かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【業績悪化で賃金カット】

【『非常ベルが鳴る』・・・現代自動車グループ、約35,000人危機克服に参加】
2017.01.13 17:35 韓国経済

現代自動車グループ、課長級以上8年ぶりに賃金凍結

世界の自動車販売減少
5年連続営業利益率急減

昨年の最悪の成績表に系列会社51社の幹部社員『未来技術に投資しよう』


 現代自動車グループは、昨年10月役員約1,000人の賃金の10%削減に続き、今年課長以上の幹部社員約35,000人の賃金を凍結する事にした。現代・起亜自動車の販売量が減少し、5年連続営業利益率が大幅に減少するなど、状況が容易で無いと考えているからである。今年、世界の自動車市場の見通しも良くない上、対内外的悪材料が多く、非常経営の強度を高めたと財界は見ている。

『追加努力切実』・・・非常経営拡大

 現代自動車、起亜自動車、現代モービス、現代製鉄など、系列会社は近く社内手続きを踏み、幹部社員の賃金を凍結する。成果給は経営状況によって決める。

 今回、賃金凍結に参加する課長以上の幹部社員は系列会社51社で約35,000人に達する。今年1月~年末まで凍結する方針である。課長、次長、部長などの幹部社員は、毎年年初に前年度の労使交渉の結果を考慮し、賃上げして来たが凍結される。

 現代自動車グループの幹部社員の賃金の凍結は、2009年以来8年ぶりである。当時、リーマンショック直後で、会社の事情が厳しくなると、労使が全ての社員の基本給の凍結に合意した。2006年も、幹部社員が自主的に基本給の凍結を決めた。

 現代自動車グループ関係者は、「昨年、役員の給与を10%削減するなど、事実上非常経営に突入したが、追加努力が切実と判断し、幹部が危機克服に参加する。それだけ経営環境や事業の見通しを深刻に見ていると言う事」と説明した。

2 (2)

販売急減直撃弾

 状況は容易で無い。昨年の販売実績は最悪だった。販売量は目標(813万台)を大幅に下回る788万台に終わった。世界景気悪化の影響と同時に、労組のストライキで約259,000台の被害を受けた事が大きく、2015年(801万5,665台)に比べ1.7%減少している。販売量が減少するのは、2000年のグループスタート以来16年ぶりの事である。

 収益性も悪化している。現代自動車の営業利益率は、2011年の10.3%→2012年10.0%、2013年9.5%、2014年8.5%、2015年6.9%に続き、昨年(1~第3四半期) 6.0%に低下し、5年連続低下している。起亜も同じである。

 問題は、今年の事業見通しも暗い点である。現代・起亜自動車は、今年の販売目標を825万台と提示したが、厳しい1年を送るとの予想が優勢である。韓国自動車産業協会(KAMA)は、今年、国内販売が昨年に比べ2.8%減の175万台前後に留まると予想し、現代自動車グループのグローバル経営研究所は、今年の世界の自動車販売は1.9%増の9,068万台に留まると予想している。

 現代自動車グループ関係者は、「事業見通しが良くない事も問題だが、トランプ政権の自国優先主義、中国の反韓政策が露骨化し、国内は特検・弾劾政局が長期化すると予想されるなど、対内外の変数が複雑になっている事も大きな負担。厳しい状況を克服する為、役員と幹部社員の給与を凍結し、未来の技術に投資する必要があるとの意見が提起され、それを反映した」と話した。
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2017011321491&nv=3

ダンピング販売で台数を稼いだ結果の業績悪化。
値引きしても売れなくなっていると言う事だね?

海外生産分が50%を超えている訳だし、国内の販売量も2桁減だから労組のストの影響なんて誤差の範囲だと思う。
最もらしく聞こえる言い訳として利用してるだけで。(笑)

現代自動車帝国の王は、自身のモニュメントとしてのピラミッド(新社屋)の建設に執着している。
76歳の王、鄭夢九(チョン・モング)が生きている内に、ピラミッド(新社屋)は完成するのか?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック