かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【福祉施設と言う名の人間飼育場】

【性的暴行保育園と言う怪物・・・どのように育ったのか?】
2017.01.16 07:05 CBSノーカットニュース

20170115144634849440_99_20170116070504.jpg
 当局が、数年間続いた保育園内の性的暴行と暴行を全く把握出来ていない事が分かり、管理実態がまな板に上がっている。社会福祉法人が経営する保育施設は乳児から預かっているが、民間施設を理由に当局の管理監督から逃れているのが実情である。

 ソウル九老(クロ)区のA保育園で、最近の5年間、被害者が10人に達する性的暴行事件があった事が最近分かった。幼児~高校生までが院生のココで、先輩が後輩を持続的に性的暴行・暴行していた。院長のチョン某(63・拘束)容疑者とイ某(35・拘束)容疑者は、このような状況を隠蔽し、暴行に加担していた。被害者が加害者に変わる事もあるほど長い時間だった。

 事件の隠蔽を主導した院長らも問題だが、被害者の通報前までの数年間、状況を全く把握していなかった当局も批判を避ける事は出来ないと指摘されている。実際、この保育園の管理・監督の責任者であるソウル市と九老(クロ)区庁は12日、警察の捜査着手後、内容を把握した。

◇幼児期を過ごすにも拘わらず、民間団体だから『介入困難』

20170115144657864461_99_20170116070504.jpg
 社会福祉法人が経営する保育施設は事実上制度の外にあると言っても過言では無い。現行の社会福祉事業法によると、子供を直接的に管理する社会福祉士や保育師の採用は全面的に社会福祉法人にある。公益法人が経営する保育施設とは異なり、民間の領域として扱う為、報告手続きさえ無い。

 法人が任命する理事・院長などの施設長を管轄の市・郡・区庁に申請するだけである。教師や福祉師などの職員が、院生と対面しているが、最低限の管理・監督対象でも無い。

 当局が管理・管轄しているように見える役員・理事・院長も、事実上放置状態と同じである。行政当局は、不正行為を根拠に、これらに解任を命じる事が出来るが、解任命令は不正行為者の職位を剥奪するだけで、雇用関係を打ち切る訳では無い。その為、被害者と距離を置く事は勿論、犯罪行為を遮断するには限界がある。

 解任されても5年経てば役員や施設長に復帰出来る。更に児童虐待で処罰された場合でも、10年経てば復帰出来る。ソウル市の関係者は、「これらの施設は民間団体なので、市庁や区庁は介入出来ない。行政処分程度は可能だが、幹部や経営について、『あ~しろ、こ~しろと指示』する事は困難」と話した。

 更に、現行の制度さえ適切に運用されていない事も問題である。現行の児童福祉法56条は、保護児童への虐待などの違法行為が発生すれば、1次違反時6ヶ月の事業停止、2次違反時は閉鎖と決めている。しかし、該当施設に収容された院生に行き場が無いなどの理由で、1次違反の懲戒さえ行われていないのが現実である。

 2013年、ソウル西大門(ソデムン)区の松竹院が院生を暴行したが、事業停止で無く、2度の暴力教育だけだった事が代表例である。今回問題になったA保育園も、同じ理由で施設の事業停止は検討段階に留まっている。九老(クロ)区庁関係者は、「現在、保育園にいる児童50人の対応について、様々な検討が必要」と話した。

 ソウル九老(クロ)区庁少年相談福祉センター関係者は、「保育施設の管理監督に死角地帯が多い事は現実。制度的弱点と管理も問題だが、劣悪な勤務環境も児童施設内の不正行為が根絶されない理由の1つ」と話した。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=079&aid=0002918835

映画まで作って、あれほど大騒ぎして制定された『トガニ法』とは何だったのかしら?(笑)
韓国の法律の大半は、『法律を作って、ちゃんと取り締まってますよ』と、欧米向けに宣伝する事が目的で、トガニ法もその1つだったと?

ソウルオリンピック前、浮浪者の収容を目的に作られた福祉施設は、軍事政権の置き土産。
福祉施設の中には、1,000人以上の児童が収容されているケースもある。
それは、訳アリな妊娠・出産により、子供を捨てる親がいかに多いか?を示している。
売春大国 韓国の最も不都合な現実を集約する施設とも言える。

だから、凄惨な児童虐待事件が何度も発生し、犠牲者が増え続けているにも拘わらず、『民間』を言い訳に国や地方自治体が介入出来るシステムは構築されず、福祉施設の存在を見直す事もしない。

親に捨てられ、劣悪な環境の福祉施設に放り込まれ、家畜以下の扱いを受ける乳児が毎日誕生する。
少子高齢化、生産人口の減少を憂う前に、国の将来をしょって立つ子供を、家畜以下の扱いで飼育する福祉施設と言う名の飼育場を何とかすべき。

こんな国に、人権なんて言われたくね~!!
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック