かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【毎年恒例、口蹄疫発生】

【口蹄疫・AI同時拡散・・・農食品部『超非常』】
2017.02.07 00:35 イーデイリー

 口蹄疫と鳥インフルエンザ(AI)が同時多発的に発生し、防疫当局の農林畜産食品部は非常事態になっている。大統領の弾劾問題で、危機管理が動作しないと指摘される状況で、農食品部は今回の感染症の拡散に当惑を隠せない。

 7日、農食品部によると、全北(チョンブク)井邑(チョンウプ)の韓牛農家が通報した口蹄疫疑い牛の精密検査の結果、6日陽性確診された。現在、農林畜産検疫本部で、血清などを精密検査中で、結果は本日午前中に分かる予定である。

 5日、忠北(チュンブク)報恩(ポウン)の乳牛農家で、今年初の口蹄疫発生に続き、2日で2件発生している。

 忠北(チュンブク)報恩(ポウン)と全北(チョンブク)井邑(チョンウプ)は100km以上離れている事から、今回の口蹄疫が散発的に拡散する可能性が提起されている。

 特に、報恩(ポウン)一帯は、畜産施設の密集地で、口蹄疫が急速に拡散する可能性がある。発生農場の半径500mに、乳牛・韓牛の飼育農家が11ヶ所以上、3km以内で飼育されている牛・豚は約9,800頭に達する。

 農食品部は、報恩(ポウン)で発生した口蹄疫ウイルスは、国内に残存したウィルスの再発で無く、新たに流入したウイルスと推定されている点に注目している。流入経路を把握するのが容易で無いからである。

 何より、寒い時期には、口蹄疫のウイルスが3~6ヶ月死滅しない可能性があり、AIと同じように問題長期化の可能性も排除出来ない。

 そんな中、しばらく静かだったAIが再発し、農食品部の負担が拡大している。

 5日、全北(チョンブク)金堤(キムジェ)の養鶏場で、高病原性AI疑い通報が受け付けられた。今月に入り、野生の鳥類の糞便・斃死体から高病原性AIが検出された事はあるが、農家から通報が入るのは先月24日以降、13日ぶりである。

 牛・豚・鶏・鴨などの食品と密接な家畜に致命的な感染症の口蹄疫とAIが連鎖発生すると、農食品部は極度に緊張している雰囲気である。史上最悪の被害を齎した今回のAIの終息前に、口蹄疫が発生した点で緊張せざる得ない。

 農食品部が速かに全国の畜産農家に、一時移動中止命令を発動したのも、AIの初動対応が遅れたと批判された事を意識したものと分析されている。口蹄疫で一時移動中止命令が発動されるのは今回が初めてである。
http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?SCD=JG31&newsid=01193926615828224&DCD=A00703&OutLnkChk=Y

ここ数年、毎年1月、口蹄疫が発生している。
にも拘わらず、農食品部は、ワクチン接種は義務付けていたものの抗体形成率を確認していなかった。
今回最初に口蹄疫が発生した農家のワクチンの定着率は僅か17%。
定着率78%以上とされた抗体形成率が17%程度だった事について、農食品部は農家の保管方法が間違っていた可能性が高いと発表。(笑)
一事が万時この調子なので、口蹄疫も拡散する事は必須。

汚染された水、不衛生で劣悪な飼育環境が改善しない限り、永遠に繰り返すだけの事。

【牛口蹄疫ワクチン接種不良・・・接種すると牛が流産するの噂も】
2017.02.07 11:43 聯合ニュース

農林食品部『コスト負担などで接種せず・・・モラルハザードあった』

ダウンロード (4)

 今年初発生した口蹄疫のウイルスは、ワクチン接種が正しく行われず発生した事が分かった。

 農林畜産食品部は7日、口蹄疫の発生に関し、「全北(チョンブク)井邑(チョンウプ)の口蹄疫発生農家の牛20頭を検査した結果、抗体が形成された牛は1頭だけで、抗体形成率は5%に過ぎない事が分かった」と発表した。

 これは、ワクチンを接種した牛の平均抗体形成率を97.8%と発表した農食品部の主張とは大きな差がある。

 更に、「この農家は書類上、昨年8月26日ワクチンを最後に接種しているが、5ヶ月経っておらず効力が無いのは正常で無い。抗体形成率5%は正しく接種されなかった事を意味する」と説明した。

 これまで、当局の口蹄疫検査は発生頻度が高い豚を中心に行われ、牛は相対的に疎かだった事が分かった。

 農食品部は、口蹄疫が頻発した豚の場合は、全ての農家に年1回以上血清検査を行って来たが、牛は飼育頭数の10%程度だけの血清標本検査で、弱点があると説明した。

 キム・ギョンギュ農食品部食品産業政策室長は、「今回の口蹄疫発生農家だけで無く、他の牛農家も、ワクチン接種が不十分な可能性がある。ワクチンの費用負担などを理由に接種しない『モラルハザード』があったようだ」と話した。

 更に、冷蔵保管のワクチンを室温(18℃)で接種するが、相当数の農家は冷蔵状態で使用し、効果が無い可能性もあると農食品部は付け加えた。

 一部の農家では、口蹄疫ワクチンを接種すれば、牛が流産すると噂されていたと農食品部は伝えた。

 農家が費用負担や副作用などを理由に、意図的にワクチン接種を忌避していると言う事である。

 現在、口蹄疫のワクチンの費用は、50頭以上の場合、政府と農家が5:5で支払う。

 農食品部は、ワクチンの不良接種の可能性が提起され、8日以降、全国の牛330万頭にワクチンの接種を実施する方針だが、抗体の形成に1週間かかり、今後1週間が口蹄疫拡散の峠になると見られている。

 忠北(チュンブク)報恩(ポウン)に続き、6日通報された全北(チョンブク)井邑(チョンウプ)の韓牛農家も、口蹄疫と確診された。ウイルス型は、報恩(ポウン)と同じ血清型『O型』である。
http://media.daum.net/v/20170207112734592

>冷蔵保管のワクチンを室温(18℃)で接種するが、相当数の農家は冷蔵状態で使用
 し、効果が無い可能性もある?

 昨夜の時点では、冷蔵保管のワクチンを室温で保管した可能性が高いと説明してい
 た。
 
>ワクチンを接種した牛の平均抗体形成率を97.8%、実際は5%
 昨日は、農食品部によると、平均抗体形成率76%、発生農家の平抗体形成率は
 17%と報じられていた。

僅か半日でこんなに変わる?
そして、口蹄疫が発生してから慌ててワクチンを接種する。
そう言ういい加減さが、防疫に失敗する全ての原因と言える。

画像にある大型噴霧器が散布しているのは殺虫剤。
MERS、コララ、AI、口蹄疫、感染症が発生する度に登場するけど、実際は何の役にも立たない代物。
頻繁な殺虫剤の噴霧=過剰な殺虫剤の噴霧は、耐性の強い害虫の発生など、副作用を生む可能性がある。
そうでなくとも不衛生な韓国食品が、更に危険な代物に・・・。
そして、その危ない韓国産を原料に製造された化粧品を好き好んで塗りたくる日本人を、アホと言わずに何て言えばいい?

【モラルハザード変わらず口蹄疫ワクチンにどんな意味が?】
2017.02.07 03:18 朝鮮日報日本語版

 史上最悪のAI(鳥インフルエンザ)に続き、忠北(チュンブク)報恩(ポウン)郡で今年初の口蹄疫が発生した。昨年3月、口蹄疫が発生してから11ヶ月である。6日、全北(チョンブク)井邑(チョンウプ)でも口蹄疫疑い通報があった。政府は、同日午後6時~30時間、全国の畜産農家など22万ヶ所に移動中止を命じた。牛、豚、ヤギなど偶蹄目に発生する口蹄疫は、空気感染し、伝染力が極めて強い。政府は、AI時、初動対応の失敗で、史上最悪の殺処分を招いた。その失敗を口蹄疫の防疫で繰り返してはならない。

 AIに続き口蹄疫が年中行事のように発生し、被害が拡大する事を考えると、我が国の防疫体系に、大きな穴が開いていると考える他無い。全国の畜産農家に口蹄疫のワクチン接種が義務付けられている。農食品部は昨年10月~今年5月までを『口蹄疫特別防疫対策期間』とし、昨年末時点で、牛が97.5%、豚が75.7%の抗体形成率を維持していると発表した。口蹄疫が全国に拡散しないと胸を張った。

 しかし、政府の発表を鵜呑みに出来ない。今回、口蹄疫が発生した忠北(チュンブク)報恩(ポウン)の乳牛農家は、昨年10月のワクチン接種記録があるが、抗体形成率は19%に過ぎなかった。一部の畜産農家は、ワクチンを購入したものの接種を先送りしていると言う。乳牛や肥育牛は、ワクチン接種後の一定期間、飼料を小食し、牛乳や肉の生産が減少する為、畜産農家がワクチン接種を先送りすると言う事である。AIの時も、一部の農家と関係者の無責任な行動が、問題を手の施しようが無いほど拡大した。

 最近、50人以上の死傷者を出した京畿道(キョンギド)東灘(ドンタン)新都市の66階の超高層住宅商店複合ビルの火災は、撤去工事の安全規則遵守に違反し、スプリンクラー、火災警報機が止まっていた為、人命被害が拡大した。これほど事故が連発しても、全く良くなる事が無い。小さな利益を貪り、全体を危険に陥れるモラルハザード、『まさか』の安全不感症が、大韓民国の不治の病である。この病を直す事が出来なければ、どれほど多額の金を投入し、良い施設を作り、良い薬を買っても効果は無い。
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/02/06/2017020602929.html

セウォル号事件の後、何度聞いたかな?
安全不感症、モラルハザード、後進国型事故と言う言葉。

それでも一向に変わらないのは何故か?
最も重要な何かを犠牲にする事で成り立っている国だから・・・、国全体がセウォル号だからとしかいいようが無い。
朝鮮人のせいで朝鮮人が犠牲になるのは仕方ない。
出来るだけ関わりたくありません。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック