かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【外務省は解体すべき】

【感情に訴える独島(ドクト)少女像、敏感な領土問題に触れた】
2017.01.18 06:32 中央日報朝鮮語版

京畿道(キョンギド)議会、建設費用募金しよう
日本外相『独島(ドクト)は日本の領土』反発
慰安婦・独島(ドクト)問題だが編集され
爆発力の強い外交問題に急変

 対日関係に必要無い事をして問題が発生するケースがある。イ・ウォンドク国民大日本学研究所長によると、それほど韓国と日本の関係は敏感である。そんな両国関係に、鋭敏な外交葛藤事案が突出した。

 京畿道(キョンギド)議会の独島(ドクト)愛・国土愛会が独島(ドクト)少女像建設の為、16日道議会ロビーに募金箱を設置したのが発端である。<本紙1月17日付10面>独島(ドクト)問題と慰安婦問題は、別トラックの問題で、用心深く接近すべき2つの事案が、『独島(ドクト)少女像』で1つにまとまり、爆発力の強い外交問題に急変した。すぐに、日本の岸田文雄外相が17日記者会見を行い、独島(ドクト)少女像設立推進を『受け入れる事は出来ない』と反発した。同時に、岸田外相は、「竹島(独島(ドクト))は、国際法上も、歴史的にも日本固有の領土」と主張した。韓国の地方自治体が用意したイベントに日本の外相が乗り出し、領土問題を再び争点化した様相である。午後には、日本政府のスポークスマン菅義偉官房長官が、「関連報道後、すぐに韓国に抗議した」と発表した。

 外交部は、岸田外相の発言に、『明白な挑発』と対抗し、チョ・ジュンヒョクスポークスマンは、同日の定例ブリーフィングで、「日本政府が明白な我が国固有の領土独島(ドクト)へのつまらない主張を諦めるよう要求する」と批判した。チョン・ビョンウォン東北アジア局長は、同日午後、駐韓日本大使館の総括公使を呼び抗議した。しかし、チョスポークスマンは、独島(ドクト)少女像推進に関する質問に、「マスコミの報道を見て、関連動向を確認してみる」とだけ話した。

 そうでなくても釜山(プサン)少女像で対立している状況で、尖鋭な領土葛藤を更に増した事に困惑するような反応だった。

 関連事情に明るい外交消息筋は、「慰安婦と少女像問題は、両国の国民が最も感情的に鋭敏に受け止める過去の歴史事案で、独島(ドクト)は領土問題。外交的な出口の摸索は容易で無いかも知れない」と懸念した。

 領土葛藤を触発した京畿道(キョンギド)議会の議席分布は、共に民主党(72議席)、セヌリ(44)、無所属(8)、国民の党(3)の順である。民主党が過半数を占め、道議会を主導している。実際、独島(ドクト)少女像の推進は、独島(ドクト)愛・国土愛会の会長 民主党ミン・ギョンソン議員が、昨年12月13日京畿道(キョンギド)議会で初めて公論化した。

 これに関連し、大きくなるほど負担になる問題の領土問題に地方自治体の議員が十分考慮せず触れたと指摘されている。イ・ウォンドク所長は、「慰安婦問題に領土問題を加える事で得は無く、行為が招く結果を考慮する必要がある。韓日関係に隠されたコードは、韓米日三角共助で、北核の脅威などに対する共同対応に否定的影響を及ぼしかねない」と懸念した。パク・チョルヒ ソウル大国際大学院長も、「少女像の設置は、大韓民国の国民なら誰でも自由出来るが、設置場所については、深く考える必要がある。独島(ドクト)少女像は、ポピュリズム的に見える素地がある」と批判した。

韓米日共助への悪影響憂慮

 釜山(プサン)少女像の設置への日本の反発が、この問題で長期化する可能性があるとの分析も外交部内外から出ている。

 産経新聞は同日、「総理官邸は、少女像の撤去など動きがなければ長嶺安政駐韓日本大使は帰任させない意向」と報じた。安倍晋三総理は周辺に、「外務省は大使たちを早く韓国に帰したがっているが、早く帰す必要はない。国民も納得しないし、それはさせない」と話したと伝えている。独島(ドクト)少女像カードを日本が再び国内政治に利用する可能性もある。実際、韓国への報復措置以降、安倍内閣の支持率は上がっている事が分かった。民放TBS系列のJNNが16日伝えた世論調査の結果によると、支持率は先月より6%上昇し、67%を記録している。

 当初、京畿道(キョンギド)議会は上半期中に道議会前に少女像を設置し、下半期中に独島(ドクト)に設置する計画を用意した。2011年12月14日、ソウルの日本大使館前に初めて少女像が設置された事を考慮し、6周年の今年12月14日独島(ドクト)に少女像を設置するのが目標だった。

慶北道(キョンブクト)議会は『意味退色』否定的

 しかし、独島(ドクト)を管轄する慶北(キョンブク)道議会議員は、独島(ドクト)少女像推進に否定的立場を示している。鬱陵島(ウルルンド)(独島(ドクト)含む)が地方区のナム・ジンボク(58・独島(ドクト)守護特別委委員長)慶北道(キョンブクト)議員は、「独島(ドクト)は領有権守護次元で、少女像は慰安婦問題、なのに2つを混ぜると、それぞれの意味が退色する可能性がある」と指摘する。議論が大きくなると、ミン・ギョンソン議員は、「独島(ドクト)の平和の少女像建設計画は、釜山(プサン)少女像の撤去議論が発生する前に公論化した事で、場所の適切が問題になれば、十分対話し合理的な代案を探す事が出来るだろう」と話した。

 外交的影響を離れ、独島(ドクト)は天然記念物336号で保護されている。造形物の設置には、文化財庁の許可が必要である。文化財庁関係者は、「どれくらいの規模で、どこに設置するのか?申請があれば独島(ドクト)の価値を棄損しないか審査する」と話した。独島(ドクト)の造形物の申請は、毎年5件前後ある。しかし、文化財委員会の審査を通過するケースは少ない。最近の2年間、表示石1件が許可されただけである。
http://v.media.daum.net/v/20170118024709721

国際司法裁判所に提訴・・・それ以外に無い。
共に民主党は、調子に乗り過ぎて墓穴を掘るタイプかも?

「外務省の役人を見たら殺してやりたい」と思う国民が増えるかも?
お前ら、どの国の為に仕事してるんだ!!ってね。

私は、日本の外務省は解体し、外務省出身者を排除した外交専門部署を設けた方がいいと思っている。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック