かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【思い通りには行かない】

【公正委『特許の怪物』クアルコムに1兆罰金
・・・スマートフォンの価格への影響は?】

2016.12.28 16:05 イートゥデイ

 国内企業から受け取る特許使用料が年1兆5,000億ウォンを越える『特許怪物』クアルコムが、1兆ウォン台の罰金を受け、携帯電話端末市場に影響するのかに関心が集まっている。大半のスマートフォンが、クアルコムに特許使用料を支払ている為、今後端末の価格が下がると見られている。

 28日、関連業界によると、クアルコムはこれまで、携帯電話製造企業から端末価格の約5%の特許使用料を受け取っていた。クアルコムは携帯電話の核心通信部品チップセット(chipset)の特許権を保有しているが、チップセットの価格で無く、端末の価格を基準に特許使用料を算出していた事が分かった。使用料を定額で無く、割合で決めると、高価なスマートフォンほど使用料が高い。

 国内メーカーがクアルコムに支払う特許使用料は、年1兆5,000億ウォンに達すると伝えられている。

 メーカーがコスト削減の為、クアルコムの特許を使用する他のチップセットメーカーから製品を仕入れる事も出来ない状況だった。クアルコムが指定したチップセットメーカーだけに販売を許可していたからである。

 通常、スマートフォンのチップセットは、携帯電話価格の10%水準だが、プレミアムスマートフォンのチップセットは100ドル以上で製造原価の約20%を占める。

 業界は、公正委の今回の措置で、携帯電話メーカーの特許使用料負担が大幅に減少すると予想している。

 公正委は、1兆300億ウォンの罰金と同時に、クアルコムに「正当な算出手順を踏まず、一方的に決めた条件を強制するなど、不当な契約を強要した」として是正を命じた。製造企業がクアルコムの特許の価値を適切に評価出来るよう、不当な契約条件の強要を禁止し、クアルコムがチップセットメーカーの販売活動を制限出来ないようにした。

 命令通り施行されれば、クアルコムが一方的に決めた比率制特許料契約の変更が可能となり、インテルなど競合他社のチップセットメーカーの製品を使用した場合、クアルコムに使用料を支払う必要がなくなる。

 しかし、クアルコムは、公正委決定に法的に対応すると発表し、実質的な影響は無いと見られている。公正委の決定は、公式議決書が無ければ効力を発揮出来ず、通常議決書が出来るまで4~6ヶ月かかる。

 クアルコムは、議決書を受領後、是正命令執行停止を申請し、ソウル最高裁判所に処分の取り消しを要求する訴訟を提起する方針である。

 国内業界は、公正委の決定を歓迎する雰囲気だが、端末の値下げに繋がるのかは予断出来ないとの雰囲気である。

 業界関係者は、「新製品の特許権契約に適用される可能性は高いが、新製品には様々な技術が複合的に入る為、チップセットの特許権使用料の価格への影響力を言う事は容易で無い。クアルコムが、不服訴訟を提起し、短期的には携帯電話の値下げは困難と予想している」と話した。
http://www.etoday.co.kr/news/section/newsview.php?idxno=1433759

韓国の公正取引委員会の調査は、公平・公正とは言えないし、チップセットの特許使用料が下がったところで、クアルコムのチップセットを製造するサムスン電子の利益率が改善する程度で、端末価格は下がらない気がする。

韓国の思い通りになる事は、そうそうないのよね?
米韓FTAは不平等条約だから。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック