かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【挺隊協必死の抵抗】

[慰安婦合意1年]
慰安婦反発無視する韓国・日本政府・・・和解・治癒は無かった
2016.12.27 23:31 京郷新聞

『日本政府提訴』

 「日本の安倍(総理)が記者を集め、全て我が国がやった過ちなので許して下さい。そう言って賠償するまで我々は戦う。私は91才です。更に、数年生きられますか?死ぬ瞬間まで、この合意は無効だと戦います」

 韓国・日本政府の慰安婦合意妥結1周年の前日の27日、国会正論館で行われた記者会見に、車椅子で登場し、マイクを持ったキム・ボクトン ハルモニ(91)の叫びと、『パク・クネ外交惨事、韓国・日本の合意全面無効』の看板は、慰安婦合意1年の現住所である。「歴代のどの政府も解決出来なかった慰安婦問題を電撃的に解決した」と言う政府の自評とは異なり、合意後の1年は、議論と葛藤の連続だった。

 表面上、日本軍慰安婦問題は、合意により『最終的、不可逆的』に解決された。日本政府は軍の関与と日本政府の責任を認め、被害者の為に韓国政府が設立する財団に10億円の予算を出資した。韓国政府も、合意の後続措置を着々進めた。5月、慰安婦被害者支援財団準備委員会を設置し、7月『和解・治癒財団』が設立された。財団によると、生存者46人の内34人は『治癒金』1億ウォンを受領する意思を発表し、23日現在31人に支給を終えた。

 しかし、最も重要な事が抜けている。被害者が粘り強く要求して来た点は抜け、政府間合意だけが時刻表通り進んでいる。

 慰安婦問題の発覚後の26年間、被害者と市民社会が主張して来た日本政府の法的責任認定・謝罪要求は、合意後遮断され、日本は、この1年間、慰安婦問題はすでに終わったと言う立場を守っている。法的責任は勿論、総理の謝罪手紙の要求についても、安倍晋三総理は「毛頭考えていない」と言い、反発を呼び起こした。

 安倍総理が9月の10億円の拠出直後の韓日首脳会談で、パク・クネ大統領に駐韓日本大使館前の少女像の撤去を要求したと言う日本の報道が続いている。

 韓国政府も慰安婦問題を、すでに解決されたものとしている。外交部は、「道義的責任だけを認めて来た日本政府が、軍の関与と言う歴史的事実を認め、政府の責任を表明し、内閣総理大臣名義の公式謝罪を発表した」と合意を評価した。

 女性家族部は、慰安婦白書計画を事実上白紙化するなど、記念事業を大幅に縮小し、和解・治癒財団は、「被害者ハルモニは、慰安婦問題が生前に解決されて幸いで、財団の事業が早く施行される事を希望すると話した」と言う報道資料を公表している。

 韓国挺身隊問題対策協議会は、「治癒金の受け取りの有無とは無関係に、慰安婦被害者と遺族は正しい問題解決を要求し、賠償受ける権利がある」と反論する。

 合意締結当時46人だった生存者は、1年で39人に減少し、被害者と関連団体は、合意1年目の28日、日本大使館前で、今年亡くなった7人のハルモニを追慕する水曜デモを行う。同日、慰安婦被害者11人と、すでに死去した6人の遺族は、日本の法的責任を問う為、日本政府を提訴する計画である。

慰安婦に寄生し、複数の不動産を購入し、外車を乗り回し、ファーストクラスで海外旅行に出かけるなど、贅沢三昧の生活を送る挺隊協の役員は、慰安婦の為で無く、自分たちの生活を守る事に必死。
慰安婦像の製作者も、立派な一軒家を購入した為、安定した収入源の慰安婦像を手放す事は出来ない。(笑)

一方、ロウソクデモに巨大な慰安婦像が登場した事で、まともな庶民は『おかしい』と気づき始めている。
だから、自ら叫ばないと誰にも相手にされなくなって来ている。

上村も、『ねつ造記者』じゃないと言うだけで金になる。
ホント、浅ましい。味方のフリして、とことん慰安婦を利用するんだから・・・。

39人の生存者の内、中国から連れて来た役者が3人。
39人の内31人が金を受け取るって事は、ナヌムの家の慰安婦8人以外は全員金を受け取ると言う事。
受け取りを表明した生存者が34人と言う話もある。
34人だとすれば、ナヌムの家の慰安婦の中にも、金を受け取る慰安婦がいると言う事になる。

利用価値が無くなれば、金を出す財閥は無くなる。
これまで、最大の出資者だったサムスンは、チェ・スンシル事件に巻き込まれ、ヤバイところに金出してる場合じゃないしね?
いずれにしても、挺隊協はオワコン化。
オワコンの挺隊協の必死の抵抗は続く。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック