かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【聯合ニュースの朝日化が止まらない】

【韓国、慰安婦像狂乱で自滅一直線 左翼政党の日韓関係悪化扇動に喝采
 「反日教」国家、国民全体が“情弱集団”朝日の罪】

2017.01.26 ZakZak

 「いまこそチャンス」とばかり、国民生活がどうなろうと構わないから、日韓関係をもっと悪くしてやろう-。韓国には、そう考えて、そう行動する勢力がいる。左翼政党の「共に民主党」だ。彼らが好き勝手に振る舞えるのは、新宗教というべき「反日教」が、本来の宗教分布とも政党支持とも別の次元で、分厚く広がっているからだ。

 日本が駐韓大使の一時帰国をしている最中に、京畿道(キョンギド)議会の民主党を中心とするグループは、島根県・竹島(韓国名・独島)に慰安婦像を設置するための募金活動を開始した。この機に、慰安婦問題と領土問題を結びつけて、日韓関係をさらに悪くしてやれ-といった魂胆がミエミエだ。彼らが次の政権を取る勢いなのだ。

 岸田文雄外相は、この動きに対するコメントを求められると、「竹島はわが国の領土であり、(そうした動きは)認められない」と述べた。「それなら強力な入国制限をする」とでも言えばいいのに、日本の外相としては当たり前すぎるコメントだった。

 これに対し、韓国外交省は瞬間湯沸かし器のように反応した。どちらが新たな火種を作ったのかという経緯は素っ飛ばして、「無駄な主張はやめろ」(報道官談話)ときた。

 韓国の世論は、たちまち「岸田氏がわざわざ記者会見をして、ウリ(我々)を挑発した」となった。

 そうした“韓国型公憤”に悪乗りする政治家が現れる。

 「朴槿恵(パク・クネ)弾劾」をめぐる分裂で「4分の1与党」になったセヌリ党は「日本は興奮するな」と、国民病である“対日上から目線”で、偉そうにモノを言った。興奮しているのは、どちらなのか。

 与党から分裂した勢力(『正しい政党』という名前からしてお笑いだが)は「岸田は歴史を勉強しろ」と、これまた偉そうな談話を出した。竹島をめぐる米国占領軍と李承晩(イ・スンマン)政権との葛藤も、慰安婦に関する米国議会の調査の結果も知らない“情弱(情報弱者)集団”が何を言うか。

 だが、“情弱集団”が、そう吠えれば、喝采を浴びる-。韓国民全体が「朝日新聞の大誤報訂正前」に留まっている“情弱集団”であることの証左だ。朝日新聞の「罪」は計り知れないと改めて思う。

 「竹島に慰安婦像」の動きは、韓国政府が「議会主導の募金禁止規定に抵触する」と指摘し、竹島を管轄する慶尚北道(キョンサンプクト)知事が「領土問題を結びつけるな」と述べたことなどで、直ちに実現するとは想定しづらくなった。

 それはよしとして、駐韓大使の一時帰国をもたらした直接のきっかけは釜山市東区にある日本総領事館前の慰安婦像だが、東区はいま「像を守る」と宣言した。

 それを伝えた韓国・聯合ニュースに画像が付いていた。

 東区の区長が、慰安婦像の前に立ち、目を閉じて頭を下げている姿だ。あぁ、これぞ慰安婦像を本尊とする「反日教」信者の姿だ。

 『帝国の慰安婦』を書いた女性教授は懲役3年の求刑を食らわされた。学術研究といえども「反日教」の教義に反する見解を述べたら、宗教裁判でこうなるぞ-ということだ。

 言論の自由がないまま、「反日教万歳」で沈み崩れていく国に、「南無阿弥陀仏」でも唱えよう。 (ジャーナリスト・室谷克実)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170126/frn1701261530002-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170126/frn1701261530002-n2.htm


【連日韓国叩きに向かう安倍に『韓日関係』は無い】
2017.01.28 10:52 聯合ニュース

慰安婦像、独島(ドクト)を素材に韓国攻撃・・・支持率向上効果

 韓国への日本の度を越えた攻撃が続いている。

 昨年末、釜山(プサン)の日本総領事館の前の慰安婦像設置に反発し、長嶺安政駐韓日本大使の一時帰国で始まった安倍晋三政権の韓国叩きの水位は、益々高まる様相である。

 釜山(プサン)の慰安婦像設置に抗議し、長嶺大使の一時帰国と同時に、この問題と直接関係の無い韓日通貨スワップ交渉中止と言う無理を強いた事に続き、韓日の敏感な懸案についても即座に反応している。

日本外交に『韓日外交』への配慮見えず

 何より突出しているのは、岸田文雄外相の独島(ドクト)の領有権に関する妄言だった。

 これまで、日本の閣僚、特に韓国との対話チャネルの責任閣僚の外相は、領有権・歴史などの問題に言及する際、迂迴的な表現で韓国を刺激しないようにして来た。

 しかし、岸田外相は17日の記者会見で、京畿道(キョンギド)議会の一部が独島(ドクト)に慰安婦像の設置を推進する事についての質問に、「竹島(竹島・日本が主張する独島(ドクト)の名称)は、日本固有の領土」と妄言を吐き出した。

 同日の定例会見で、政府のスポークスマン菅義偉官房長官が同じ質問に、「竹島の領有権に関するわが国の立場に照らしても受け入れられず、極めて遺憾」と、遠まわしに答えた事とは差がある。

 日本のの強攻は、津島の寺で盗まれた後、韓国に搬入された仏像を、本来所有者とされる忠南(チュンナム)瑞山(ソサン)市の浮石寺(プソクサ)に引き渡すよう26日に判決した大田(テジョン)地方裁判所についても続いた。

 この日菅長官は「極めて残念だ。速やかに仏像が日本に返還されるように政府側に適切な対応を求めていきたい」と発表した。'

 翌日、松野博一文部科学大臣が、再び残念と話すなど、攻勢の程度を高めている。与党自民党が同日行った外交関連議員集会でも、『国際社会で通用しない判決』と言う非難の意見が出ている。

 25日、キム・クァニョン慶北(キョンブク)知事が独島(ドクト)に上陸した事についても、菅官房長官と瀧崎成樹外務省アジア大洋州局審議官が韓国に強く抗議した。

 菅長官は定例会見で、「非常に残念だ。到底受け入れる事は出来ない。韓国政府に直ちに抗議すると同時に再発防止を強く要求した」と話した。

 瀧崎審議官は、駐日韓国大使に電話し、このような内容に言及し抗議した。

 そんな中、文部科学省の中学・社会の教科書の『独島(ドクト)は日本の領土』と言う歪曲された歴史教育義務化方針は、日本政府に韓日関係正常化の意志があるのか?疑問を持たせる部分である。

『支持率守れ』・・・安倍、保守勢力結集用に『韓国叩き』利用

 日本の一連の韓国叩きは、安倍総理の今後の政局運営構想と密接な関係があると見られる。

 長嶺大使の一時帰国を断行した時期は、安倍総理にとって政治的峠だったからである。

 昨年末、ウラジミール・プーチン大統領と山口と東京で首脳会談を行い、北方領土返還問題を協議する計画だったが、これについて、一言も言及出来なかった。

 プーチン大統領は首脳会談前、北方領土のロシアの領有権を強く主張し、議論の対象で無いと明確にしたからである。

 その後、高空行進していた安倍総理の支持率に亀裂が生じる雰囲気が感知された。

 同月下旬、真珠湾を訪問し、真珠湾攻撃の犠牲者の追慕に乗り出すと、右翼勢力を中心に安倍総理の歩みに首をかしげる雰囲気が感知された。

 そんな状況で、釜山(プサン)の慰安婦像設置事案が発生すると、安倍総理は駐韓日本大使の召還など、予想外に超強気に対応した。自身の主な支持基盤の保守勢力結集を狙ったのである。

 偶然、京畿道(キョンギド)議会の一部議員の独島(ドクト)慰安婦像設置推進、キム・クァニョン慶北(キョンブク)知事の独島(ドクト)上陸、津島盗難仏像裁判の判決など、韓日の葛藤を誘発しかねない事が相次ぎ、日本にとっては攻撃素材が続いた事になる。

 実際、安倍総理の支持率は反騰した。毎日新聞の21~22日の世論調査で、安倍政権の支持率は1ヵ月前に前に比べ4%上がった55%と集計された。

 長嶺大使の帰任は長期化している。日本側としては、両国の対立が続く状況で、帰任の名分を見付ける事が困難になった面もある。

 しかし、安倍総理は19日、岸田文雄外相らとの会議で、「韓国の姿勢に変化が無ければ、日本が先に動く必要は無い」と言う意見を集約したとメディアが報じるなど、関係改善の意志を見付ける事が出来ない状況にある。

 このような強硬姿勢は、韓国の弾劾政局と重なり、次期大統領候補の大半が、2015年12月の韓日慰安婦合意の白紙化、再協議の方針を発表している事への牽制の意味もあると思われる。

 更に、韓国政府がリーダーシップ不在に陥り、日本の執拗な攻勢に、戦略的に対応出来ず、右往左往していると指摘される状況も、無関係では無いと思われる。

 問題は、日本の外交強攻と、韓国の混線が重なり、両国の接点を摸索する努力さえ見付けられない点である。

 3~4月、小・中学校の社会科新学習指導要領への独島(ドクト)の日本領有権主張内容の記載が決定すれば、韓日関係は再び荒波にのまれ、両国の対峙状況が長期化する可能性が高いと見られる。

 学習指導要領は、地図要領解説書や教科書検定基準の上位の概念の上、法的拘束力を持っている。それだけ波及力が大きいからである。

 今後、2~3ヶ月、文部科学省の新学習指導要領の制定過程で、韓国外交部、駐日韓国大使館など、外交当局がどれだけ力を発揮出来るのか?試験台に上がっった状況で注目されている。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=001&aid=0008992350

聯合ニュースの朝日新聞化が止まらない。
憶測と嘘で出来ていると言う意味で・・・。

困惑、当惑しているのは、政府じゃなく、メディアじゃね?
韓国の都合を考えず、ストレートに反論する安倍政権を何とか貶めたい意図がアリアリと見える。

>同月下旬、真珠湾を訪問し、真珠湾攻撃の犠牲者の追慕に乗り出すと、右翼勢力を
 中心に安倍総理の歩みに首をかしげる雰囲気が感知された。

 100%嘘。朝日か?(笑)

 日本経済新聞社とテレビ東京は28・29両日、安倍晋三首相とオバマ米大統領が米ハワイの真珠湾を訪問し慰霊したことを受け、緊急世論調査をした。安倍内閣の支持率は64%と11月下旬の前回調査から6ポイント上昇した。2013年10月以来、3年2カ月ぶりの高い水準となる。真珠湾訪問を「評価する」と答えた人は84%で、内閣支持率を押し上げる要因になった。


見える、見られる、感知された、思う、思われる?
確実な事は、何1つ書かれていない。こんな記事に何の意味が?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック