かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【韓国が気にする国境の壁とNAFTA】

【メキシコ外務・経済長官、ワシントン訪問・・・『メキシコファースト』】
2017.01.26 10:00 NEWSIS

 ドナルド・トランプ大統領が、国境の壁の建設、北米自由貿易協定(NAFTA)の再協議を宣言し、メキシコに事実上宣戦布告する中、メキシコのルイス・ビデガライ・カソ外相とイルデフォンソ・グアハルド経済相率いる訪問団が、25~26日ワシントンでトランプに会う。

 両国の官僚は、貿易、安保、移民問題などの懸案について意見を交わす予定である。

 メキシコの官僚のワシントンの訪問日程は、トランプ大統領の25日(現地時間)の国境の壁建設の行政命令署名前に決まっていた事である。CNN、ポリティコなどのメディアは、メキシコは訪問日程と壁の建設の発表日が重なった事について非常に当惑していると伝えている。 事実上、先制攻撃された状態になったからである。

 そんな中、メキシコの訪問団の関係者は、トランプの『アメリカ・ファースト(First)』に対抗し、『メキシコ・ファースト』路線を掲げると発表している。

 某高位外交官僚は、ワシントン訪問前のCNNのインタビューに、「我々は『メキシコ・ファースト』である。万一、彼ら(トランプ政府)が、我が国との関係の再考を望むのであれば、我が国も『YES』である。彼らが何を望んでいるのか、何をテーブルに持ち出して來るのかを見る。そして、それが我が国に得か調べる」と話した。

 CNNによると、メキシコの訪問団は、ラインスフリーバス統領秘書室長、ジャレッド・クシュナー上級顧問、マイケル・フリン国家安全保障補佐官、スティーブン・バノン首席戦略官に会う予定である。更に、トランプの経済チーム関係者、壁の建設の主務部署の国土安全保障長官のジョン・ケリーと会うと予想されている。

 CNNは、メキシコの交渉カードの1つは、中米不法移民がアメリカとの国境を越える前の本国送還と、アメリカ経済に占めるメキシコ市場の割合を根拠に両国の協力の必要性を強調すると予想している

 一方、グアハルド経済相はメキシコのTV局のインタビューに、「NAFTAは、会員国全てが勝利する戦略で、万一(トランプ政権との見直し交渉が)メキシコに利益がなければ、(メキシコ国民の)支持を得る事は不可能」と話した。つまり、トランプ政権との交渉が、メキシコに不利な場合、NAFTA脱退も辞さないと言う事である。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=003&aid=0007737331

日本のメディアは何故か触れないけど、国境の壁にトランプが拘る理由は麻薬。
メキシコを経由し、大量の麻薬が持ち込まれ、アメリカでは薬物中毒患者が急増している事に伴い、医療負担が爆発的に増加している。
それが、トランプが国境の壁を主張する最大の理由。

メキシコファースト?笑わせんな!!
麻薬カルテルを撲滅せずに、メキシコファーストなどあり得ない。
そういう事!!
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック