かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【アメリカの不法移民追放大作戦・・・韓国は人口増】

【トランプ政権『不法移民探索・追放『公式化』・・・『まず前科者』】
2017.01.24 05:42 聯合ニュース

オバマ'移民行政命令『廃棄・VISAシステム変更』
スパイサー『メキシコ国境の壁建設事業、議会と協議に着手』


 ドナルド・トランプ政権は、不法移民の探索・追放にを公式に発表した。

 ショーン・スパイサーホワイトハウス広報官は23日(現地時間)、初のメディアブリーフィングで、不法移民の取締まりと関連し、「我が国に危害を与えた前科がある者に焦点を絞っている』と発表した。

 更に、「VISAの期限満了後も滞留、犯罪歴がある者を排除する為、検討作業を行っている。体系的に対応する」と強調した。

 スパイサー広報官の発言は、バラク・オバマ大統領の不法滞在青少年追放猶予プログラム(DACA)の将来を問う質問に答える過程で出たものである。

 これに伴い、トランプ政権は、近くオバマ大統領の移民行政命令を廃棄し、大統領選挙当時公約だった不法移民の大規模な摘発に乗り出すと予想されている。

 特に、前科がある移民を探索・追放し、難民数を厳格に制限する一方、『アメリカ優先主義』により、就職VISAプログラムも新たに整備すると見られるとアメリカメディアは伝えている。

 トランプ政権の不法移民の探索・摘発予告で、アメリカの1,100万人の不法移民の人生に途方も無い影響が拡大すると見られている。

 前科のある移民者約80万人、軽犯罪の前科がある移民も追放の可能性が拡大し、帰国時『現存する明白な威嚇』から保護される難民数は大幅に減少すると見られている。

 同時に、74万人以上が厳格な身元照会、有効期限2年の就労許可書の更新が必要な状況に追い込まれる。

 国境警備も、遥かに強化されると見られている。国境警備は議会の同意を必要とせず、現行の大統領権限で強化出来るからである。

 VISAの発給システムも、厳格化されると見られている。トランプ大統領は、すでに共和党が掌握した議会と協議し、VISAシステムの改革を予告している。

 合法的な移民を徐々に縮小し、『ドリーム アクト(Dream Act)』を復活すると言う事である。ドリームアクトは、アメリカで育った不法滞在の学生が、2年制の大学卒業、軍の服務を終えれば永住権を与える内容である。

 一方、スパイサー広報官はブリーフィングで、「メキシコとの国境の壁の建設事業推進の為、すでに議会との協議に着手した。トランプ大統領は本人が出来る全ての事を実行する」と話した。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=001&aid=0008982301

韓国は一気に人口増。
英語しか話せない自国民が大量に帰国する事になる。
養子縁組と言う名で人身売買された子供達も帰国する事になる。

在米コリアンを利用し、トランプ政権に人脈を築く計画も失敗する。
大量の不法滞在者を送り込む韓国に激怒する事はあっても、友好的になる事は無い。
在米コリアン団体=日本の民団の組織員も、大量に追放される事になる。

そんな時に、外国人を受け入れるとか?日本政府は大丈夫なの?
VISAの復活、在日コリアンの強制送還、最低でも前科者や犯罪歴のある者の永住権取り上げくらいはすべきかと。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック