会社『イオンリテール(AEON RETAIL)』との協業で、約200店舗にTHE FACE SHOP製品を販売している。今年は、漢方ラインの『名韓 美人図』とクッションファンデーションを中心に市場を拡大する計画だ。

 Able C&Cは、昨年国内で人気を集めたミーシャ『テンションファクト』を来月発売する。会社関係者は、『クッションやティントは、日本市場で馴染みが薄い品目で、新製品を追加し、トレンドを主導する」と話した。イッツ・スキンは、30~40代は『かたつむりクリーム』などの機能性製品で、10~20代は、キャラクター製品とマスクパックで市場攻略に乗り出す。

2012年以降下り坂、昨年、ミーシャ、コースマックスなど『びっくり』成果

 韓国の化粧品は、2000年代後半、韓流熱風を背負い、日本国内で大きな愛を受け始めた。2005年以降の3年間、3,000万ドル水準に留まった対日化粧品輸出額は、2008年6,780万ドルに123.5%急増し、2011年1億ドルを突破するなど爆発的な成長の勢いを示したが、2013年以降、韓流熱風が冷め、2013年1億5,111万ドル(11%↓)、2014年1億4,473万ドル(4.2%↓)、2015年1億3,779万ドル(4.8%↓)に減少した。

 昨年、輸出が再び大きく増加したのは、日本国内の化粧品輸入が増加したからである。日本の化粧品の根間輸入規模は、2015年まで減少傾向が続き、昨年11.2% (1~9月累積、前年同期比)増加した。BB・CCクリーム、クッションなど高付加価値品目中心の製品の競争力も一助となった。

 Able C&Cのミーシャ『Mマジッククッション』は昨年、日本国内累積販売量200万個を突破し、先月も25万個以上販売された。おかげでAble C&Cの昨年の日本の売上は、2015年(140億ウォン)の約2倍成長した270億ウォンを達成すると見られている。

◇『保守的な市場、攻略困難』 VS 『相変らず魅力的、高付加価値商品に勝算』

 日本の化粧品市場の見方は交錯している。アメリカ、中国に続き世界3位の大きな市場だが、資生堂、SK-IIなどグローバルブランドを中心に、自国製品の信頼度が高く、参入は難しい。我が国の化粧品市場は、日本に劣らないほど成長し、アジアの拠点としての日本市場の価値が以前とは異なると言う指摘もある。

 アモーレパシフィックも、最高級ブランド アモーレパシフィックで進出し、撤退した。その後、IOP、エチュードなど高付加価値ブランド18店舗だけを運営し、攻撃的投資はやめている。中国・東南アジア市場の成長の可能性の方が大きいと言う判断からである。

 日本を変らず投資価値が高い市場と評価する見方もある。業界関係者は、「スキンケアは、日本ブランドが強いが、BB・CCクリーム、クッションなどの製品は、Kビューティーだけの強み。厳しい日本の消費者に製品力を認められれば、安着はたやすい」と話した。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=008&aid=0003817472

日本人はアホか?
製造国くらい確認しろよ。
同じくらいの価格で、アメリカ製やフランス製が山ほどあるじゃん?
なんで韓国製?

お人よしもここまで来るとタダのアホやな?
馬鹿にされ、舐められるはずや!!
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック