かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【案の定】

【金脈途切れた全経連、管理費も出せない危機】
2017.02.04 06:30 Monay Today

会員企業の相次ぐ脱退
・・・組織は資金難懸念、イ・スンチョル副会長巨額退職金議論


 『チェ・スンシルゲート』に関与し、解体圧力を受ける全国経済人連合会(全経連)は、サムスングループなど主要会員企業の相次ぐ脱退で、管理費も出せない境遇に追い込まれている。そんな状況で、チェ・スンシルゲートの寄付の実務を主導した容疑を持たれているイ・スンチョル常勤副会長に、今月末退職金として数十億ウォン支払われる事が発表され問題になっている。

会員企業連鎖脱退・・・資金難秒読み

 3日、財界によると、サムスン・現代自動車・SK・LGの4大グループは、同日までに今年の会費を支払っていない。全経連は毎年2月の定期総会で、その年の事業計画・予算を決め、会員企業600社は5月までに会費を支払う。

 日程上、時間に余裕はあるが、LGグループの昨年12月末の全経連脱退公式化後、サムスン・現代自動車・SKグループも脱退を宣言、又は脱退方針を発表し、事実上会費の支払いを期待する事が困難な状況にある。

 全経連は、会員会社の会費と汝矣島(ヨイド)会館の賃貸収入で運営されている。事業報告書の2015年末の財務諸表を見ると、運営資金908億ウォンの内、408億ウォンは汝矣島(ヨイド)会館(FKIビル)の賃貸料と駐車場の収益で、残りの運営費500億ウォンは会員企業の会費である。運営費の半分以上を会員企業の会費に依存する構造である。

 財務諸表によると、全経連は同年、人件費・管理費などで335億ウォン使用している。内訳は、減価償却費(79億ウォン)、税金・工材費(26億ウォン)、水道・電気料金(33億ウォン)、車両維持費(2億ウォン)などの管理費が206億ウォン、約100人の職員の賃金・退職金の引当金に129億ウォン支出し、全経連汝矣島(ヨイド)会館の建設で発生した3,000億ウォン台の債務の利息に100億ウォン使用している。

 年間500億ウォンの会費の内、4大グループの分担額は200億ウォン水準と知らされている。サムスングループが100億ウォン前後、現代自動車・SK・LGグループが30億~50億ウォンで、2015年の支出内訳を見ると、4大グループの会費が1年分の管理費と釣り合う金額になる。4大グループの脱退が象徴的な意味に留まらず組織運営危機論に直結する理由である。

 4大グループだけで無く、民間団体加入が問題になっていた韓国電力公社、韓国石油公社、産業銀行、IBK企業銀行などの公共機関の会員企業も脱退申請・申請予定である事から、内部ではドミノ脱退による運営費不足が鼻先に近付いているとの危機感が大きい。

『財務透明性確保』刷新案が鍵

 組織の存廃危機を招いた当事者のイ副会長に数十億ウォン台の退職金が支払われる事について、職員の間では虚しいと噂されている。

 ニューシスによると、全経連は役員報酬非公開原則を盾に、会員会社にですらイ副会長の退職金の規模を明かしていないが、イ副会長の退職金は20億ウォンに達すると伝えられている。

 全経連の某関係者は、「チェ・スンシルゲートに関与し、組織の解体論を招いた当事者が、事実上不名誉退職するにも拘わらず、数十億ウォン台の退職金を得る事は道理に合わない。状況が状況だけに、皆何も言わないが、不満は顎の下まで来ている」と話した。

 財界は、会員会社の会費で運営される組織が、経営内容・運営費の使用内訳を公開しない事が問題と指摘する。会員会社が信頼しない組織が財界の利益を代弁する利益団体の役割を正しく遂行出来るのか?と言う事である。

 財界関係者は、「23日予定の定期総会で刷新案を用意する際、このような内容を必ず含む必要がある」と話した。全経連は、暫定的に15日理事会を招集後、23日例年定期総会を行う方針である。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=008&aid=0003816477

案の定、資金不足?資金難?だって。(笑)
ビルの建設時に借りたローン延滞→差押え→売却と言う事になるんじゃないかしら?
ざま~みろ!!
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック