かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【どうなる?支持率】

【中国の国民、TVで韓国のアイドル見ると逆の感情・・・だから制裁】
2017.01.05 13:36 中央日報朝鮮語版

 王毅中国外交部長と孔鉉佑部長補佐(次官補級)は共に民主党議員団に、THAAD体系の韓半島配備に反対するとし、中国人は傷付いていると話した。限韓令(韓流制限政策)は、国民感情に配慮した措置だと説明したと訪中団関係者は伝えた。

 孔鉉佑部長補佐は、「韓国の国民感情と同じように中国人にも感情がある。韓中国交正常化25周年を控え、中国が(韓国の)安保を阻害した事が無いにも拘わらず、なぜ(韓国は)中国の安保を阻害するのか?と言う中国の国民感情も理解して貰いたい」と話した。彼は、限韓令との指摘に、「(中国人の)感情が良く無い。声が大きな少数意見を無視する事は出来ない。国民による制裁である」と話した。中国の韓流プログラムの制限は、THAAD配備による措置と言う事である。中国人観光客の制限令についても、「丁度、低価格旅行問題を整理する過程で導き出された問題だと思う」と説明した。更に、「国民はTHAADを深刻に考えているにも関わらず、TVが韓国ドラマや韓国アイドル一色であれば、逆の感情が生じる可能性があり、自制する事で国民感情に配慮した措置」と話した。

韓流制限、THAADの報復と認めた

『中国にアメリカに代わる能力は無い。韓米同盟が上手く行くよう望んでいる』

北朝鮮の6回目の核実験の可能性については、
『対北朝鮮制裁は、中国が最も上手い』


 北朝鮮の6回目の核実験の可能性を吐露すると王部長は、国連の対北朝鮮制裁に期待感を示した。王部長は、「中国がアメリカ・国際社会と共に採択した安保理決議2270号と2321号がきちんと守られれば、北朝鮮も非核化を考え直すのでは無いか?中国は、この決議をきちんと履行している。中国が最も上手く履行している」と強調した。

 王部長は、「THAAD配備をやめる事が望ましいが、当局者が加速するのであれば中国を刺激する事になり、賢明でも、好ましくも無い。相互利益の為、解決策を見付けて行くので加速せず共同で努力しよう」と話した。ク・ソンウォン元大統領府外交戦略秘書官は、「王部長はTHAADに絶対反対とは言わなかった。THAADの解決策以上の話はせず、韓国政府に自身の立場を伝える事を希望した」と伝えた。訪中団関係者は、「我が党が(THAADを)どう処理するのかとか、大統領候補が、どんな立場なのかと言う問題は、一切話さなかった」と強調した。彼は、「(中国が)韓国を重視する戦略を取る必要があるとの言及に、THAAD加速と言う発言は控え、(配備)スピードを遅らせ、より良い方法を見付けようと応対した」と説明した。

 孔部長補佐は、「国際情勢が更に複雑で変数が多くなる状況で、THAAD問題で韓中関係が悪化する事は願わない。中国は、韓国との関係を発展促進させているのに、韓国はなぜ中国がしてもいない事の責任を取れと言うのか分からない」と、不満を提起した。彼は晩餐会場で、「韓中、韓米関係を、相互排斥とは思わない。韓中関係を発展させ、韓米関係を悪化させようと考えた事は全く無い。中国は、アメリカに代わるつもりも、能力も無い。韓米同盟が上手く行くよう望んでいる」と話した。

 同日の会談では、開城(ケソン)工業団地の再開問題も議論された。ある議員は、「今後、北核問題が進展し、開城(ケソン)工業団地が再開出来る状況になれば、中国企業も参加し、開城(ケソン)工業団地を平和的な協力モデルにしようと提案した。世界で最も緊張が高まる地域から生産的な地域に変えようと言う趣旨」と話した。

 パク議員は、昨年8月の訪中時と、中国の立場が微妙に違ったと話す。「(8月は)限韓令などの制裁について、中国は否定一辺倒だったが、今回は国民感情の為にと、ある程度認めるニュアンスだった。THAAD配備の深刻性に言及しつつも、8月より緊迫感を示す一方で、期待感も示した」と話した。
http://news.joins.com/article/21081412?cloc=joongang|home|newslist2


【『第2の1・4後退』、『朝貢外交』民主議員の訪中にネチズン激怒】
2017.01.05 14:57 朝鮮日報朝鮮語版

 「(66年前)中国共産党軍の介入でソウルを奪われた日に中国へ行き、THAADを協議すると言う狂った事をしている」

 民主党議員7人が4日訪中し、北京で王外交部長に会った事を巡り世論が沸騰している。中国共産党の攻勢で連合軍が押し出されソウルを奪われた1951年『1・4後退』を比喩し『第2の1・4後退』と言うネチズンもいる。

 ネチズンのク某氏は5日朝鮮ドットコムに残したコメントで、「昨日は1・4後退で中国共産党軍が訓練もされず飢えてボロを着た韓国軍だけを選んで集中攻撃し、青春真っ盛りの青年が死んで行った日。(ろうそくデモおかげで)共に民主党は、腕章を付けて意気揚揚としている」と批判した。

 今回の訪問を中国への『事大外交』、『朝貢外交』とする批判もある。イ某氏は、「中国にペコペコすれば、中国が統一してくれるのか?君達のしている事が我が民族にどれほど大きな羞恥心感じさせるか知っているのか?」と批判した。

 ネチズンは、民主党議員が中国に『経済報復するな』と頼んだ事についても、「安保問題に金で接近している」と批判する。アン某氏は、「中国は、6・25戦争(朝鮮戦争)の時、北朝鮮を支援して韓国の北進吸収統一を阻止し、国交正常化の時に一言も謝罪しなかった。経済的に両国は近づいたが、安保問題だけは、いかなる譲歩もしないのが国家間の関係」としている。

 中国はこれまで、THAADに関連しキム・ジャンス駐中大使など、政府の公式ラインとの接触を避けて来たが、民主党議員の訪中には、長官級の高位関係者が会談と晩餐で歓待した。

 これに対し、「中国の離反戦略に野党が調子を合わせた」との批判もある。ネチズンのチェ某氏は、「私達の間で、どんなに意見が違っても、外交と国防に於いてだけは同じ声をあげる必要がある。これらの議員は、本当に大韓民国の国民ですか?」と尋ねた。

 あるネチズンは、「中国に行った民主党の国会議員は、旧韓末既得権と権力を維持する為に国を売り飛ばした乙巳五賊と何が違うのか?執権する為には、手段も方法も選ばない」と批判した。

 市民団体も、野党議員の訪中を批判している。ユ・ドンヨル自由民主研究院長は、「昔、学生運動の際、『自立』を叫んだ野党議員が、すでに中国へ行き、植民地になる事を要望し、事大・売国外交をした形」と指摘した。
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/01/05/2017010501727.html

共に民主党の支持基盤が盤石で、ムン・ジェインの支持率が高い訳では無い。
何度か墓穴を掘れば、パン・君と支持率逆転の可能性は十分ある。

誰が大統領になろうが反日は変わらないけど・・・。
ちょっといい気になり過ぎたってとこかしら?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック